セバスチャン ベッテル
Germany
ドライバー

セバスチャン ベッテル

1987-07-03 (33歳)
5

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
196 articles
フィルターをクリアにする
セバスチャン ベッテル
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

セバスチャン ベッテルの最新ニュース

グリッド
リスト

セバスチャン・ベッテル、アストンマーチン加入後初表彰台”2位”「この勢いを、今後もさらに続けていく」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、アゼルバイジャンGPで2位に入ったことが、非常に低調なシーズンスタートとなった自身とチームを勢い付かせるのに役立つことを望んでいる。

アストンマーチン初表彰台のベッテル「タイヤマネージメントがカギだった」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1第6戦アゼルバイジャンGPの第1スティントでのタイヤマネージメントが、移籍後初表彰台のカギになったと考えている。

ミック・シューマッハー、友人ベッテルから受けた1番のアドバイスは「F1への愛を絶対に忘れないこと」

ハースからF1デビューを果たしたミック・シューマッハーは、アストンマーチンに乗る4度のF1世界チャンピオンであり同郷のセバスチャン・ベッテルとは友好関係にあり、彼から多くのアドバイスを受けていると語った。

“強い”ベッテルは帰ってきたか? モナコで見せた復調の兆し「何かが変わるかも、と思っていた」

セバスチャン・ベッテルと所属するアストンマーチンF1チームにとって、2021年シーズンの滑り出しは好調とは言えないものだった。結果が出ず、同じく中団争いをするライバル勢は好成績を残していた。しかし、第5戦モナコGPでは、ベッテルが不調を感じさせない走りを見せた。

【F1分析】ハミルトンがアンダーカットできず、オーバーカットを許したこれだけの理由

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1モナコGPでアンダーカット作戦を成功させることができず、逆にオーバーカットを許してしまったことで、7位に終わった。その原因をラップタイムの推移から紐解く。

ガスリー、ベッテルとのバトルは「フェアだったが、”もう少しで”ふたりとも港に落ちていたかも」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1第5戦モナコGPでピットアウトするアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルに抜かれたことについて、「とても激しいがフェア。でも、”もう少しで”港に落ちていたかも」と語った。

”眼に異物”も耐えて走ったセバスチャン・ベッテル「片目でモナコを走るのは、お勧めできないね!」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1モナコGP初日のフリー走行2回目で、眼に異物が入り、涙が止まらないと訴えた。ベッテル曰く、当時”出血”しているように感じていたという。

アストンマーチンのベッテル、マシンには慣れてきたが「ポイント争いは難しい」とF1スペインGPを振り返る

アストンマーチンに移籍して4レースをノーポイント終えたセバスチャン・ベッテルは、マシンには慣れてきているものの、ポイント争いに加わるほどのペースはなかったと語った。

今年を捨てるなんてとんでもない! ベッテル、2022年型への開発移行に“待った”

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、チームが2021年のマシン開発を早々と打ち切り、2022年型に焦点を移すようなら、それはチャンスの無駄遣いだと考えている。

ベッテル、アップグレードされたマシンに好感触「今季これまでで最高の金曜日」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1第4戦スペインGP初日の走行を終え、アップグレードされたマシンに好感触を抱いたようだ。

アストンマーチンF1、ポルトガルGPで登場のアップグレード・パッケージをベッテル車にも導入へ

アストンマーチンは、F1第3戦ポルトガルGPでランス・ストロールのマシンにアップグレード・パッケージを導入した。スペインGPでは、セバスチャン・ベッテルのマシンにもこのアップグレードが導入されるようだ。

アストンマーチンF1、ベッテルの復調に期待「イモラの不運は彼のせいではない。ドライでは速かった」

アストンマーチンのオットマー・サフナウアー代表は、今季厳しいスタートを切ったセバスチャン・ベッテルが「自分を責めすぎてはいない」と主張している。

ベッテル先輩にはたくさん勉強させてもらいました……ルクレール「細かいコトの重要さ知った」

シャルル・ルクレールは元チームメイトのセバスチャン・ベッテルからは細部の重要性など多くのことを学んだと語った。

セバスチャン・ベッテル、農業に興味? コロナ禍”ロックダウン”中に有機農業を学ぶ

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、新型コロナウイルスの影響により2020年のF1開幕が延期された際に、有機農業について学ぶため、インターンシップに参加していたことを明らかにした。

