ダカールラリー3日目:トヨタのアル-アティヤが2日連続トップ。総合首位ペテランセルに迫る

2021年のダカールラリー3日目、トヨタのナッサー・アル-アティヤがトップタイムをマークし、総合2番手に浮上した。

ダカールラリー3日目:トヨタのアル-アティヤが2日連続トップ。総合首位ペテランセルに迫る

 サウジアラビアで開催されている2021年のダカールラリーは、3日目のステージはTOYOTA GAZOO Racingのナッサー・アル-アティヤがトップで終え、総合首位のステファン・ペテランセル(X-raid Mini)まで5分差に迫った。

 これまで3度ダカールを制しているアル-アティヤは、オープニングステージでは約12分差の総合10番手と出遅れたものの、ステージ2をトップで駆け抜け、約3分ほど首位とのギャップを縮めた。

 ステージ3はワディ・アダワシル周辺を走る406kmのループステージで争われた。ステージ序盤はTOYOTA GAZOO Racingのヘンク・ラテガン、オーバードライブ・トヨタのヤジード・アル・ラジ、X-raid Miniのカルロス・サインツがトップに立つ場面があったものの、第4ウェイポイントでアル-アティヤが首位に躍り出ると、残りの各ウェイポイントでもトップを譲らなかった。

 アル-アティヤは最終的にラテガンを2分27秒引き離し、2日連続のステージ首位を獲得した。一方、ペテランセルは序盤にパンクを喫し、アル-アティヤから4分遅れのステージ3位。総合首位こそ保ったものの、アル-アティヤに対するリードは5分9秒まで削られた。

 総合2番手でステージ3を迎えたサインツは、最終的にステージ21位と大ブレーキ。ナビゲーションのミスで31分近く遅れ、総合4番手に後退した。

 9度のWRC王者であり、5度目のダカールラリー挑戦となるセバスチャン・ローブ(BRX)は、ステージ6位でフィニッシュ。ステージ1では総合18番手に沈んだが、総合6番手までリカバリーしている。

 なおオーバードライブ・トヨタのベルンハルト・テン・ブリンケは、最後のウェイポイントを通過して10kmの地点で横転。マシンに深刻なダメージを負ってしまった。テン・ブリンケとコドライバーのトム・コルスールは共に怪我なくマシンから脱出。アシスタントチームに救出された。

 テン・ブリンケは自身のSNSに『大きなクラッシュをしてしまった。時速160kmで4回転した』と投稿している。

 

Read Also:

Standings after Stage 3 (Top 10 only):

Pos

Driver

Car

Time/Gap

1

Stephane Peterhansel

Mini

10hr39m02s

2

Nasser Al-Attiyah

Toyota

5m09s

3

Mathieu Serradori

Century

26m21s

4

Carlos Sainz

Mini

33m34s

5

Jakub Przygonski 

Toyota

44m22s

6

Sebastien Loeb

BRX

45m49s

7

Henk Lategan

Toyota

47m25s

8

Yasir Seaidan

Century

51m50s

9

Khalid Al Qassimi

Peugeot

52m08s

10

Martin Prokop

Ford

56m30s

シェア
コメント

関連動画

ダカールラリー2日目:トヨタのアル-アティヤがトップで総合3番手に浮上

前の記事

ダカールラリー2日目:トヨタのアル-アティヤがトップで総合3番手に浮上

次の記事

ダカールラリー4日目:トヨタのアル-アティヤ、ステージ3連覇。総合首位との差縮める

ダカールラリー4日目:トヨタのアル-アティヤ、ステージ3連覇。総合首位との差縮める
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Dakar
イベント Dakar
執筆者 Rachit Thukral