トヨタ、アロンソのダカールテスト実施に前向きか「コミュニティー全体が盛り上がる」

シェア
コメント
トヨタ、アロンソのダカールテスト実施に前向きか「コミュニティー全体が盛り上がる」
執筆:
2019/01/14 11:05

トヨタは、フェルナンド・アロンソが将来ダカールラリーを戦うことを決めた場合に備え、準備を進めているようだ。

 トヨタは、ともに世界耐久選手権(WEC)を戦っているフェルナンド・アロンソがダカールラリー参戦に興味を示した場合に備え、テストを実施する準備を進めているようだ。

 昨年6月にル・マン24時間レースを初制覇したアロンソは、1月末のデイトナ24時間レースを戦った後、2月中にダカールラリー仕様のトヨタ・ハイラックスをテストすると予想されている。

 アロンソはその後、WECに引き続き参戦。そして世界3大レースを制覇するという夢を叶えるため、5月に再びインディ500に挑戦する予定となっている。

 トヨタからダカールラリーに参戦しているナセール・アルアティヤは、アロンソがダカールラリーのマシンのテストを行うことに興味を持っていると明かしている。

 トヨタはアロンソがダカールラリー参戦を考えた場合に備え、南アフリカに拠点を置くTOYOTA GAZOO Racing SA(TGRSA)ラリーレイドプロジェクトの代表であるグリン・ホールに連絡を取っていたようだ。

 しかしもしアロンソが望むなら、TGRSAが現在用意しているプランは、テスト以上のモノとなるだろう。

 最初のテストを”コントロールされた”環境下で行い、アロンソが砂漠でのラリーの感覚を体験。その上でトヨタのダカール参戦ドライバーと比較し、アロンソがダカール挑戦の意志を持つかどうかを確かめるというアプローチだ。

「我々はすでに、ジニエル・ド・ヴィリエールを起用する際に、同様の状況を経験している」と、ホールはmotorsport.comに語った。

「ド・ヴィリエールは(南アフリカで1997年から2000年にかけて)4度のツーリングカー王者だった。彼はオフロードを走ったことがなかったが、(2003年)最初のダカールで5位フィニッシュした。だから、あらゆることが可能だ。しかしダカールは簡単ではない」

「最初のステップは、コントロールされた環境でテストをすることだろう。それが好きではない可能性もあるし、ダカールを戦う難しさのレベルを知るには時間が足りないと感じる可能性もある」

「フェルナンドのスキルは非常に優れている。過去17年間、彼はそれを示してきた。世界中でベストドライバーのひとりと言われるまでに進化してきたんだ」

 アロンソ自身も、ラリーに対しては大きなリスペクトを持っているとした一方で「正直に言って、そういうことをやる才能がないということを知っておかなければならない」と認めている。

 しかしトヨタは、彼のサーキットでのレース技術をラリーレイドのドライビング技術に変換する方法を学ぶ、絶好のチャンスを彼に与える準備ができているようだ。

「優れたドライバーであれば、優れてスキルを持っているものだ」と、ホールは付け足した。

「フェルナンドがF1で示した才能のひとつは、限界状態でドライビングする中でも彼は耳で聞き、考えることができるということだ」

「それはラリーレイドでは鍵となるスキルだ。なぜならコドライバーの声を聞きながら、複雑なレースを走り、それについて考え続けなければならないからだ」

「最初にやるのは、マシンの感触を確かめ、他のレベルのドライバーの感覚と比較することだ」

「トヨタにとってだけではなく、マシンが製造される南アフリカの我々にとっても、クロスカントリーコミュニティー全体にとっても、素晴らしい機会になるだろう」

「それは励みになるし、素晴らしいストーリーだ。フェルナンドがダカールに来るなら、多くの反響があるだろう。このスポーツは”爆発する”と思う」

 トヨタは南アフリカでアロンソのテストを実施することを計画しているようだ。アロンソの友人でありダカールラリーを制した経験を持つアルアティヤも、アロンソの学習を助けるために手を貸すつもりだという。

次の記事
ダカールラリー:ローブが3度目ステージ優勝。トヨタのアルアティヤはリード拡大

前の記事

ダカールラリー:ローブが3度目ステージ優勝。トヨタのアルアティヤはリード拡大

次の記事

ダカール:ローブ、トラブルで30分以上ロス。トヨタのアルアティヤはパンクも首位守る

ダカール:ローブ、トラブルで30分以上ロス。トヨタのアルアティヤはパンクも首位守る
Load comments

この記事について

シリーズ Dakar
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中 , Nasser Al-Attiyah
チーム ガズー・レーシング
執筆者 Sergio Lillo