ベッテルは今年1年、F1を離れ休養するべきだった? レッドブルの重鎮マルコが語る

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはアストンマーチンに加入するのではなく、2021年の1年間F1を休むべきだったと考えている。

ベッテル、新天地アストンマーチンでまだ歯車噛み合わず「色々なことと戦っている」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、開幕戦バーレーンGPでトラブルに見舞われたこともあって、まだチームを快適に感じることは出来ていないと語った。

ベッテル”黄旗2本振動”無視で、5グリッド降格ペナルティ。最後尾スタートに

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、予選Q1でイエローフラッグ2本振動を警告を無視したとして、バーレーンGPで5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

ベッテル、まさかの予選Q1敗退に不快感。さらにターン1黄旗無視の疑いで泣きっ面に蜂

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1バーレーンGP予選でQ1敗退に終わったことに“不快感と怒り”を感じたという。

バーレーンGP初日は”控えめ”だったベッテル「試したいことはまだたくさんある!」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、控えめに終わったバーレーンGP初日について、まだたくさんやることが残っていると語った。

ベッテル、新マシンの“名前”明かす。アストンマーチンと縁深い『007』にちなんだものに

セバスチャン・ベッテルは2021年シーズンを戦うアストンマーチンのF1マシンに、ジェームズ・ボンドにちなんだ名前を付けた。

ベッテル、ピンクヘルメットへの変身に葛藤はなし。環境問題への“認識”広げることを重視

セバスチャン・ベッテルは、2021年シーズンのヘルメットデザインをBWTとのコラボレーションにより大きく変更したが、それまでのドイツ国旗デザインにこだわることは重要ではなかったと語っている。

新たな環境で戦いを続けるベッテル、アストンマーチンF1への適応は「とても面白い」

セバスチャン・ベッテルは、アストンマーチンF1チームをもっと良く知ること、新車のステアリング特性を把握することが改善課題だと語った。

ストロール、F1王者ベッテルの経験値を肌で実感「彼のフィードバックは的確」

アストンマーチンのランス・ストロールはF1プレシーズンテストを終え、今季からチームメイトとなったセバスチャン・ベッテルのフィードバックが「とても的確」だと評価した。

メルセデスF1は開幕戦までに復活するはず……ベッテルの確信

アストンマーチンF1のセバスチャン・ベッテルは、バーレーンでのプレシーズンテストで満足いく走りを披露できなかったメルセデスについて、開幕までに立ち直るだろうと考えている。

ベッテル、トラブル続発でしっかり走り込めず「若い頃だったらパニックになっていたはず」

セバスチャン・ベッテルは、アストンマーチンでのF1テストでトラブルが相次いだことについて、若い頃だったらパニックになっていただろうと語った。

アストンマーチンのベッテル、トラブルで満足なテストできず「100周足りないよ!」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1プレシーズンテストでトラブルに見舞われ思うようにプログラムを進められず、走行距離が“100周足りない”と感じているようだ。

ベッテル、BWTのアンバサダーに就任。今季からピンクのヘルメットを採用

セバスチャン・ベッテルは、BWTのアンバサダーに就任したことを受け、今季からデザインを一新したピンクのヘルメットでレースに臨む。

ベッテルが外野からの評価に関心がない理由「僕のことだっていつかは忘れられる」

セバスチャン・ベッテルは昨年フェラーリで苦しい1年を過ごしたが、それを人々がどう思っているのかには興味がないと言い、あれこれ批判する人間に対して証明すべきものは何もないと考えている。

アストンマーチンF1、ベッテルのマシン適応に自信「ペレスほど極端なスタイルではない」

アストンマーチンは、セバスチャン・ベッテルはセルジオ・ペレスよりもドライビングスタイルが過激ではないことから、マシンに問題なく適応できると考えている。

ベッテル、フェラーリ最終年で大苦戦も心は“平穏”?「周りの評判は気にしない」

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリでの最後のシーズンを終えて“平穏な状態”にあるというが、新天地アストンマーチンでのプレッシャーがない訳ではないと語った。

ベッテル、F1へのスプリントレース導入に大反対「本当の問題から目をそらしているだけ」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、今季F1にスプリントレースを試験導入するアイデアについて否定的な考えを示した。

F1新車”雑感”解説:アストンマーチンAMR21。今度は”グリーンメルセデス”?

