【DTM】アウディ、今シーズンから使用する新世代マシンを発表

DTMに参戦するアウディは、今シーズンから使用する新たなマシンを発表した。

 ドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦するアウディは、参戦3メーカー中最も早く新マシンを発表した。

 DTMでは今年から新たなマシンが導入される。このマシンは新しいエンジンとなり、さらにスーパーGTとの統一規則に沿う形で、様々な部分で”共通パーツ”が導入が推し進められている。

 今季のマシン変更の主な目的は、レースの魅力を向上させることにある。そのため、アウディ、 BMW、メルセデスの3メーカーは、より多くのパワーを持ち、ダウンフォースを削減したマシンを走らせることになる。

 エンジンは引き続きV8エンジンを使用するが、エアインテークや冷却システムを変更することによって、500馬力以上のパワーを生み出すことになる。

 車高は高くなり、フロントスプリッター、フロア、リヤディフューザー、リヤウイングのジオメトリー(配置)も変わり、ダウンフォースが削減される。

 現在は、コストカットのために3メーカーが同一のサスペンションを使うことになっている。またタイヤを供給するハンコックは、デグラデーションの大きいタイヤを用意。またスリックタイヤについては、タイヤウォーマーの使用が禁止される。

 アウディの新マシンは市販のRS5をベースにしているが、その外観は一新されている。

 アウディ・モータースポーツの代表を務めるディーター・ガスはmotorsport.comに対し、以下のように話した。

「新たなレギュレーションは、DTMというスポーツを向上させ、マシンをより魅力的なものにしていく中で、コスト削減を目指した大きな努力を反映している」

「DTMにとってもエキサイティングな時代だ。我々のマシンのダウンフォースは削減されたが、よりパワーがあって柔らかいタイヤもある」

【関連ニュース】

【DTM】2017年カレンダーが確定。全9ラウンド開催

【DTM】アウディ、ドライバーラインアップが確定。アプトが台数縮小

【F1,DTM】DTM運営に誘われたゲルハルト・ベルガー「今は難しい」

【WEC,DTM】デュバル、アウディDTM参戦が決定。残りの5名も発表

【DTM】BMW代表、クラス1規定の”チャンピオンズリーグ”熱望

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ DTM
チーム Team Joest
記事タイプ 速報ニュース
タグ dieter gass