フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
53 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

dtm News and Analysis

グリッド
リスト

DTM挑戦のアルボン、あくまで狙うはF1復帰「DTMでの活躍よりも、自分の役割をしっかり果たすことが大事」

アレクサンダー・アルボンは、レッドブルでのテスト兼開発ドライバーとしての役割が、F1復帰の可能性を確保する上で、DTMでの活躍よりも大きな役割を果たすと考えている。

ゲルハルト・ベルガー、参戦チーム増加傾向のDTMに「GT3化の判断は正しかった」

DTMの運営団体を率いるゲルハルト・ベルガーは、強豪チームが相次いで参戦を表明したことは、DTMがGT3マシンをベースとした選手権にすると決断したことが正しかったことを裏付けていると語る。

F1王者バトンのGTチーム、DTMへのエントリーを取り下げ。コロナ禍と参戦コストが影響

F1王者ジェンソン・バトンがパートナーとなっているジェンソン・チーム・ロケットRJNは、予定していたDTMへのエントリーを取り下げ、2021年は英国での活動に注力することを決定した。

セーフティカーはもはや“時代遅れ”なのか? 海外記者が徹底考察

セーフティカーはF1に留まらず、WEC、スーパーGTなど、現在は様々なカテゴリーで導入されている。セーフティカーの是非、バーチャルセーフティカーなどの先進的システムが持つ可能性について、海外記者はどう考えているのだろうか?

DTM参戦のキャシディ、レッドブルとの強力コラボに興奮も「まずはフォーミュラEに集中」

レッドブルとタッグを組んだAFコルセからDTMに参戦予定のニック・キャシディは、レッドブルからチャンスをもらったことを喜んでいるが、まずは初めてフル参戦するフォーミュラEでの活動に全力を傾けたいと語った。

レッドブル、AFコルセと組みDTM参戦。アルボン、キャシディ、ローソンの強力布陣

レッドブルはAFコルセと組み、今季のDTMに参戦することを発表。マシンはフェラーリ488 GT3 EVOで、アレクサンダー・アルボン、ニック・キャシディ、リアム・ローソンの超強力な布陣でシーズンを戦うことになった。

アウアー、BMWとの契約を1年で解消。2021年のレースプログラムはどうなる?

ルーカス・アウアーとBMWはDTMで1シーズンを戦った後、その契約を双方合意の下で解消することとなった。

クビサ、GT3化のDTM残留は否定。将来的に耐久レースフル参戦を目指す

アルファロメオF1のテスト兼リザーブドライバーであるロバート・クビサは、2021年の活動においてDTM残留はせずLMP2クラスでの耐久レースフル参戦を目指しているようだ。

アルボン、DTMではフェラーリ488 GT3をドライブへ。キャシディと交代で参戦?

レッドブルのサポートを受けて2021年のDTMに参戦するアレクサンダー・アルボンとリアム・ローソンは、同シリーズでフェラーリ488 GT3をドライブするようだ。

F1シート失ったアルボン、2021年はリザーブの傍らで新生DTM参戦へ

2020年でF1のレギュラーシートを失ったアレクサンダー・アルボンだが、彼は2021年にレッドブルの支援を受けてDTMへ参戦することになるようだ。

新生DTM、ベルガーは20台強がグリッドに揃うと予想。既に5チームが参加表明

DTMの運営を率いるゲルハルト・ベルガーは、2021年シーズンの同シリーズでは少なくとも5つのメーカーから20台のマシンが参戦することになると予想している。

”鉄人”ザナルディ、4度目の手術乗り越え「声かけに手を動かし反応」との報道

ハンドバイクのイベント中に事故に遭い、治療を続けているアレッサンドロ・ザナルディは、外部からの刺激に反応するなど、回復に向けて前向きなステップを踏んでいるようだ。

ハプスブルク、来年は日本での活動も”真剣”に検討「チャンスがあったら喜んで!」

フェルディナンド・ハプスブルクは、DTMのGT3ベースのマシンに変更されたことを受けて、来年は日本でレースを行なう可能性を検討していると語った。

クビサ、GT3ベースのDTM参戦には消極的?「僕が求めるモノじゃない」

元F1ドライバーのロバート・クビサは、GT3ベースのルールを採用するDTMに残るかどうかは分からないと話し、耐久レースに興味を持っていると示唆した。

“10年ぶりの表彰台”をDTMで叶えたクビサ「今季ずっと苦しんできた。最高の気分」

ロバート・クビサは、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)で初表彰台を獲得したことについて、今季苦戦していたことを考えれば予想外の結果だと語った。

BMW、Class1マシンを”走らせるため”だけにスーパーGTに参戦するのは「意味がない」

BMWは、来季DTMがClass1規定の使用を中止することになったとしても、現行マシンを走らせるためだけにスーパーGTに参戦することはないと語った。

DTM、アウディとBMWの”サポート”で継続。GT3発展型マシンを採用へ?

