ジョージ ラッセル
United Kingdom
ドライバー

ジョージ ラッセル

1998-02-15 (23歳)
チーム ウイリアムズ
63

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
101 articles
フィルターをクリアにする
ジョージ ラッセル
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

ジョージ ラッセルの最新ニュース

グリッド
リスト

ラッセル、ウイリアムズで初ポイント獲得に涙。「言葉では言い表せない……それ以上のモノ」

ジョージ・ラッセルはF1ハンガリーGPでウイリアムズで初めてポイントを獲得。思わず涙を流してしまったが、彼自身もそれには驚いたようだ。

ジョージ・ラッセル、イギリスGPでのハミルトンとフェルスタッペンの接触は、”ルール改訂”では避けられない

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1イギリスGPで起きたルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間の接触が繰り返されるのを避けるために、F1のルールに導入できるモノはないと考えている。

ラッセル「ペナルティ乱発なら慎重にならざるを得ない」直近2戦の罰則増加は“偶然”?

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、最近のF1がレースでペナルティを多く科していることによって、ドライバー側としては慎重になりすぎる傾向になるのではないかと考えている。

ラッセル、予選連続Q3進出の速さには困惑「クルマは下から2番目の速さなのに……」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは予選Q3への進出が続いているが、現在のマシンは下から2番目の速さであると考えているため、なぜなのか分からないと話している。

ラッセル、サインツJr.との接触で3グリッド降格ペナルティ。ガスリー繰り上がり11番手

ウイリアムズのジョージ・ラッセルはスプリント予選レースで発生した接触により、決勝で3グリッド降格のペナルティが決定。これにより12番手からのスタートとなった。

ラッセル、2戦連続のQ3進出の大金星。進歩の鍵は“遅い予選”のコンディション変化?

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1イギリスGPで前戦オーストリアGPから連続でQ3進出を果たした。彼は、この進歩についてスリップストリームなど様々な要因をまとめ上げることができた結果だと考えている。

メルセデス加入が噂されるラッセル、イギリスGPでの発表はナシと本人談

メルセデス移籍がまもなく発表されるのではないかという噂が広まっているジョージ・ラッセル。しかし彼はイギリスGPでは何の発表も無いとそれらの噂を否定した。

レッドブル、メルセデスがジョージ・ラッセルを手放せば「獲得を検討する価値がある」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルがメルセデスに加入しなかった場合、獲得することを「検討する価値がある」と語る。

ハミルトンは時を経るごとに熟成される、上質なビンテージワインのよう……ラッセル、王者の現役続行を喜ぶ

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、ルイス・ハミルトンがメルセデスとのドライバー契約を延長したことについて「本当に嬉しい」と語るとともに、年を経るごとに美味しくなる”上質なワイン”のようだと表現した。

スプリント予選は好調ウイリアムズの”後押し”にならない? ラッセル「僕らは予選の方が速いから」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、イギリスGPでF1史上初めて行なわれるスプリント予選レースは、チームにとって有利になるかは分からないものの、この新フォーマットが新たな”チャンス”を生み出すことを望んでいる。

ウイリアムズCEO、オーストリアで入賞を逃したことに”がっかり”できたことに「満足している」

ウイリアムズのCEOであるヨースト・カピトは、先日行なわれたF1オーストリアGPで今季初入賞を逃し、チームががっかりしたことについて”満足”していると語った。

ラッセル、ポイントまであと一歩の11位……アロンソとのバトルには「全力を出せた」と喜ぶ

F1オーストリアGPを11位で終えたジョージ・ラッセルは、ウイリアムズでの初ポイント獲得を逃したものの、レース終盤のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とのバトルに「自分の力を発揮できた」と喜びを露わにした。

ラッセル「Q3進出はまるでポール獲得のような気持ち」ミディアムスタートで入賞なるか?

