ダニエル リカルド
Australia
ドライバー

ダニエル リカルド

1989-07-01 (32歳)
チーム マクラーレン
3

“お揃いタトゥー”のお披露目も近い? リカルドは既にデザイン制作を依頼済み

ルノーのダニエル・リカルドは、シリル・アビテブール代表と共に彫るタトゥーのデザインについて、既にふたつの案をデザイナーに依頼しているようだ。

リカルド、風で足をすくわれスピン「僕たちはダウンフォースも足りていないはず」

ルノーのダニエル・リカルドは、F1ポルトガルGPの予選でスピンを喫したことについて、風が原因だったと語った。

ルノー、FP2のタイヤテストで開発タイヤを”取り違え”。貴重なデータが台無しに

ルノーは、ポルトガルGPのFP2で行なわれたピレリのタイヤテストにおいて、開発タイヤを取り違えてしまったようだ。

「彼がいなければ今のルノーはない」アビテブール代表、チームを成長させたリカルドに感謝

ルノーのシリル・アビテブール代表はF1アイフェルGPの結果について、ダニエル・リカルドのこれまでのポジティブな貢献を表していると語った。

シューマッハーのヘルメットは”最もクール”な贈り物。リカルド、ハミルトンの偉業を称賛

ダニエル・リカルドは、F1通算勝利記録に並んだルイス・ハミルトンに贈られたミハエル・シューマッハーのヘルメットは、最もクールなプレゼントだと語った。

今のルノーはどんなコースでも速い! リカルド、安定感バツグンのマシンに自信深める

ダニエル・リカルドは、マシンがダウンフォースの大小に関わらずパフォーマンスを発揮できるようになったことが、ルノーが進歩を遂げた大きな要因のひとつだと語った。

“ウェーバー師匠”の指導の下、F3王者に成長。豪州期待のピアストリをリカルドが称賛

ダニエル・リカルドは、同郷のFIA F3王者であるオスカー・ピアストリを高く評価し、彼のようにオーストラリア人ドライバーが活躍することは喜ばしいことだとコメントした。

ついに表彰台獲得。喜ぶリカルド「チーム代表にタトゥーを入れるのは本当だよ!」

ルノーのダニエル・リカルドは、F1アイフェルGPで表彰台を獲得したことで、当初からの約束通り、チーム代表のシリル・アビテブールにタトゥーを入れると発言。ドイツをモチーフにしたデザインにする計画を明かした。

レッドブル、ルノーと再び組んでも問題は生じない? ダニエル・リカルドの期待

現ルノーF1のダニエル・リカルドは、レッドブルとルノーが2022年から再びパートナーシップを結ぶことになった場合、適切な形で働くことができると確信している。

各チーム早くも頭が痛い? ニュルでのアイフェルGP、寒さと雨が混乱をもたらすか

ルノーのダニエル・リカルドは、ニュルブルクリンクで行なわれるアイフェルGPが予測不可能な天候によって“クレイジー”なレースになる可能性があると語った。

「最後の日まで熱い戦いをしたい」リカルド、進歩著しいルノー離脱に後悔せず

ダニエル・リカルドは2020年をもってルノーを離れ、来季はマクラーレンに移籍するが、著しい進歩を示すルノーを離脱する判断を後悔したことは無いと語った。

大坂なおみの刺激も受け、反人種差別を声高に訴えるリカルド「問題は沈黙」

ルノーのダニエル・リカルドは、人種差別反対に対する立場について沈黙を守ることは、ソーシャルメディアで批判を浴びる可能性よりもはるかに悪いことだろうと語った。

上位フィニッシュ連続にリカルド自信。「今ルノーはどこでも強い!」

ダニエル・リカルドは最近の好成績を受けて、ルノーF1は今やどんなサーキットでも競争力を発揮できると自信を持っているようだ。

リカルド、激走でタイムペナルティ跳ね返す「アレで僕に火がついた!」

ルノーのダニエル・リカルドは、F1ロシアGPで5秒のタイム加算ペナルティを受けたことで、自分に火が点いたと語った。

”快適なセットアップ”を捨てたことが、ロシアGP予選でのリカルドの躍進に繋がった?