存続が危ぶまれていたDTMだが、アウディとBMWのサポートを受けて2021年も継続することが決定。しかし、プライベーター主導のGTベースのシリーズとして再編成されることになった。

窮地のDTMは来季以降どのマシンを採用する? GT3とLMDhが現実的な選択肢か

アウディ撤退後のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)ではGT3マシンを使用する可能性が最も高いとされているが、LMDhマシンの導入も候補に挙がっているようだ。

超多忙……F1&DTMのかけもちに”笑ってしまって”いたクビサ

ロバート・クビサは、新型コロナウイルスの大流行が発生する前、F1をDTMの業務を抱え、多忙になると予想されたスケジュールについて「ほとんど笑ってしまっていた」と語った。

F1からDTMに転向のクビサ、適応は簡単ではない?「今まで学んだことは忘れないと」

ロバート・クビサは、DTMで経験豊富なライバルたちと競い合うことは「深海に飛び込むようなもの」であると語った。

アウディのDTM撤退、ロッテラーがドライバーたちに同情「時代が変わってきている」

DTMからアウディが撤退することが明らかになったが、アウディからWECを戦った経験のあるアンドレ・ロッテラーが、DTMドライバーの直面する状況に同情を寄せた。

DTM存続の危機……スーパーGTには”対岸の火事”? キャシディ「あまり影響ないはず」

ニック・キャシディは、DTMが存続の危機に瀕しているにもかかわらず、スーパーGTがDTMとのルール統合を進めたのには価値があったと語った。

DTM、”存続の危機”に直面。グロック「生き残るチャンスは日に日に減っている」

ティモ・グロックは、アストンマーチンとアウディが撤退した後、2020年以降にDTMが生き残る可能性は減りつつあると話した。

アウディ「我々がDTMに止めを刺したわけではない」と批判に反論

アウディのモータースポーツ責任者であるディーター・ガスは、撤退を決めたことでアウディがDTMに”とどめを刺した”と言われるのは、かなり不公平だと考えている。

BMW、”挨拶”なしのアウディDTM撤退に憤慨「スポーツマンらしくない」

BMWは、アウディが突如としてDTMからの撤退を発表したことに、スポーツマンらしくないと不満を持っている。

アウディ撤退で窮地のDTM。生き残り策はGTEマシン採用か?

元DTMドライバーのアルフリート・ヘーガーは、2021年からClass1車両とGTE車両が混走することが、DTMを存続させる選択肢のひとつだと考えている。

DTM王者ラスト、アウディ撤退に複雑な心境「僕にとっては”最悪”のシナリオ」

2019年のDTM王者であるレネ・ラストは、アウディのDTM撤退は個人的に最悪のシナリオだと語った。

アウディが2020年いっぱいでDTM撤退を表明、今後はFEはじめ他カテゴリーに注力

昨年DTMを制したアウディ勢だが、2020シーズンいっぱいで同カテゴリーから撤退することが明らかとなった。

DTM会長のゲルハルト・ベルガー、アウディ撤退に落胆「大変厳しい日となった」

DTMを運営するITRのゲルハルト・ベルガー代表は、アウディがDTM撤退を決断したことについてコメントを発表。シリーズの将来にとって重大な局面に至ったことを認めた。

参戦メーカー数の減少に苦しむDTM。生き残るためにGT3マシンを採用?

ル・マン24時間レースで2度優勝、F1など様々なカテゴリーに参戦した元レーシングドライバーのハンス-ヨアヒム・シュトゥックは、DTMが今後も存続していくためには、GT3カーを導入するなど、新たな策が必要だと語った。

DTM、新型コロナウイルス対策の“7月開幕版”修正カレンダーを発表

ドイツツーリングカー選手権(DTM)が新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、2020年のスケジュールの大幅修正版を公開した。

アストンマーチン、DTM参戦継続は絶望的か。HWA所有の旧マシンでレースはできる?

アストンマーチンのDTM車両は、現在HWAが所有しているが、このマシンでレースをするためには、多くのハードルが残っている。

アストンマーチン撤退で、懸念されるDTMの将来

R-Motorsport/アストンマーチンが撤退したことで、BMWとアウディだけが残ることになってしまったDTM。同シリーズの将来は、ITR代表のゲルハルト・ベルガーの手腕にかかっている?

R-モータースポーツ/アストンマーチン、DTMから1シーズン限りでの撤退を発表

アストンマーチンのマシンを使い2019年のDTMに参戦したR-Motorsportは、わずか1シーズン限りで同シリーズから撤退することになった。

クビサ、BMWのカスタマーチームからDTMに参戦? スポンサーも関与か

アルファロメオF1チームのリザーブドライバーとなったロバート・クビサは、BMWの新しいカスタマーチームから、DTMに参戦する可能性が高まっている。

1年で日本を離れたアウアー、DTMとの日程衝突がSF継続参戦のネックに?

