ダカール・ラリー7日目:テラノヴァがステージ優勝。アル-アティヤ失速もリードは拡大

ダカール・ラリーのステージ6が行なわれ、BAHRAIN RAID XTREMEのオーランド・テラノヴァが最速をマーク。一方で、総合トップのナッサー・アル-アティヤはライバルとの差を広げることに成功した。

ダカール・ラリー7日目:テラノヴァがステージ優勝。アル-アティヤ失速もリードは拡大

 2022年のダカール・ラリー、ステージ6はサウジアラビア首都のリヤド近郊で、348kmのスペシャルステージが行なわれた。このステージで最速をマークしたのは、BAHRAIN RAID XTREMEのオーランド・テラノヴァだった。

 このステージでは、アウディのカルロス・サインツやトヨタのナッサー・アル-アティヤ、ヤジード・アルラジ(OVERDRIVE TOYOTA)らが、先頭を競い合っていた。

 しかし最終的に先頭に立ったのはテラノヴァ。ダカール・ラリーでは2015年以来のステージ優勝だ。

 テラノヴァは221km地点の第6ウェイポイント以降、30秒ほどの差でアル-アティヤを追っていた。そしてそのアル-アティヤが後半でペースを落とした結果、テラノヴァが先行。トップでステージ6を駆け抜けた。

 結果的に、アル-アティヤは10番手でフィニッシュ。しかし総合首位を走るアル-アティヤの失速にもかかわらず、ライバルとの差は拡大している。

 ステージ5までアル-アティヤを総合2番手で追っていたセバスチャン・ローブ(BAHRAIN RAID XTREME)は今回、ナビゲーションエラーによって大きくタイムをロス。結果的にステージ6は30番手のフィニッシュとなり、アル-アティヤとの差は50分にまで拡大。総合順位ではアルラジに追い抜かれ、3番手となってしまった。

 アウディ勢はマティアス・エクストロームが2位でステージ6を終了。これは電動ドライブマシンのRS Q e-tronにとって、過去最高のリザルトだ。一方、ステファン・ペテランセルは42番手、サインツも43番手とアウディ内でも明暗が分かれる結果となった。

 バイク部門ではGASGAS FACTORY RACINGのダニエル・サンダースが、今年2度目のステージ優勝を記録。チームメイトのサム・サンダーランドも2番手でフィニッシュし、総合順位トップを維持した。

 なお、ステージ6は大雨などによるコンデイション悪化のため、バイク部門は安全性を考慮し101km地点で短縮終了となっている。

 前日のステージ5でダカール・ラリー初ステージ優勝を果たした、元MotoGPライダーのダニーロ・ペトルッチ(TECH 3 KTM FACTORY RACING)だが、ステージ6では序盤にクラッシュ。激しいクラッシュであったが、重い怪我は避けられた。ペトルッチはその後トップから約13分差の39番手でフィニッシュを果たしている。

 なお2022年のダカール・ラリーはこれで前半戦が終了。1月8日に休息を挟み、9日から後半戦が開始されることになる。

 
Read Also:

2022年ダカール・ラリー総合順位:ステージ6終了時

Pos. #. Name Mark Time Gap Penalty
1 201 Nasser Al-Attiyah TOYOTA 20:37:24   00:00:00
2 205 Yazeed Al Rajhi TOYOTA 21:27:43 +00:50:19 00:02:00
3 211 Sebastien Loeb PRODRIVE 21:27:49 +00:50:25 00:00:00
4 222 Lucio Alvarez TOYOTA 21:44:22 +01:06:58 00:00:00
5 203 Jakub Przygosnki MINI 21:53:49 +01:16:25 00:00:00
6 208 Vladimir Vasilyev BMW 21:59:32 +01:22:08 00:00:00
7 221 Orlando Terranova PRODRIVE 22:01:24 +01:24:00 00:12:00
8 209 Martin Prokop FORD 22:07:54 +01:30:30 00:07:00
9 223 Sebastian Halpern MINI 22:14:49 +01:37:25 00:00:00
10 234 Vaidotas Zala MINI 22:48:41 +02:11:17 00:03:00

2022年ダカール・ラリー総合順位:ステージ6終了時(2輪)

Pos. # Name Bike Time Gap Penalty
1 3 Sam Sunderland KTM 19:55:59   00:00:00
2 52 Matthias Walkner KTM 19:58:38 +00:02:39 00:00:00
3 4 Daniel Sanders KTM 20:01:34 +00:05:35 00:00:00
4 42 Adrien van Beveren YAMAHA 20:03:42 +00:07:43 00:00:00
5 7 Pablo Quintanilla HONDA 20:13:43 +00:17:44 00:00:00
6 15 Lorenzo Santolino SHERCO FACTORY 20:14:21 +00:18:22 00:00:00
7 142 Stefan Svitko KTM 20:20:28 +00:24:29 00:00:00
8 1 Kevin Benavides KTM 20:20:55 +00:24:56 00:00:00
9 88 Joan Barreda HONDA 20:21:58 +00:25:59 00:01:00
10 43 Mason Klein KTM 20:33:07 +00:37:08 00:00:00

シェア
コメント
ペトルッチ、ダカール・ラリーで初ステージ優勝に感無量「本当に嬉しい。言葉もない」
前の記事

ペトルッチ、ダカール・ラリーで初ステージ優勝に感無量「本当に嬉しい。言葉もない」

次の記事

大会前に爆発事故発生のダカール・ラリー、仏外務大臣は中止の可能性を示唆。主催者側は「安全第一で競技を優先」と否定

大会前に爆発事故発生のダカール・ラリー、仏外務大臣は中止の可能性を示唆。主催者側は「安全第一で競技を優先」と否定
コメントを読み込む