F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

ローブ、5度目のダカール挑戦は苦難の連続。最後は無念のリタイア「強くなって戻ってくる」

9度のWRC王者であるセバスチャン・ローブは、ステージ8を完走できなかったため、2021年のダカールラリーをリタイアすることになった。

ローブ、5度目のダカール挑戦は苦難の連続。最後は無念のリタイア「強くなって戻ってくる」

 プロドライブが運営するバーレーン・レイド・エクストリーム(BRX)から、5度目となるダカールラリー挑戦をしていたセバスチャン・ローブ。しかし第8ステージを完走できず、無念のリタイアとなった。

 第7および第8ステージは2日間ビバークでアシストを受けられない、いわゆる“マラソンステージ”に設定されていた。ローブは第8ステージ序盤の80kmの地点までにタイヤを2本パンク。しかし、スペアタイヤは1本しかなく、ブレーキキャリパーもひとつが機能していなかった。

 ステージ中盤で5時間以上立ち往生したローブは、コドライバーであるダニエル・エレナと共にビバークに戻ることを決断し、2021年の挑戦を終えた。

 ローブは、ラリー初日に3度パンクに見舞われるなど出遅れたものの、順調に追い上げていった。しかし第5ステージで道に迷い、首位との差が1時間近くまで広がった。

 さらに第6ステージではサスペンションアームが破損。アシストトラックの助けを借り迅速な修理を期待していたものの、届いた交換パーツは左右一本ずつではなく、右のサスペンションアームが2本……正しいパーツが届くまで8時間も待たなければならなかった。

 ローブはこの時点で11時間43分遅れの総合44番手となっていたが、苦難はさらに続いた。第7ステージでは、ベアリングのトラブルでさらに2時間のタイムロスを喫したのだ。BRXのオフィシャルトラックも第7ステージ316km地点で故障し、ローブをアシストすることができなかった。

 また4日目にはスローゾーンでのスピード違反で5分間のペナルティを受けた。彼はスチュワードを”無能”と称し、議論を呼んだ。なお主催者のASOは後にローブの発言に反論。彼は30km/hの速度制限区間を77km/hで走っており、「コドライバーの指示に注意を払っていなかった」と述べたのだ。

「この8日間は多くの困難に直面したが、私とダニエルはこのダカールの間ずっとゴールを目指してきた」とローブは語った。

「これが自分たちの仕事であること、そしてBRXの一員になることがどれほど幸運であるか、毎日自分に言い聞かせてきた。チームと同じ野心をもってダカールに来て、素晴らしい結果を残したいと思っていたが、リタイア以外の選択肢はなかった」

「今朝、チームメイトのナニ(ローマ)たちにスペアホイールを渡して、彼らのチャンスを最大限に活かすことにしたが、ステージでパンクしてしまい、それ以上走ることができなかった」

「チームにとって残念だが、多くの教訓を学んだ。来年はもっと強くなって戻ってくるだろう」

 ローブのチームメイトであるローマは、4ステージを残して総合5番手につけている。

Read Also:

シェア
コメント
ダカールラリー8日目:アル−アティヤ、ステージ優勝。総合首位ペテランセルとの差を縮める

前の記事

ダカールラリー8日目:アル−アティヤ、ステージ優勝。総合首位ペテランセルとの差を縮める

次の記事

ダカールラリー9日目:総合トップのペテランセルが初のステージ優勝。アル-アティヤを突き離す

ダカールラリー9日目:総合トップのペテランセルが初のステージ優勝。アル-アティヤを突き離す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Dakar
イベント Dakar
ドライバー セバスチャン ローブ
執筆者 Sergio Lillo