ルノーのダニエル・リカルドは、快適ではないセッティングにすることが、ロシアGPの予選で前進する鍵だったと語った。

マシンがバッチリ決まってる! リカルド、ついにルノーでの初表彰台なるか?

ダニエル・リカルドはF1ロシアGP初日を終えて、マシンが“決まっている”感触があるものの、ルノーでの初表彰台のチャンスについて語るのは時期尚早だと語った。

ハイダウンフォースのサーキットでも、ルノーは強くなった……リカルドの自信

ルノーのダニエル・リカルドは、ムジェロで見せた力強いパフォーマンスは、ダウンフォースが必要なサーキットにも、マシンが適応しつつあることの証左であると信じている。

俺は口だけの男じゃない! 結果でリカルドを振り向かせたマクラーレンCEO

マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、2021年のダニエル・リカルド獲得を目指すにあたり、自身が“口だけの男ではない”ことを示したと語った。

最終スティント2番手激走……リカルド「いつもの雰囲気を壊せてよかった」とにんまり

ルノーのダニエル・リカルドは、ムジェロ・サーキットで行なわれたF1トスカーナGPの最終スティントで、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンに3位を奪われてしまったことを「少し悲しい」と嘆いている。

メルセデスが遅いなんて! 波乱のイタリアGP、リカルドはボッタスのペースに驚き

ルノーのダニエル・リカルドはF1イタリアGPの決勝でバルテリ・ボッタスがペースに大きく苦戦していたことに驚かされたと語った。

躍動するルノー、マシンの“スイートスポット”発見? リカルドもモンツァに期待

ダニエル・リカルドはベルギーGPで4位入賞と非常に力強い走りを見せた。彼曰く、マシンの“スイートスポット”の鍵をF1 70周年記念GPで発見したという。

ベルギーGP躍動のリカルド「表彰台の可能性もあった」次戦イタリアGPに向けて気合十分

ルノーのダニエル・リカルドは、今回のベルギーGPで表彰台を獲得するチャンスは十分あったと考えており、すでに次戦イタリアGPに向けて気合十分の様子だ。

メルセデス代表、リカルドの”ロケットスタート”を警戒。好調リカルドはやる気マンマン!

ミディアムタイヤでF1第7戦ベルギーGPをスタートするメルセデス勢は、4番手からソフトタイヤでスタートするルノーのダニエル・リカルドを警戒している。

予選4番手、“生き生きと走る”ルノー。低ダウンフォース仕様がお好み?

F1ベルギーGPではルノーが強さを発揮しているが、ドライバーのダニエル・リカルドはダウンフォースの少ないパッケージが好結果に結びついていると語った。

FP2でストップしたリカルド、パワーユニットとギヤボックスは問題なし?

ルノーF1のマネージング・ディレクターであるシリル・アビテブールによれば、ベルギーGPのフリー走行2回目でトラブルによりストップしたダニエル・リカルドのPUとギヤボックスには、ダメージが及んでいないという。

ルノー、いいとこ無しで今季初の無得点「これが今回限りだといいけど……」とリカルド

ルノーはF1スペインGPで今季初めて2台とも無得点に終わったが、ダニエル・リカルドは今回のような不調は今回限りであることを望んでいる。

表彰台を獲れば一緒にタトゥーを彫る? リカルド、アビテブール代表との“賭け”を語る

ルノーのダニエル・リカルドは、チーム代表のシリル・アビテブールとしているある“賭け”について説明した。

5番手発進も結果は14位……「ベッテルのようなスピンで傷口に塩を塗った」とリカルド

ダニエル・リカルドは、F1 70周年記念GPでのスピンによって傷口に塩を塗るような展開になってしまったと語った。

予選3位の”代役”ヒュルケンベルグを、フェルスタッペン&リカルドが称賛

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1 70周年記念GPで自身を上回る3位となったレーシングポイントで代役参戦するニコ・ヒュルケンベルグについて、F1にいるべき存在だと称賛した。

