【訃報】ダカール・ラリーで二輪&四輪両方で優勝……伝説的ドライバーのオリオール亡くなる

ダカール・ラリーで二輪・四輪合計で3勝を挙げたユベール・オリオールが、亡くなったことが分かった。68歳だった。

【訃報】ダカール・ラリーで二輪&四輪両方で優勝……伝説的ドライバーのオリオール亡くなる

 ダカール・ラリー初期の参戦者のひとりであり、二輪で2回、四輪で1回の計3勝を挙げたユベール・オリオールが、1月10日(日)に亡くなったことが分かった。68歳だった。

 新型コロナウイルスに感染していたという情報もあるが、フランスの通信社によれば、オリオールは長く心臓病を患っており、その闘病の末亡くなったという。

 オリオールは、パリ-ダカール間で行なわれた1979年の第1回大会からダカール・ラリーに参戦。1980年大会で初のステージ優勝を記録すると、1981年にはBMWのバイクを駆り、自身初の二輪総合優勝を果たした。その後1983年に2勝目、1984年には二輪総合2位となった。

 1985年からイタリアのカジバに移籍。1987年には勝利に近づいたものの、最後から2番目のステージでクラッシュし、両足を骨折してしまう。

 翌1988年からは四輪に転向。当初はシングルシーターのバギーのドライブに苦戦したが、1991年にオレカに加入してラダをドライブすると、ふたつの2ステージを手にした。

 1992年には三菱パジェロをドライブ。同年のルートはパリから南アフリカのケープタウンまでの合計12,427kmという長大なモノだったが、これを最速で駆け抜け、四輪でのダカール・ラリー初優勝、二輪時代と合わせて3勝目を挙げた。この年、2位となったチームメイトのアーウィン・ウェバーとの差は5分足らずだった。

 なおダカール・ラリーの二輪部門と四輪部門の双方で優勝したのは、このオリオールが初めてだった。

 1993年にはシトロエンに移籍して3位フィニッシュ。プロとして最後の挑戦となった1994年はパリ→ダカール→パリというルートだったが、ピエール・ラルティーグに次ぐ2位となり、シトロエンに1-2フィニッシュをもたらした。

 ダカール・ラリーが現在の主催者であるアモリ・スポル・オルガニザシオン(ASO)に移った後、オリオールは1995〜2003年にかけて同ラリーのディレクターを務めた。ただこの職を退いた後、2006年にはいすゞのトラックを駆り、一度限りではあるもののラリー復帰を果たした。

 その後、ダカール・ラリーが治安の悪化により南米に開催地を移した際にも、アフリカでのラリー存続のためにアフリカエコレースをジャン=ルイ・シュレッサーを支える形で創設。2013〜2016年には中国グランドラリーのディレクターを務めた。

Read Also:

シェア
コメント
ダカールラリー7日目:地元選手アル・ラジがステージ優勝。ペテランセルが総合首位をキープ

前の記事

ダカールラリー7日目:地元選手アル・ラジがステージ優勝。ペテランセルが総合首位をキープ

次の記事

ダカールラリー8日目:アル−アティヤ、ステージ優勝。総合首位ペテランセルとの差を縮める

ダカールラリー8日目:アル−アティヤ、ステージ優勝。総合首位ペテランセルとの差を縮める
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Dakar