F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
20 days
MotoGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
20 days
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
34 days
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
49 days
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
84 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
8 days
シャルル ルクレール
Monaco
ドライバー

シャルル ルクレール

1997-10-16 (22歳)
チーム フェラーリ
16

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
244 articles
フィルターをクリアにする
シャルル ルクレール
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ルクレールとアルボン、F1バーチャルGPに初参戦。現役F1ドライバーは5名参加

シャルル・ルクレールとアレクサンダー・アルボンは、今週末のF1バーチャルGPに初参戦する。

F1メカ解説|フェラーリと頂点目指すルクレール、新ステアリングに“こだわり”

フェラーリのシャルル・ルクレールは、SF1000のステアリングホイールに自身のニーズを反映させるため、様々な方法を模索している。

FIAとF1チーム間対立は激化必至? モータースポーツ評議会、7チームの共同声明に反対

世界モータースポーツ評議会は、FIAとフェラーリの和解契約に対して7チームが団結して出された合同反対声明を支持しなかった。

「“紙とペン”の方が分かりやすい!」ルクレール、タブレットよりもアナログがお好き

フェラーリのシャルル・ルクレールはF1プレシーズンテストの最中に、紙のメモを使っている姿を激写されたが、彼はタブレット端末よりも効率が良いとその理由を語った。

フェラーリ、テスト初日の出遅れは”意図的”。マシンの理解を優先

F1プレシーズンテスト初日、総合11番手となったシャルル・ルクレールは、フェラーリがテストに対するアプローチを変えたと明かした。

【動画】フェラーリF1が2020年マシン『SF1000』を公開

フェラーリが2020年シーズンのF1を戦うマシン『SF1000』をお披露目。それに併せて約1分半のイメージ映像も公開された。

【フォトギャラリー】フェラーリF1歴代全マシン(1950年〜)

F1世界選手権発足初年度である1950年から参戦を続け、2020年にはF1参戦1000レース目を迎えるフェラーリ。そんなフェラーリの全マシンを一気見!

ルクレール”セットアップの柔軟性が高いマシン”をリクエスト

フェラーリで2年目のF1シーズンを迎えるシャルル・ルクレールは、ニューマシンSF1000について、セットアップの柔軟性が高いマシンであることを期待していると語った。

フェラーリ、新車『SF1000』を発表。1000レース目迎える跳ね馬、”逆襲”なるか

フェラーリは、2020年シーズンを戦うニューマシン『SF1000』を、2月12日に発表した。

フェラーリ、18インチタイヤで初走行。10月には鈴鹿でハースがテスト実施へ

フェラーリは2月8日に18インチタイヤのテストを実施。改造を施した2019年マシンで130ラップを走破した。

レッドブル重鎮、ドライバー育成に絶対の自信。唯一逃した才能はルクレール?

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブルと契約している者以外では、シャルル・ルクレールの才能を最も高く評価している。

フェラーリ、チーム内のライバル関係を歓迎「我々の”アドバンテージ”になる」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールのチーム内ライバル関係はアドバンテージだと主張した。

フェラーリ兄弟コンビ誕生なるか? ルクレールの弟アーサーがFDA加入

フェラーリ・ドライバー・アカデミーは、シャルル・ルクレールの弟であるアーサーを新たに加入させることを発表した。

新世代の“波”にハミルトンは耐えられるのか? レッドブル代表「バトルが楽しみ」

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンを始めとする“新世代の波”に、ルイス・ハミルトンが対抗できるかが楽しみだと語った。

鳥肌モノの経験……ルクレール、モンツァ優勝を思い出す「跳ね馬の一員だと実感」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、2019年のイタリアGPで勝利し、表彰台に登った時のことを回顧。フェラーリのファン”ティフォシ”たちの熱烈な声援に、「鳥肌が立った」と語った。

ルクレール、ブラジルGPのような同士討ちは「2度と起こらない」

シャルル・ルクレールは、2020年シーズンでセバスチャン・ベッテルと昨年のような同士討ちを演じることはないだろうと語った。

「ベッテルからは“まだまだ”学べる」ルクレール、同僚が良い参考に?

シャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回るなど、力強いフェラーリでの1年目を過ごした。しかし彼は、依然として世界チャンピオンから多くを学ぶことができると語った。

ルクレールはF1王者の器か。アルファロメオ代表「自己批判の精神は重要」

アルファロメオF1のフレデリック・バスール代表は、シャルル・ルクレールが持つ自信と自己批判をする性格が、F1王者となる上で役立つと語った。

これでエースは決まり? フェラーリ、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長

フェラーリは、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長することを発表した。

ドライバーを”管理”するのは大変。フェラーリ代表「もっと強くなるための過程」

フェラーリF1のマッティア・ビノット代表は、2019年シーズンにセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールを”管理”するのに苦しんだと語るが、これは2020年にチームがもっと強くなるためのプロセスの一部だと主張した。

「ルクレールはチームにとって“必要不可欠”」フェラーリ、来季はナンバーワン決めず

フェラーリのCEOを務めるルイス・カミッレーリは、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの衝突は、チームの“基本的なルール”を確立するために必要なものだったという。そして、ルクレールは1年を通してフェラーリに必要不可欠な存在になったと話した。

ルクレール、1月12日開催の英国オートスポーツ・ショーにゲスト参加

フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールが、2020年の1月12日に英国で行なわれるオートスポーツ・インターナショナル・ショーのゲストに決まった。

「0.5秒は速かったはず……」フェラーリ、”冷や水”浴びたシーズン序盤を振り返る

フェラーリは、2019年シーズン最初のF1プレシーズンテストではライバルたちを0.5秒は離していたはずだと振り返った。

「ナンバーワンはひとりで十分」フェルスタッペン、フェラーリ加入を否定

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールの僚友としてフェラーリF1のマシンを走らせることは無いだろうと話した。