ルノーの実力はホンモノ? FP2で3番手のリカルド「大きな一歩を見つけた!」と自信

ダニエル・リカルドは、ルノーがマシンに関して”大きな一歩”を見つけ出したと語り、70周年記念GPのFP2で3番手となったパフォーマンスは本物だと語った。

グロージャンの動きは“グレー”か“黒”か? リカルドがドライバーたちに提言へ

ダニエル・リカルドはF1 70周年記念GPのドライバーズミーティングにおいて、ロマン・グロージャンのアグレッシブなブロックについて議題に挙げるつもりのようだ。

リカルド、オコンとの初チームメイトバトルはひとまず勝利「チームオーダーを求めていたかも」

ダニエル・リカルドは、F1シュタイアーマルクGPのレース中、チームメイトのエステバン・オコンを抜けなければ、チームオーダーを求めていただろうと語った。

リカルド、ストロールの強引なオーバーテイクに憤慨も……ペナルティは出されず

ダニエル・リカルドは、シュタイアーマルクGPの決勝レース終盤に、ランス・ストロールと接触した件で、ストロールにペナルティが科されるべきだったと語った。

リカルド「ムジェロでF1マシンを走らせたら……興奮間違いなし!」

今季のF1ではムジェロ・サーキットでのグランプリ開催が噂されているが、ダニエル・リカルドは同地での開催は“もの凄い”ことだと評価し、ワクワクするだろうと語った。

リカルド、来季チームメイトのノリスは10歳年下「“ちびっ子”と戦うのが楽しみ!」

ルノーのダニエル・リカルドは、今季も来季も若いチームメイトと切磋琢磨できることを楽しみにしていると語った。

マクラーレン移籍”即断”のリカルド「決断が遅ければ、シートはなかったかも……」

ダニエル・リカルドは、マクラーレン加入の決定が遅れていれば、シートを失うリスクがあったと語った。

近づくF1再開。リカルド、長期休暇明けのレースで“カオス”の発生を予測

ルノーのダニエル・リカルドは2020年のF1が再開されたときに、“長期休暇”から戻ってきたドライバーたちによって“混乱”が生まれることを予想している。

ノリス&リカルドのコンビがバサーストに参戦? マクラーレンCEOも高い関心

マクラーレンCEOのザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドとランド・ノリスのコンビが“バサースト1000”に挑戦するかどうかはカレンダー次第だと語った。

ルノー代表、来季のドライバー決定は“慎重”に行なうと発言。F1活動継続の布石か?

ルノーはチームを離れるダニエル・リカルドの後任を誰にするかについて、2020年シーズンが始まってから決定するようだ。

これまで85人のドライバーが参加。レッドブル・ジュニア・チームの価値とは?

レッドブルのジュニア・チームは、今年で20年目のシーズンを迎えている。このプログラムでは、これまで85人以上のジュニアドライバーをサポート。そこに多額の費用を投じてきた。しかし、それだけの価値はあったのだろうか?

ルノーを離れ、マクラーレンへ。リカルドの決断が持つ意味とは

ルノーを離れ、マクラーレンに移籍することを決めたダニエル・リカルド。中団チーム間での移籍は、彼のF1キャリアにおいてどんな意味を持つのか。

リカルド離脱で不透明になるルノーの将来。必要なのは”信頼できるドライバー”

