F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
30 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
46 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
60 days
ロマン グロージャン
France
ドライバー

ロマン グロージャン

1986-04-17 (33歳)
8

懲りないグロージャン&マグヌッセン、またも同士討ち寸前……互いに正当性を主張

ハースの2台はドイツGPで、チームから釘を刺されているにも関わらず同士討ち寸前となる場面もあったが、ダブル入賞を果たした。

アップグレード版よりも速い……ハース、今後は“開幕戦仕様”のパッケージで参戦?

ハースのケビン・マグヌッセンは、アップグレード版のハースのマシンに進歩を感じないと語った。

怒りが収まらない……シュタイナー代表、”同士討ち”問題はまだ終わらず

ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、イギリスGPで起きたチームメイト”同士討ち”について大いに失望し、その気持ちは今も癒えていないと語った。

ハース、マグヌッセン車に空力アップデート投入。グロージャンは旧仕様を継続使用

ハースは、ドイツGPでケビン・マグヌッセン車に空力アップデートを導入。開幕当初のパッケージを搭載したロマン・グロージャン車との比較を継続するという。

言うことを聞け! ハース代表、“同士討ち”の解決策を考案中

ハースF1チームの代表、ギュンター・シュタイナーは2台がリタイア終わったイギリスGPでは、両ドライバーが指示に従わなかったと不満を漏らした。

ハース代表、イギリスGPの1周目”同士討ち”は「受け入れられるモノではない」

ケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは、イギリスGPのスタート直後に同士討ち。チーム代表のギュンター・シュタイナーは、「受け入れられないこと」だと語った。

ピットレーンでスピンの失態。グロージャン「タイヤが冷えていたのが原因」

ロマン・グロージャンは、イギリスGPのフリー走行1回目で喫した”無様な”ピットレーンでのスピンについて、タイヤが冷えていたことが原因だったと語った。

グロージャン、イギリスGPは”開幕仕様”の空力パッケージ使用。苦戦の原因究明へ

ハースF1チームはイギリスGPで、ロマン・グロージャンのマシンの空力を、開幕戦オーストラリアGPの仕様に戻すという決断をした。

リッチ・エナジー、ハースとのスポンサー契約を解消。理由は“成績不振”?

リッチ・エナジーは、ハースF1チームとのスポンサー契約を解消したことをTwitterで発表した。

「タイヤが問題」と言うのは簡単……ハース、改善への糸口を模索中

ハースのケビン・マグヌッセンは、昨年好成績を挙げたオーストリアGPで今年も速さを見せられるかどうかはわからないと語った。

苦戦続きのハースに、グロージャン「タイヤのせいにするのはもう止めよう」

ハースのロマン・グロージャンは、苦戦をタイヤのせいにするのは止めて、マシンの理解に努めるべきだと考えている。

母国GPなのに……グロージャン、アップグレード無しに“がっかり”

ハースのロマン・グロージャンは予選で下位に沈んだが、マシンは常に限界ギリギリだったと語っている。

渦巻くタイヤへの不満……F1はMotoGPのように“試験的タイヤ”を導入するべき?

F1はMotoGPから学び、シーズンを通して変更する実験用タイヤコンパウンドを持つべきだと、ロマン・グロージャンは考えている。

「今のF1はカートよりも疲れない」グロージャン、“給油の復活”を望む

ロマン・グロージャンは、125ccのカートを運転するほうがF1よりも疲れるとしており、F1はよりマシンをプッシュできるようにすることが必要だと語った。

グロージャンが強盗撃退。カナダ帰りの大活躍で、家族の”ヒーロー”に

ロマン・グロージャンは、今週初めに自宅に入った強盗から家族を守るという大活躍をしたようだ。

「まるで不運の”オリンピック”だ……」グロージャン、負の連鎖を嘆く

カナダGPの予選Q2で敗退を喫したハースのロマン・グロージャンは、今季の不運の連続を嘆いている。

ルクレール、“アグレッシブすぎた”との批判に「リスクを冒すしかなかった」

ニコ・ヒュルケンベルグは、シャルル・ルクレールのラスカスでの動きは“せっかち”で“野心的すぎた”と語った。

ガスリー、グロージャンのアタックを妨害。3グリッド降格ペナルティを受ける

レッドブルのピエール・ガスリーは、モナコGPの予選Q2でハースのロマン・グロージャンの走行を妨害したとして、3グリッド降格ペナルティを科せられることとなった。

ちゃんとピットボードを見ろ! ハース代表、ドライバーふたりに注意喚起

ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、モナコGPのフリー走行で黒旗が出されたことを機に、チームのドライバーがよりピットボードに注意を払うことを望んでいる。

スペインでのハース”同士討ち”は高くつく? グロージャン「避けられたはずだ」

ロマン・グロージャンは、スペインGPでのチームメイトとのバトルという、避けられたはずの接触をシーズン終盤に後悔する可能性があると警告した。

あわや同士討ちのハース、レース終了後にドライバーふたりを“緊急招集”

ハース代表のギュンター・シュタイナーはスペインGPのレース後、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの“わだかまりを解く”ためのミーティングを行ったことを明かした。

好調ハース、目標は打倒レッドブル! グロージャン「チャンスはあるはず」

ロマン・グロージャンは、スペインGP初日のパフォーマンスが好調だったことから、レッドブル勢と戦える可能性があると語った。

我々のマシンは中団で最も速い……ハース、タイヤ問題だけが唯一の懸念?

ロマン・グロージャンは、ハースF1チームがここ3レースで無得点にも関わらず、未だに中団チームで“最高のベースライン”を持っていると語った。

グロージャン、ハース苦戦の連続は“イライラする”。でも、“驚くことじゃない”

ロマン・グロージャンは、チームがタイヤの苦戦を繰り返していることについて、“驚くようなことではない”が、“イライラする”と語っている。