DTM挑戦のアルボン、あくまで狙うはF1復帰
モータースポーツにおいてセーフティカーは時代遅れなのか?
”鉄人”ザナルディ、4度目の手術乗り越え「声かけに手を動かし反応」
ハプスブルク、来年は日本での活動も”真剣”に検討
BMWのスーパーGT GT500クラス参戦はあるのか?

アレクサンダー・アルボンは、レッドブルでのテスト兼開発ドライバーとしての役割が、F1復帰の可能性を確保する上で、DTMでの活躍よりも大きな役割を果たすと考えている。

セーフティカーはF1に留まらず、WEC、スーパーGTなど、現在は様々なカテゴリーで導入されている。セーフティカーの是非、バーチャルセーフティカーなどの先進的システムが持つ可能性について、海外記者はどう考えているのだろうか?

ハンドバイクのイベント中に事故に遭い、治療を続けているアレッサンドロ・ザナルディは、外部からの刺激に反応するなど、回復に向けて前向きなステップを踏んでいるようだ。

フェルディナンド・ハプスブルクは、DTMのGT3ベースのマシンに変更されたことを受けて、来年は日本でレースを行なう可能性を検討していると語った。

BMWは、来季DTMがClass1規定の使用を中止することになったとしても、現行マシンを走らせるためだけにスーパーGTに参戦することはないと語った。

DTM挑戦のアルボン、あくまで狙うはF1復帰「DTMでの活躍よりも、自分の役割をしっかり果たすことが大事」

アレクサンダー・アルボンは、レッドブルでのテスト兼開発ドライバーとしての役割が、F1復帰の可能性を確保する上で、DTMでの活躍よりも大きな役割を果たすと考えている。

ゲルハルト・ベルガー、参戦チーム増加傾向のDTMに「GT3化の判断は正しかった」

DTMの運営団体を率いるゲルハルト・ベルガーは、強豪チームが相次いで参戦を表明したことは、DTMがGT3マシンをベースとした選手権にすると決断したことが正しかったことを裏付けていると語る。

F1王者バトンのGTチーム、DTMへのエントリーを取り下げ。コロナ禍と参戦コストが影響

F1王者ジェンソン・バトンがパートナーとなっているジェンソン・チーム・ロケットRJNは、予定していたDTMへのエントリーを取り下げ、2021年は英国での活動に注力することを決定した。

セーフティカーはもはや“時代遅れ”なのか? 海外記者が徹底考察

セーフティカーはF1に留まらず、WEC、スーパーGTなど、現在は様々なカテゴリーで導入されている。セーフティカーの是非、バーチャルセーフティカーなどの先進的システムが持つ可能性について、海外記者はどう考えているのだろうか?

DTM参戦のキャシディ、レッドブルとの強力コラボに興奮も「まずはフォーミュラEに集中」

レッドブルとタッグを組んだAFコルセからDTMに参戦予定のニック・キャシディは、レッドブルからチャンスをもらったことを喜んでいるが、まずは初めてフル参戦するフォーミュラEでの活動に全力を傾けたいと語った。

レッドブル、AFコルセと組みDTM参戦。アルボン、キャシディ、ローソンの強力布陣

レッドブルはAFコルセと組み、今季のDTMに参戦することを発表。マシンはフェラーリ488 GT3 EVOで、アレクサンダー・アルボン、ニック・キャシディ、リアム・ローソンの超強力な布陣でシーズンを戦うことになった。

アウアー、BMWとの契約を1年で解消。2021年のレースプログラムはどうなる?

ルーカス・アウアーとBMWはDTMで1シーズンを戦った後、その契約を双方合意の下で解消することとなった。

クビサ、GT3化のDTM残留は否定。将来的に耐久レースフル参戦を目指す

アルファロメオF1のテスト兼リザーブドライバーであるロバート・クビサは、2021年の活動においてDTM残留はせずLMP2クラスでの耐久レースフル参戦を目指しているようだ。

新生DTM、ベルガーは20台強がグリッドに揃うと予想。既に5チームが参加表明

DTMの運営を率いるゲルハルト・ベルガーは、2021年シーズンの同シリーズでは少なくとも5つのメーカーから20台のマシンが参戦することになると予想している。

”鉄人”ザナルディ、4度目の手術乗り越え「声かけに手を動かし反応」との報道

ハンドバイクのイベント中に事故に遭い、治療を続けているアレッサンドロ・ザナルディは、外部からの刺激に反応するなど、回復に向けて前向きなステップを踏んでいるようだ。

ハプスブルク、来年は日本での活動も”真剣”に検討「チャンスがあったら喜んで!」

フェルディナンド・ハプスブルクは、DTMのGT3ベースのマシンに変更されたことを受けて、来年は日本でレースを行なう可能性を検討していると語った。

BMW、Class1マシンを”走らせるため”だけにスーパーGTに参戦するのは「意味がない」

BMWは、来季DTMがClass1規定の使用を中止することになったとしても、現行マシンを走らせるためだけにスーパーGTに参戦することはないと語った。

DTM、アウディとBMWの”サポート”で継続。GT3発展型マシンを採用へ?

存続が危ぶまれていたDTMだが、アウディとBMWのサポートを受けて2021年も継続することが決定。しかし、プライベーター主導のGTベースのシリーズとして再編成されることになった。

窮地のDTMは来季以降どのマシンを採用する? GT3とLMDhが現実的な選択肢か

アウディ撤退後のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)ではGT3マシンを使用する可能性が最も高いとされているが、LMDhマシンの導入も候補に挙がっているようだ。

F1からDTMに転向のクビサ、適応は簡単ではない?「今まで学んだことは忘れないと」

ロバート・クビサは、DTMで経験豊富なライバルたちと競い合うことは「深海に飛び込むようなもの」であると語った。

アウディのDTM撤退、ロッテラーがドライバーたちに同情「時代が変わってきている」

DTMからアウディが撤退することが明らかになったが、アウディからWECを戦った経験のあるアンドレ・ロッテラーが、DTMドライバーの直面する状況に同情を寄せた。

DTM存続の危機……スーパーGTには”対岸の火事”? キャシディ「あまり影響ないはず」

ニック・キャシディは、DTMが存続の危機に瀕しているにもかかわらず、スーパーGTがDTMとのルール統合を進めたのには価値があったと語った。

アウディ「我々がDTMに止めを刺したわけではない」と批判に反論

アウディのモータースポーツ責任者であるディーター・ガスは、撤退を決めたことでアウディがDTMに”とどめを刺した”と言われるのは、かなり不公平だと考えている。

BMW、”挨拶”なしのアウディDTM撤退に憤慨「スポーツマンらしくない」

BMWは、アウディが突如としてDTMからの撤退を発表したことに、スポーツマンらしくないと不満を持っている。

アウディ撤退で窮地のDTM。生き残り策はGTEマシン採用か?

元DTMドライバーのアルフリート・ヘーガーは、2021年からClass1車両とGTE車両が混走することが、DTMを存続させる選択肢のひとつだと考えている。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。