F1
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
06 8月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
08 8月
次のセッションまで……
22 時間
:
12
:
42
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

アウディ撤退で窮地のDTM、2021年は休止? ベルガー会長「それは良い案ではない」

シェア
コメント
アウディ撤退で窮地のDTM、2021年は休止? ベルガー会長「それは良い案ではない」
執筆:
2020/06/17 6:25

ITRの会長であるゲルハルト・ベルガーは、アウディが今季限りで撤退することを受け、2021年のDTMを一旦休止とする選択肢は”良い解決策ではない”と考えている。

 昨シーズン限りでアストンマーチンが、そして今シーズン限りでアウディが撤退することになったDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)。これにより、来季以降も参戦する可能性が残っているのはBMWの1社のみとなり、シリーズの存続が危ぶまれている。DTMを運営するITRは、シリーズ存続のために、様々な選択肢を考慮している。

Read Also:

 スーパーGTとの共通レギュレーションであるClass1規定を維持するのか、あるいはGT3レギュレーションに切り替えるのか、または2021年シーズンの1年間に限り、シーズンを休止するのか……いくつかの選択肢がある。

 休止という選択肢には前例もある。かつてのDTMは1996年限りで一旦廃止となり、2000年からメルセデス、アウディ、オペルの3メーカーが参戦して新たなスタートを切ったのだ。

 2021年を休息に充て、2022年にシリーズとして復活する可能性について尋ねると、ITR会長のゲルハルト・ベルガーは次のように語った。

「休息……私はそんなこと考えていない。それはうまく機能しないだろう」

 そうベルガー代表は語った。

「少し大きな会社があって、その活動を1年間止めることになれば、全ての生産ラインが止まるということになる。それを再び元に戻すのには、大変な労力が必要だ」

「それはDTMでも同じだと思う。すべてがあるべき位置にあり、準備が整っている。もし1年間停止するということになれば、それは良い選択肢ではないだろう。でも、現時点ではどんな可能性も除外するつもりはない。なぜなら、解決策がどうなるのか、まだ分からないからだ」

 ベルガー曰く、ITRが現在の危機をどう乗り切るのか、それについての答えはまだないとしつつも、GT3で流行しているパフォーマンス・ハンデキャップのシステムは好きになれず、DTMでその方式を採用することはないと断言した。

「我々は現在、あらゆる可能性を検討している。しかし正直なところ、まだ答えは見つかっていないので、お答えすることができない」

 そうベルガー代表は語る。

「現時点では、アウディが参戦を中止したことにより何が起きるのか、その全体の状況を明らかにし、今年をより良いシーズンにするために今何をしなければいけないのか、そして将来のDTMにどんな可能性があるのか……それについて議論しているところだ」

「Class1以外のレギュレーションは、それほど多くない。基本的にはGT3カーということになるが、それは異なる哲学だ。BoPなどに戻ることになるんだ」

「それが不可能だとは言わない。しかし現時点では、それが将来の問題を解決することになるとは言えない。将来について考える前に、まず解決しなければならないことが他にもあると思う」

Read Also:

F1からDTMに転向のクビサ、適応は簡単ではない?「今まで学んだことは忘れないと」

前の記事

F1からDTMに転向のクビサ、適応は簡単ではない?「今まで学んだことは忘れないと」

次の記事

超多忙……F1&DTMのかけもちに”笑ってしまって”いたクビサ

超多忙……F1&DTMのかけもちに”笑ってしまって”いたクビサ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ DTM
執筆者 Rachit Thukral