ダカールラリー:トヨタのアルアティヤ、勝利に向けさらに前進。ローブがSS最速

シェア
コメント
ダカールラリー:トヨタのアルアティヤ、勝利に向けさらに前進。ローブがSS最速
執筆:
2019/01/16 5:39

ダカールラリーの競技8日目、PHスポーツのセバスチャン・ローブが最速タイムを記録。トヨタのナセール・アルアティヤがリードを広げた。

 ダカールラリーの競技8日目はサン・フアン・デ・マルコナからピスコに向かう計測区間361km(合計576km)の道のりを、PHスポーツのセバスチャン・ローブが最速で駆け抜けた。しかし総合順位では、トヨタのナセール・アルアティヤが46分以上のリードを築いている。

 ローブはステージ序盤にパンクを喫し、ステージ折り返しのウェイポイントでトップのアルアティヤから3分遅れに。それでも後半をハイペースでクリアし、3時間54分53秒でステージを走破した。4時間を切ったのはローブのみである。

 ステージ2番手はアルアティヤ。ローブとは7分27秒差をつけられたものの、総合2番手にいたX-raid miniのステファン・ペテランセルがトラブルに見舞われたこともあり、アルアティヤのリードは46分29秒まで広がっている。

 ペテランセルは、”フェシュフェシュ”と呼ばれるパウダー状の砂に悪戦苦闘。砂丘地帯で2度スタックしてしまい、アルアティヤに対して約24分のタイムロスを喫し、総合4番手まで後退した。

 その結果、X-raid miniのナニ・ローマが総合2番手に。ローブはローマと16秒差の総合3番手だ。

 2輪部門では、首位に立っていたホンダのリッキー・ブラベックにエンジントラブルが発生。無念の戦線離脱を余儀なくされた。

 これで首位に立ったのはトビー・プライス(KTM)。2番手のパブロ・クインタニア(ハスクバーナ)とは1分3秒差と僅差だ。2016年にダカールを制したプライスは、昨年12月中旬のトレーニング中に右手の舟状骨を骨折し、手術をしたばかり。手首が”燃えるように痛い”状態で走行を続けている。

 ダカールラリーもいよいよ残り2ステージ。最終日の10日目はピスコからペルーの首都リマに向かう計測112kmと短いため、ピスコ周辺を走行する計測313kmの競技9日目が正念場となるだろう。

Standings after Stage 8 (Cars class, Top 8):

Pos. Crew Car Time/Gap
1 Qatar Nasser Al-Attiyah
France Mathieu Baumel
Toyota 29h15m50s
2 Spain Nani Roma
Spain Alex Haro
Mini 4x4 46m29s
3 France Sebastien Loeb
Monaco Daniel Elena
Peugeot 46m45s
4

France Stephane Peterhansel

France David Castera

Mini Buggy 53m30s
5 France Cyril Despres
France Jean-Paul Cottret
Mini Buggy 2h15m27s
6

Poland Kuba Przygonski

Belgium Tom Colsoul

Mini 4x4 2h19m50s
7

Czech Republic Martin Prokop

Czech Republic Jan Tomanek

Ford 2h56m07s
8 Saudi Arabia Yazeed Al-Rajhi
Germany Timo Gottschalk
Mini 4x4 3h54m57s
次の記事
ダカール:ローブ、トラブルで30分以上ロス。トヨタのアルアティヤはパンクも首位守る

前の記事

ダカール:ローブ、トラブルで30分以上ロス。トヨタのアルアティヤはパンクも首位守る

次の記事

ステージ9を終え、競技はあと1日。トヨタ&アル-アティヤ、リードを広げる

ステージ9を終え、競技はあと1日。トヨタ&アル-アティヤ、リードを広げる
Load comments

この記事について

シリーズ Dakar
イベント ダカールラリー
ドライバー Nasser Al-Attiyah , Stéphane Peterhansel , セバスチャン ローブ
執筆者 Jamie Klein