アストンマーチン”復活”初となるマシンAMR21が、3月3日に発表された。このマシンは、レーシングポイントRP20からそのカラーリングがガラリと変わったが、それと同時にサイドポンツーンも変更。メルセデスに近くなっている印象を受ける。

ジョージ・ラッセルを大きく成長させた、2020年”苦戦”ベッテルとの戦い

ジョージ・ラッセルは、2020年にセバスチャン・ベッテルとホイール・トゥ・ホイールのバトルを繰り広げたことが、レースの組み立て方を改善するのに大きく役立ったと語る。

ベッテル”転落”の原因は18年ドイツ? レッドブル重鎮「フェラーリとの関係悪化のきっかけ」

レッドブルのヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリで望んでいたことを実現できなかったのは、2018年ドイツGPでのクラッシュが原因だったと語った。

ベッテル、ミック・シューマッハーの”サポート”約束も「自分の道を探す必要がある」

2021年、アストンマーチンに加入するセバスチャン・ベッテルは、ハースからF1デビューするミック・シューマッハーを喜んでサポートすると語る一方で、ミックは自分で進む道を探さねばならないとも語った。

レッドブルの狙いはペレスひとりだった?「ヒュルケンベルグやベッテルは候補ではなかった」

セルジオ・ペレスの起用を発表したレッドブルは、ニコ・ヒュルケンベルグもセバスチャン・ベッテルも2021年のドライバー候補としては真剣に検討していなかったことを明かした。

ベッテル、フェラーリでのラストレースは14位。最後はイタリア語の替え歌で感謝伝える

2020年のアブダビGPを14位で終えたセバスチャン・ベッテルは、フェラーリでの最後のF1レースを“感動的な1日”だったと表現した。

ルクレール、“ベッテル送別ヘルメット”の経緯語る「セブは人として本当に素晴らしい男」

シャルル・ルクレールはF1最終戦アブダビGPで、“素晴らしい男”であるセバスチャン・ベッテルへのリスペクトを込めた特別カラーリングのヘルメットを着用する。

”タイトルを獲得する”という目標を、フェラーリと達成できなかったと悔やむベッテル

今回のアブダビGP限りでフェラーリを離れることになるセバスチャン・ベッテルは、チャンピオンを獲得するという目標を掲げたものの、達成できなかったと語った。

ベッテル、グロージャンの事故に衝撃「ガードレールがあんな壊れ方をしてはいけない」

セバスチャン・ベッテルは、F1バーレーンGPで起きたロマン・グロージャンの大クラッシュについて、ガードレールの”壊れ方”に疑問を呈した。

ベッテル「ポイントのためには“狐みたいにずる賢く”なれ!」鍵はタイヤマネジメント?

F1第15戦バーレーンGPの予選で2台揃ってQ2敗退を喫したフェラーリ。セバスチャン・ベッテルは決勝レースでポイントを稼ぐためには、タイヤ戦略を“狐のようにずる賢く”しなくてはならないと語った。

ドライバーから批判相次ぐ2021年仕様タイヤ……「二度と見たくない」とベッテル

セバスチャン・ベッテルは、バーレーンGPでテストされた新タイヤに不満を示し、来季からこれらのタイヤを投入する計画が中止となることを望んでいる。

現在のSC中の”周回遅れ”回復手順はナンセンス? ベッテルの指摘にFIA反論

F1のレースディレクターであるマイケル・マシは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが”恥ずかしい”と語ったセーフティカーランからの再始動の手順について反応。タイミングモニター上だけで操作すると、不公平が生じてしまうと示唆した。

ベッテル待望の今季初表彰台に、フェラーリ代表「彼にとって重要な結果」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、セバスチャン・ベッテルがトルコGPで今季初表彰台を獲得したのは、「非常に重要なこと」だと語った。