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1第9戦オーストリアGPで予選8番手を獲得。ウイリアムズで初のQ3進出を果たしたことは「ポールポジション獲得のように感じられる」と語った。

入賞が見えていたラッセル、F1シュタイアーマルクGPでの不運なリタイアにショック隠せず「いつもの典型的なパターンだ……」

F1シュタイアーマルクGPでリタイアに終わったジョージ・ラッセルは、ウイリアムズでの初ポイントを目指している中で不運に見舞われるのは典型的なパターンだと語った。

メルセデスF1、2022年のラインアップ決定は冬まで遅れる?「決定を急ぐ必要はない」

メルセデスF1チームは、バルテリ・ボッタスをチームに残すか、ジョージ・ラッセルを昇格させるか検討しているため、2022年のドライバーラインアップ決定を冬まで遅らせる可能性があるようだ。

ラッセル、新体制のウイリアムズは「かつては生き残りのため“二の次“だったパフォーマンスを追い求めている」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、ウイリアムズ家がチームを所有していた最後の数年間はチームの存続に必死だったため、パフォーマンスの向上は「二の次」だっだが、ドリルトン・キャピタルによる買収後はそれが好転したと語った。

「未来の世界チャンピオンだ」アロンソ、”メルセデス候補生”ラッセルを高評価

アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、来季メルセデス入りの可能性が取り沙汰されているジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)について、将来の王者候補だと非常に高い評価を与えている。

ジョージ・ラッセルがメルセデスに移籍すれば、ウイリアムズにとっては”非常に大きな”損失に?

ウイリアムズのビークルパフォーマンス責任者のデイブ・ロブソンは、現在チームを率いるような活躍を見せているジョージ・ラッセルがチームを離れれば、ウイリアムズにとっては大きな損失であると語る。

ラッセル、今シーズンが無得点でも失敗ではない「僕らの入賞は、マクラーレンの優勝に匹敵する出来事」

ジョージ・ラッセルは、もしウイリアムズがF1の2021年シーズンを無得点で終えたとしても、今シーズンが失敗だったとは思わないと語った。

メルセデスF1代表、ラッセルに”厳しい愛”を授ける……イモラでボッタスと大クラッシュ

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、エミリア・ロマーニャGPでメルセデスのバルテリ・ボッタスとクラッシュした後、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフから「多くの厳しい愛」を受け取ったと語る。

メルセデス入りの可能性も噂されるラッセル、複数年契約を望む「将来の成長のために」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、「成長と進歩のための一貫性」を求め、次のF1での契約期間が複数年になることを望んでいる。

ウイリアムズのエンジニア、ジョージ・ラッセルの”可能性”に太鼓判「ハミルトンのキャリア初期のようだ」

ウイリアムズのビークル・パフォーマンス責任者のデイブ・ロブソンは、チームのドライバーであるジョージ・ラッセルが、ルイス・ハミルトンのキャリア初期のパフォーマンスに非常に近いモノを発揮しており、将来同様の成功を収める「可能性を秘めている」と語る。

これまでで最高のフィーリングだった! ラッセル、14位でポイント逃すも戦いに満足

F1第4戦スペインGPでウイリアムズのジョージ・ラッセルは14位でフィニッシュ。ポイントには届いていないものの、彼はマシンのフィーリングはこれまででも特に良く、良いレースが出来たと振り返っている。

ラッセル、Q3進出まであと一歩……! 予選11番手からの決勝は「ポイントを狙わないといけない」

F1ポルトガルGPの予選で11番手を獲得したウイリアムズのジョージ・ラッセルは、決勝では「ポイントを狙っていかなければならない」と語った。

ボッタス、イモラでの大クラッシュは”終わったこと”「ラッセルとは話していないけど、前に進むべき」

バルテリ・ボッタスは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでのジョージ・ラッセルとの大クラッシュを引きずることなく、前に進むときだと語った。

ラッセル、イモラF1クラッシュ後の行動を改めて謝罪。でも「僕らには入賞を争う力があった」

ウイリアムズF1のドライバーであるジョージ・ラッセルは、エミリア・ロマーニャGPでメルセデスのバルテリ・ボッタスとクラッシュした後に自身が取った行動は、「非常に誤った判断」だったと語る。

ジョージ・ラッセル、ボッタスとのクラッシュでメルセデスとの関係が悪化することはない?

