エドアルド・モルタラ、メルセデス移籍を発表

デビュー以来アウディから参戦してきたモルタラは、来シーズンのメルセデス移籍を発表した。

 2011年のDTMデビュー以来、アウディでレースを続けてきた29歳のイタリア人ドライバーのエドアルド・モルタラ(Audi Sport Team Abt&sportsline)は、これまでの6年間で8勝を挙げてきた。

 彼は長年、上位でチャンピオンシップを争い、今シーズンもアウディの主力ドライバーとしてタイトルを争っていたが、マルコ・ウィットマン(BMW Team RMG)に4ポイント差で敗れた。

 メルセデスの代表を務めるウルリッヒ・フリッツは、「来年の我々のドライバーとして、エドアルド・モルタラの加入を発表できるのは喜ばしいことだ」と話した。

「エドアルドとメルセデスAMGは、すでに合意に達していたが、我々の同僚であるアウディのドライバーであった彼に敬意を払うためにも、タイトルを争っていた彼の加入を早期に発表できなかった」

「彼は経験あるドライバーであるうえに、素晴らしい性格の人間だ。完璧に我々のチームにふさわしい。彼とのパートナーシップがうまくいくことを楽しみにしている」

 メルセデスは、来年から6台体制にすることを発表しており、モルタラの加入によって、残りのシートは5つになった。なお、メルセデスのドライバーは、まだ誰も来年の計画を発表していない。また、HWAが6台を走らせることになっており、MückeとARTは参戦しないことになっている。

【関連ニュース】

メルセデス、来シーズンは6台体制で参戦することを発表/DTM

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ DTM
ドライバー Edoardo Mortara
チーム HWA AG
記事タイプ 速報ニュース