【DTM】BMW、2017年のドライバーラインアップを発表

シェア
コメント
【DTM】BMW、2017年のドライバーラインアップを発表
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
2016/12/11 3:35

BMWは、来シーズンDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦するドライバーラインアップを発表した。

 DTMは、来シーズンから参戦台数を縮小し、各メーカー6台ずつの参戦となることを決定している。

 マーティン・トムチェクとアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、すでに今シーズン限りでDTMから離脱することを発表しており、BMWは、参戦台数が各メーカー6台になる来季のドライバーラインアップを選考してきた。

 今年チャンピオンを獲得したマルコ・ウィットマンを筆頭に、ブルーノ・スペングラー、ティモ・グロック、トム・ブロンクビスト、アウグスト・ファーファス、マキシム・マーティンの6人が来シーズンもBMWから参戦することが決まった。

 この6人はいずれもDTMで勝利を挙げており、その数はトータルで32勝だ。またウィットマンが2度、スペングラーが1度チャンピオンを獲得している。

 ウィットマンはグロックと共に来シーズンもTeam RMGに残留し、さらにここにファーファスが加わる。

 一方Team RBMはスペングラー、マーティン、ブロンクビストを擁してシリーズを戦うことになる。

 今シーズンDTMに参戦していたMTEKとSchnitzerは、GTレースに活動の場を移すことになる。

 MTEKは、2018年から世界耐久選手権(WEC)のGTE Proクラスに参戦することが決まっている。BMWは、トムチェク、ダ・コスタ、アレクサンダー・シムスの3人がこの準備に関わることも発表している。

【関連ニュース】

【DTM】BMW、2017年参戦体制発表。一部はWECワークスの準備担当

BMW、2018年からのWEC参戦計画を発表。LM-GTEクラスに挑戦

ダ・コスタ、DTM参戦は今季限り、今後はフォーミュラEに集中

メルセデス、来シーズンは6台体制で参戦することを発表

次の DTM ニュース
【DTM】デュバル、DTM参戦は「アウディの最終決定次第だ」

前の記事

【DTM】デュバル、DTM参戦は「アウディの最終決定次第だ」

次の記事

【DTM】BMW代表、クラス1規定の”チャンピオンズリーグ”熱望

【DTM】BMW代表、クラス1規定の”チャンピオンズリーグ”熱望
Load comments