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝でのバルテリ・ボッタス(メルセデス)のクラッシュにより、自身が育成プログラムに所属するメルセデスとの関係が悪化することはないと確信している。

ラッセル、大クラッシュから1日が経ち謝罪文を発表「感情が高ぶり、我を忘れてしまった」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでクラッシュした後の行動を含め、謝罪文を発表した。

ボッタス、ラッセルの発言に反論「誰にだって同じようにディフェンスする」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1エミリア・ロマーニャGPのクラッシュについてウイリアムズのジョージ・ラッセルが「彼は僕以外のドライバーならああいう動きをしなかった」と語ったことに反論。「誰に対してもディフェンスする」と語った。

ラッセル、ボッタスとのクラッシュで入賞逃す「彼は別のドライバーなら、ああいう動きはしなかっただろう」

F1エミリア・ロマーニャGPの決勝で、ウイリアムズのジョージ・ラッセルはメルセデスのバルテリ・ボッタスと接触してリタイア。ラッセル曰く、自身がメルセデスの育成ドライバーだったため、ボッタスが今回のような動きをしたのではないかと考えている。

ウイリアムズ、身売り後は“生き残り”から“パフォーマンスアップ”に変化。ラッセルは体制強化に信頼寄せる

ウイリアムズF1のジョージ・ラッセルは、昨年チームがドリルトン・キャピタルに買収されて以降、“チームの存続”ではなくパフォーマンスを高めることに集中できるようになったと語っている。

ラッセル、メルセデスのマシンは「風の影響を受けやすい」? ウイリアムズの状況と重ねる

ジョージ・ラッセルは、メルセデスの2021年マシンがウイリアムズと同様、風の影響を受けやすいマシンになっている可能性があると考えている。

ジョージ・ラッセル、グロージャンの後任としてGPDA理事に就任。初の非ドライバー理事も誕生

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、ロマン・グロージャンの後任としてGPDAの理事を務めることになった。

F1テスト最大の“サプライズ”はアルファロメオ?「手応えがあるのは間違いない」とジョビナッツィ

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、今季のF1プレシーズンテストで最も驚かされたチームはアルファロメオだと考えている。

ラッセル、メルセデス代役出走で掴んだ確かな自信。「あの経験から多くのことを学んだ」

ジョージ・ラッセルは、昨年のサクヒールGPにメルセデスから代役参戦し、上位を争ったことで、自信を持って新しいシーズンに臨むことができると語った。

ウイリアムズF1、”尖った”空力コンセプトで浮上目指す。浮き沈みの激しい1年を覚悟

ウイリアムズは、風の影響を受けやすいピーキーなコンセプトの空力コンセプトを採用し、浮き沈みの激しいシーズンを過ごす覚悟をしているようだ。

F1新車”雑感”解説:ウイリアムズFW43B。昨年のレーシングポイントのようなサイドポンツーン

ウイリアムズが発表したニューマシンFW43Bは、カラーリングのみならず、マシン後部にも大きく手が入れられているようだ。

ウイリアムズF1の新カラーリングは、”先頭争い”に戻るという決意の表れ

ウイリアムズが3月5日に発表したニューマシンFW43Bは、これまでにない斬新なカラーリングを身に纏っていた。これについてチームのCEOであるヨースト・カピトは、苦戦が続くチームが復活を目指す決意の表れだと語った。

メルセデス代表、ラッセルの才能を信頼も「もっと経験を積み、ミスを修正する必要がある」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、育成ドライバーであるジョージ・ラッセルにとって、ミスを修正することが成長する上で重要だと語った。

メルセデス入りについては考えない? ラッセル「F1はすぐに状況が変わるから…」

ジョージ・ラッセルは2022年のメルセデス入りの可能性については考えずに、2021年の戦いに身を投じていくつもりだと語った。

ジョージ・ラッセルを大きく成長させた、2020年”苦戦”ベッテルとの戦い

ジョージ・ラッセルは、2020年にセバスチャン・ベッテルとホイール・トゥ・ホイールのバトルを繰り広げたことが、レースの組み立て方を改善するのに大きく役立ったと語る。

ラッセル、代役出場で“適応力”の大切さ学ぶ。2022年のメルセデス昇格目指し腐らず前進

ジョージ・ラッセルは、ドライバーとしてより適応力を身につけるべきだということが、メルセデスF1での1戦限りの経験から得た教訓だと語った。

ラッセルは“レーダー”に掛かっていなかった…レッドブル重鎮、アルボン後任巡る人事に言及

レッドブルのヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンの後任ドライバー選定に向け、現ウイリアムズのジョージ・ラッセルは「レーダーに掛かっていなかった」と語った。

ラッセルのメルセデスの”1戦限り”の経験が、ウイリアムズを強くする?