ルノーF1のシリル・アビテブール代表は、ダニエル・リカルドの離脱を受けて、信頼できるドライバーが重要だと強調した。

ルノーF1がリカルド離脱にコメント「彼との議論は成功しなかった」

ルノーF1が、ダニエル・リカルドがマクラーレン移籍を決めたことについてコメントを発表。契約延長の交渉が「成功しなかった」と明かした。

【速報】ダニエル・リカルド、2021年からマクラーレンに加入

マクラーレンは2021年から、ランド・ノリスのチームメイトとしてダニエル・リカルドを迎えることを発表した。

リカルド、2021年マクラーレン移籍が決定か。フェラーリ加入のサインツ後任で

現ルノーのダニエル・リカルドは、2021年はマクラーレンに加入することになったようだ。早ければ今週中に正式な発表が行われる見込みだ。

ベッテルのシートを手にするのは誰? フェルスタッペンはサインツ有利と予想

マックス・フェルスタッペンは、チームを離脱するセバスチャン・ベッテルに代わってフェラーリのシートを得るのは、カルロス・サインツJr.だと考えているようだ。

新車の性能を”ほとんど”引き出せた。リカルド、開幕へ向け「ここまでは順調」

ルノーF1のダニエル・リカルドは、F1プレシーズンテスト最終日に、ルノーのニューマシンR.S.20から、現時点での最大限のペースを引き出すことができたと考えている。

リカルド、チーム移籍の”混乱”から脱出?「昨年のテストは異常だった」

ダニエル・リカルドは、ルノー在籍2年目を迎え、自身が正常な状態に戻ったと感じたようだ。

目指すはトップ4以上? ルノー、ニューマシンR.S.20を”チラ見せ”

ルノーF1チームが、2020年シーズンを戦うマシンR.S.20を発表した。そのマシンの全貌は明らかにせず、一部を”チラ見せ”するにとどめた。

NetflixのF1番組がアメリカでファン拡大の一助に? “主役”リカルドが好評価

ルノーのダニエル・リカルドは、Netflix製作のF1ドキュメンタリー番組の成功が、アメリカにおけるF1を有名にする助けになったと感じている。

リカルドの加入でルノーは“丸裸”に? 「我々はうぬぼれていたかも」とチーム代表

ルノーのシリル・アビテブール代表は、ダニエル・リカルドの加入によってチームが“丸裸”にされたと語ったが、それによって弱点が強調されたと認めた。

ルノーは現実を甘く見ていた?「こんなに後方を走るとは思わなかった」とリカルド

ダニエル・リカルドは、2019年シーズンの予想外の苦戦にルノーと自身が頭を悩ませていたことを認めた。

リカルド、古巣レッドブルのPPに悔しさなし?「彼らのダウンフォースには脱帽!」

ダニエル・リカルドはブラジルGP予選でのマックス・フェルスタッペン、そしてレッドブル・ホンダの“印象的な”活躍に対して、悔しさよりも嬉しさを感じていると主張した。

ルノー失格でクビアトが日本GP入賞、トロロッソがランク5位に接近。ルノーは控訴検討

F1日本GPの結果から除外されることとなったルノーは、裁定に対して控訴を検討しているようだ。

フェルスタッペン、理想の相棒はリカルド?「僕を高めてくれる人が良い」

マックス・フェルスタッペンは、ダニエル・リカルドのような経験豊富なドライバーが理想のチームメイトだと考えている。

急遽の台風オフ、グロージャン『ティレル6輪』作りに挑む……ハミルトンは東京へ?

台風接近によって土曜日のセッションが中止となったF1日本GP。多くのドライバーが降って湧いた休日に何をするか悩んだようだが、ロマン・グロージャンはティレルの6輪F1マシンのプラモデルを組み立てることにしたと言う。

リカルド、ルノー移籍の新たな“秘話”が明らかに。担当エンジニアの異動も一因に?

ダニエル・リカルドは、長年の付き合いだった担当エンジニアを失う可能性があったことが、ルノー移籍の一因だったと語った。

リカルド「MotoGPは大騒ぎになる」シルバーストン、“再々舗装”もバンプあり?

シルバーストン・サーキットの再舗装された路面だが、ダニエル・リカルドはMotoGPライダーたちは未だに残るバンプに対して大騒ぎになるはずだと語った。

レッドブルは僕がいた頃の方が速かった……リカルド、ルノー移籍を後悔せず

ダニエル・リカルドはレッドブル・ホンダが未だタイトルに程遠いことを理由に、ルノーへ移籍したことを後悔していないと語った。

リカルド、ルノーのマシンの“習性”を掴み、やる気十分「また表彰台に戻りたい」

ダニエル・リカルドは、ついにルノーのマシンに慣れてきたといい、R.S.19の“習性”を掴んだと語った。