「特別なことだ」ベッテル、ハミルトン7度目タイトルを“歴史が作られた瞬間”と称賛

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1で7度目のタイトルを獲得したルイス・ハミルトンに対し、“歴史が作られた瞬間”を目撃したことは特別なことだとその偉業を祝福していたことを明かした。

ベッテル、今季初表彰台を喜ぶも「スリックタイヤに換えていれば勝てたかも」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、レース終盤にドライタイヤを投入すれば、勝利のチャンスもあったのではないかと考えているが、今季初表彰台には満足していると語る。

”コレクター”のリカルド、ベッテルとのヘルメット交換を熱望「最大限の敬意の表れ」

ダニエル・リカルドは、元チームメイトであるセバスチャン・ベッテルとのヘルメット交換を熱望しているようだ。

苦戦続くベッテル。「走行データ上はルクレールと大きな差がない」とビノット代表

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの走行データに大きな差はないと話した。

フェラーリ代表、ベッテルとの“別れの電話”を語る「心の中で3回予行演習した」

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルに契約を更新しない旨を伝える電話は、心の中で3回もリハーサルをするほど精神的に難しいものだったと語った。

ルクレールと同じマシンのはず……ベッテル、フェラーリを”信頼”

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、今季チームメイトのシャルル・ルクレールに大きく差をつけられているものの、チームがふたりのドライバーに同じ仕様のマシンを提供していると信じている。

苦戦続くベッテル、フェラーリへの不信感も危険水域に突入? 待遇差に関し意味深発言

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルに同一のマシンを与えていないという噂を一蹴したが、一方でベッテルは意味深なコメントをしている。

Q2でまさかの苦戦。一方チームメイトは好調……ベッテル「ルクレールは別クラスのよう」

F1ポルトガルGP予選でQ2敗退に終わったセバスチャン・ベッテルは、チームメイトのシャルル・ルクレールが“違うクラスのマシン”に乗っているように感じると語った。

このままじゃ終われない。ベッテル「”尊厳”を取り戻し、フェラーリを離れたい」

セバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールのパフォーマンスを称賛しつつ、”尊厳”を守った形でフェラーリでのキャリアを終えたいと語った。

ベッテル、スピンでアイフェルGPが台無しに「リスクを冒しすぎた」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アイフェルGPの決勝でアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィを抜こうとしたところでスピンを喫した。彼曰く、ポジションを上げようとリスクを冒しすぎたという。

ベッテル、アストンマーチンの株式取得を認める。その経緯や持株比率は明かされず

セバスチャン・ベッテルは、2021年のアストンマーチンF1チーム加入に先立ち、同メーカーの株式を取得したようだ。

フェラーリでの歩みは順風満帆でなかった?「すべきでない争いごとがあった」とベッテル

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリと共にチャンピオンを勝ち取れなかったことは失敗だったと認め、その裏で「するべきでなかった争いごと」があったと語った。

ベッテル、同じマシンを使ったF1ドライバーの”ガチンコ対決”に「僕は大賛成だ!」

セバスチャン・ベッテルは、ライバルたちと同じマシンを使ったレースの実現に前向きな姿勢を示した。

ハミルトンへのペナルティポイント加算は厳しすぎ? ライバルたちが擁護

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ロシアGPで一時ペナルティポイント2ポイントを加算された。最終的にこれは撤回されたものの、ライバルたちもハミルトンにペナルティポイントを科すのは厳しすぎると疑問を呈している。

リバースグリッドの導入は”全くの間違い”。再燃する議論にベッテルが釘

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1にリバースグリッド制を導入するアイデアに対し、「全くの間違いだ」と批判的な姿勢を見せた。

ベッテル&ルクレール、フェラーリF2004にうっとり「すばらしい。良い音だな……」

トスカーナGPでは、ミック・シューマッハーが、父ミハエル・シューマッハーがドライブしたフェラーリF2004のデモ走行を披露した。ベッテルとルクレールの現役フェラーリドライバーふたりは、その走りを羨ましそうに見守った。