ダカール・ラリー6日目:トヨタの新鋭ラテガン首位。二輪部門ではMotoGPから転向のペトルッチ最速

トヨタのヘンク・ラテガンが、セバスチャン・ローブを抑えてダカール・ラリーのステージ5で優勝。総合首位を走るナッサー・アル-アティアは8番手と苦戦した。二輪部門では元MotoGPライダーのダニーロ・ペトルッチがステージ優勝を手にした。

ダカール・ラリー6日目:トヨタの新鋭ラテガン首位。二輪部門ではMotoGPから転向のペトルッチ最速

 トヨタのヘンク・ラテガンがステージ4に続きステージ5でも速さを見せ、プロドライブ(バーレーン・レイド・エクストリーム)のセバスチャン・ローブを抑えてステージ優勝を果たした。また昨年までMotoGPを走り、今年のダカール・ラリーに初挑戦しているダニーロ・ペトルッチ(TECH 3 KTM FACTORY RACING)も、初のステージ優勝を手にした。

Read Also:

 ラテガンは1月5日(水)のステージ4で速さを見せ、チームメイトのナッサー・アル-アティヤと首位を争い、前半をトップで折り返した。しかしスタート地点から310kmという地点で、右後輪にトラブルが発生しストップ。大きく後退することになっていた。

 そのラテガンが、ステージ5で再び速さを見せ、序盤からリードを築いた。159kmの時点ではステファン・ペテランセル(アウディ)に一時先行されるも、どのペテランセルがカルロス・サインツ車に交換用のショックアブソーバーを渡すために予定外のストップを行なったため、ラテガンが首位に返り咲き。その後は独走状態となり、ローブに2分弱の差をつけてフィニッシュした。ラテガンは今年が2回目のダカール・ラリー挑戦である。

 ローブは一時17番手を走るなど厳しい戦いを強いられたが、ステージ後半に向けてペースを一気に上げ、最終的には2番手となった。

 総合首位に立っていたトヨタのナッサー・アル-アティヤは、この日の順位は8番手。今年のダカール・ラリーで、ここまで最低の結果となった。ただラテガンからの遅れはわずか5分程度。総合順位では2番手ローブに35分10秒の差をつけ、首位を堅持している。

 アウディ勢は、サインツがサスペンションの問題で201km地点でストップ。チームメイトであるペテランセルの助けを得なければならなかった。この結果、アウディ勢トップは、総合16番手のマティアス・エクストロームとなった。

 二輪部門では、トビー・プライス(RED BULL KTM FACTORY RACING)が最速でフィニッシュした。しかしプライスにはスピード違反で6分加算のペナルティが科されて後退。2番手でフィニッシュしていたペトルッチが、ダカール・ラリーで初のステージ優勝を手にした。プライスはペナルティにより6番手に後退した。

 総合首位はサム・サンダーランド(GASGAS FACTORY RACING)がキープ。マティアス・ウォークナー(RED BULL KTM FACTORY RACING)が2分29秒差で2番手に続いている。

 
Read Also:

2022年ダカール・ラリー総合順位:ステージ5終了時

Pos. #. Name Car Time Gap Penalty
1 201 Nasser Al-Attiyah TOYOTA 17:24:23   00:00:00
2 211 Sebastien Loeb PRODRIVE 17:59:33 +00:35:10 00:00:00
3 222 Lucio Alvarez TOYOTA 18:15:38 +00:51:15 00:00:00
4 205 Yazeed Al Rajhi TOYOTA 18:30:46 +01:06:23 00:02:00
5 208 Vladimir Vasilyev BMW 18:32:15 +01:07:52 00:00:00
6 203 Jakub Przygosnki MINI 18:34:47 +01:10:24 00:00:00
7 223 Sebastian Halpern MINI 18:46:24 +01:22:01 00:00:00
8 221 Orlando Terranova PRODRIVE 18:49:39 +01:25:16 00:07:00
9 209 Martin Prokop FORD 18:55:24 +01:31:01 00:07:00
10 212 Mathieu Serradori CENTURY 19:32:12 +02:07:49 00:15:00

2022年ダカール・ラリー総合順位:ステージ5終了時(2輪)

Pos. # Name Bike Time Gap Penalty
1 3 Sam Sunderland KTM 19:01:50   00:00:00
2 52 Matthias Walkner KTM 19:04:19 +00:02:29 00:00:00
3 42 Adrien van Beveren YAMAHA 19:07:49 +00:05:59 00:00:00
4 4 Daniel Sanders KTM 19:09:51 +00:08:01 00:00:00
5 15 Lorenzo Santalino SHERCO FACTORY 19:17:17 +00:15:27 00:00:00
6 7 Pablo Quintanilla HONDA 19:18:45 +00:16:55 00:00:00
7 16 Ross Branch YAMAHA 19:20:05 +00:18:15 00:00:00
8 1 Kevin Benavides KTM 19:23:41 +00:21:51 00:00:00
9 142 Stefan Svitko KTM 19:24:40 +00:22:50 00:00:00
10 88 Joan Barreda HONDA 19:24:48 +00:22:58 00:01:00

シェア
コメント
ド・ヴィリエール、2度目の事故後“立ち去り”で5時間ペナルティの裁定。相手方には謝罪、バイクの弁償を約束
前の記事

ド・ヴィリエール、2度目の事故後“立ち去り”で5時間ペナルティの裁定。相手方には謝罪、バイクの弁償を約束

次の記事

ペトルッチ、ダカール・ラリーで初ステージ優勝に感無量「本当に嬉しい。言葉もない」

ペトルッチ、ダカール・ラリーで初ステージ優勝に感無量「本当に嬉しい。言葉もない」
コメントを読み込む