ルーカス・アウアーは、2019年に参戦したスーパーフォーミュラでたくさんの経験を積んだとして、もし2020年も継続参戦していれば“面白いこと”になっただろうと語った。

アクセルは左手、ブレーキは右手……ザナルディが両手で操作可能な自身のコックピットを解説

『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦したアレッサンドロ・ザナルディ。事故で両脚を失った彼は、ハイパフォーマンスなDTMマシンを両手だけでコントロールしている。

アストンマーチン、DTMでBMWのエンジン使用? SGTの3メーカーに問い合わせナシ

アストンマーチン・バンテージDTMを走らせるR-モータースポーツに、スーパーGTのメーカーがエンジンを供給する可能性は低いようだ。

”引退”も考えたトレルイエ、交流戦で意欲復活「スーパーGTかDTMで戦いたい!」

ブノワ・トレルイエは、レーシングドライバー引退も考えていたというが、『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参加し、考えが変わったという。

【タイム結果】スーパーGT×DTM特別交流戦レース2:大荒れのレースをカーティケヤン制す

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース2決勝は、#64 Modulo Epson NSX-GTのナレイン・カーティケヤンが優勝を果たした。

アストンマーチンCEO、GT500参戦へ前向き?「検討すべき多くの理由がある」

アストンマーチンのCEOであるアンディ・パーマーは、スーパーGTのGT500クラス参戦を検討するだけの”多くの理由”があると語る。

DTMホッケンハイムRace2決勝|ミューラー完勝。スーパーGT勢ウエットに苦しむ

DTMのホッケンハイム戦レース2の決勝レースが行われ、ゲスト参戦したスーパーGT勢はウエット路面に大苦戦し、バトンの16位が精一杯。優勝はアウディのニコ・ミューラーだった。

DTM:ロッケンフェラー予選最速もPPはミューラー。日本勢はキャシディが16番手

2019DTM最終戦ホッケンハイムのRace2予選は、アウディのマイク・ロッケンフェラーがトップタイムを記録した。

Race1決勝|ゲスト参戦のバトンがいきなり9位獲得! ラストが優勝

2019DTM最終戦ホッケンハイムのRace1。ゲスト参戦でホンダNSX-GTを駆るジェンソン・バトン がいきなり9位入賞を果たした。

王者ラストがRace1予選PP、スーパーGT勢ではバトンが大健闘の6番手を獲得

2019DTM最終戦ホッケンハイム。Race1公式予選ではレネ・ラスト(アウディ)がポールポジションを獲得した。

DTMに挑戦するスーパーGT勢。対峙の”鍵”はやはりハンコックタイヤへの理解

DTMのホッケンハイム戦にゲスト参戦しているスーパーGT勢。ジェンソン・バトンとニック・キャシディは、初めて使うハンコックタイヤを理解することが重要だと語った。

DTMホッケンハイム:金曜FPはウィットマン首位。SGT勢はバトン15番手が最上位

DTM最終戦ホッケンハイムの金曜フリー走行は、BMWのマルコ・ウィットマンが首位。スーパーGT勢はホンダのジェンソン・バトンが最上位だった。

“不屈の鉄人”ザナルディ、BMWから『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦決定!

元F1ドライバーでCARTのチャンピオンでもあるアレッサンドロ・ザナルディが、BMWのドライバーとして『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦することが明らかとなった。

DTM、2021年もしくは2022年にハイブリッドパワーへ移行か?

スーパーGTとの統一レギュレーション”クラス1”規定に沿ったエンジンを今季から導入したDTM。運営するITRの代表であるゲルハルト・ベルガーは、ハイブリッドパワーを追加することを検討していると明かした。

アウディ、スーパーGTのGT500参戦に興味「規則の違いが埋まる必要はあるが……」

アウディ・スポートを率いるディーター・ガスは、スーパーGTのGT500クラスに参戦することについて大いに興味を持っていると語った。

アストンマーチンのDTMプロジェクト、当初はホンダエンジン搭載計画だった?

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコによれば、アストンマーチンのDTMプロジェクトは、当初はレッドブルとホンダが加わる計画だったという。

DTMとスーパーGTが“クラス1”規定完成を発表。来年の交流戦も決定

DTMとスーパーGTが進めてきた「クラス1」規定が完成。2019年に2回の交流戦を行うことが決定した。

【DTM】アウディ、今シーズンから使用する新世代マシンを発表

DTMに参戦するアウディは、今シーズンから使用する新たなマシンを発表した。