トップイベント

ダカールラリー8日目:アル−アティヤ、ステージ優勝。総合首位ペテランセルとの差を縮める

シェア
コメント
ダカールラリー8日目:アル−アティヤ、ステージ優勝。総合首位ペテランセルとの差を縮める
執筆:

2021年ダカールラリーのステージ8が行なわれ、トヨタのナッサー・アル−アティヤがステージ優勝。総合首位を走るステファン・ペテランセルとのギャップを縮めることに成功した。

 中東のサウジアラビアで行なわれている2021年のダカールラリー。そのステージ8が行なわれ、トヨタのナッサー・アル−アティヤがステージ優勝を果たした。

Related videos:

 サカカ〜ネオムの375kmで争われた8日目だが、前ステージから引き続きマラソンステージの設定。このステージでは序盤からアル−アティヤが速さを見せた。

 アル−アティヤは最初のウェイポイントにおいて、カルロス・サインツ(X-raid Mini)やステージ7ウィナーのヤジード・アル・ラジ(オーバードライブ・トヨタ)からリードを奪って先行。総合首位のステファン・ペテランセル(X-raid Mini)はそこから遅れた。

 ただペテランセルは第4ウェイポイントまでにその差を挽回。アル−アティヤからトップを奪い返した。

 しかしその後、ペテランセルはアル−アティヤをつき離すまでには至らず、彼らは20秒程の差を維持したが、チェックポイントをふたつ通過した後、アル−アティヤがペテランセルから再び首位を奪った。

 先頭に戻ったアル−アティヤはその後着実にリードを拡大。最終的にはステージ2位となったサインツに対し約1分のリードを持ってフィニッシュし、ステージを3位で終えたペテランセルとのギャップを3分以上縮める結果となった。 

 WRCのレジェンド、セバスチャン・ローブ(BRX)はトラブル続発の不運に見舞われた。彼は序盤40kmの間にパンクに見舞われ、スペアタイヤが不足。結果として彼はリタイアとなった。

 彼は自身のSNSに「チームにとっても残念に思っている。だけど来年強くなって戻ってくるためにも、今回のことから学ぶべきことが沢山ある」とコメントしている。

 2日間のマラソンステージがこれで終了したが、総合優勝争いでは依然としてペテランセルが首位。2番手につけるアル−アティヤとのギャップは4分50秒で、3番手のサインツは38分55秒差となっている。

 

Read Also:

【訃報】ダカール・ラリーで二輪&四輪両方で優勝……伝説的ドライバーのオリオール亡くなる

前の記事

【訃報】ダカール・ラリーで二輪&四輪両方で優勝……伝説的ドライバーのオリオール亡くなる

次の記事

ローブ、5度目のダカール挑戦は苦難の連続。最後は無念のリタイア「強くなって戻ってくる」

ローブ、5度目のダカール挑戦は苦難の連続。最後は無念のリタイア「強くなって戻ってくる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Dakar
イベント Dakar
ドライバー Nasser Al-Attiyah
執筆者 Rachit Thukral