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、サクヒールGPでメルセデスのマシンを走らせたことで、クラッチパドルなどマシンの改良に役立ついくつかのアイデアを手にすることになったという。

ラッセル、ウイリアムズ“復帰”の方が難題だった?「メルセデスはよくできたクルマだった」

ジョージ・ラッセルはF1サクヒールGPで代役出場したメルセデスへの“ステップアップ”よりも、ウイリアムズに戻ったときのほうが難しかったという。

悔しい思いを抱えたままウイリアムズに。「戻ると聞かされた時は変な感覚だった」とラッセル

ジョージ・ラッセルは、アブダビGPをメルセデスで走らないことが決まった時は奇妙な気分だったと語った。

「僕は来年もウイリアムズに残る」メルセデスで輝き放ったラッセルが改めて強調

ジョージ・ラッセルは、2021年シーズンもウイリアムズでドライブすることを強調し、メルセデスに昇格する可能性があると示唆したサクヒールGP後のコメントは“勢いで言ったもの”だと話した。

離れてわかる、彼の大切さ……ウイリアムズ、ラッセル不在のサクヒールGPで痛感

ウイリアムズはF1サクヒールGPでジョージ・ラッセルをメルセデスにレンタルした際、ラッセルを“恋しく”思ったことを認めた。

世間は“ラッセルフィーバー”に浮かれすぎ? メルセデス代表、『ハミルトン不要論』に反論

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームがサクヒールGPでのジョージ・ラッセルの活躍に我を忘れてはいけないと警鐘を鳴らした。

ラッセル、サクヒールでの活躍がメルセデスの”頭痛の種”になることを期待

ジョージ・ラッセルは、急遽代役としてメルセデスのマシンをドライブしたにもかかわらず印象的な活躍を見せたことについて、メルセデスのトト・ウルフがドライバーラインアップを決めるにあたっての”頭痛の種”になればいいと考えている。

メルセデス代表、ハミルトンとラッセルのコンビは「面白い」と認めるも、来季の実現は否定

メルセデスのトト・ウルフ代表は、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルというラインアップが実現したら面白いだろうと話した。

王者メルセデスにあるまじき”ドタバタ”ピットストップ。無線の故障が引き金に

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1サクヒールGPでジョージ・ラッセルのタイヤを取り違えるミスをしてしまった原因は、無線の故障にあったと明かした。

初優勝のチャンスをトラブルで失ったラッセル、“超”落胆。「本当にキツかった……」

ジョージ・ラッセルはF1サクヒールGPでチームのミスとタイヤトラブルによって初優勝のチャンスを逃したことについて「本当に傷ついた」と、悔しさをにじませた。

メルセデス、ボッタスとラッセルに自由にレースをさせると明言

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、サクヒールGPの決勝レースで、バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルに自由にレースさせると語った。

メルセデスで速さ発揮のラッセル、ハミルトン契約交渉には影響なし? ウルフ代表明言

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、新型コロナ感染で欠場したルイス・ハミルトンの代役であるジョージ・ラッセルが高いパフォーマンスを発揮しても、ハミルトンとの2021年以降の契約交渉に影響はないと語った。

ラッセルのメルセデスでの活躍に「F1はマシンによる差が大きすぎる」とサインツJr.

カルロス・サインツJr.は、サクヒールGPでジョージ・ラッセルがメルセデスのマシンを駆り印象的な走りを見せていることについて、F1に欠けているものを示していると語った。

マシン乗り換えはやっぱり大変? ラッセル「予選中にニュートラルボタンを押しちゃった!」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1サクヒールGPの予選中に誤ってニュートラルボタンを押してしまったと明かした。

初PP逃したラッセル、0.026秒差の敗北にはショックもボッタスとの僅差の戦いに満足

ジョージ・ラッセルは、わずか0.026秒という差でF1初ポールポジションを逃したことに落ち込んでいると認めた。

ラッセル“inメルセデス”の勝利に賭けてもいい? ルクレールが友人の力に太鼓判

フェラーリのシャルル・ルクレールはF1サクヒールGPでルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスのマシンを走らせるジョージ・ラッセルには、“勝つチャンス”があると考えている。

”いきなり”2セッション連続首位のラッセル「ボッタスの方が本来ならば速いはず」

急遽メルセデスのマシンを駆ることになったジョージ・ラッセルは、サクヒールGPの初日2セッションを、いずれも首位で終えた。そのラッセルはこの日のラップタイムは「少し騙されている」と語る。