登録

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本
速報ニュース

アウディのDTM撤退、ロッテラーがドライバーたちに同情「時代が変わってきている」

DTMからアウディが撤退することが明らかになったが、アウディからWECを戦った経験のあるアンドレ・ロッテラーが、DTMドライバーの直面する状況に同情を寄せた。

Ralf Jüttner, Oliver Jarvis, Loïc Duval, Lucas di Grassi, Benoît Tréluyer, Marcel Fässler, André Lotterer, Audi Sport Team Joest, Dr. Wolfgang Ullrich

Ralf Jüttner, Oliver Jarvis, Loïc Duval, Lucas di Grassi, Benoît Tréluyer, Marcel Fässler, André Lotterer, Audi Sport Team Joest, Dr. Wolfgang Ullrich

Audi Communications Motorsport

 2020年4月、アウディはフォーミュラEとカスタマーレーシングプログラムに集中するため、20年に及んで参戦してきたDTMからの撤退を表明した。

 これにより来季のDTMに参戦するメーカーはBMW1社のみとなってしまい、同シリーズの将来について深刻な疑問が生じることとなった。またシリーズだけではなく、6名のアウディのファクトリードライバーもキャリアを継続させるためには、どこか別のカテゴリーでドライブする場所を見つける必要に迫られる可能性もある。

 ニコ・ミュラー、ロビン・フラインスらはフォーミュラEでもレースをしており、後者はアウディのカスタマーチームであるヴァージン・レーシングから出走している。しかしレネ・ラスト、ロイック・デュバル、マイク・ロッケンフェラーそしてジェイミー・グリーンの4名は、近年はDTMが主戦場だった。

 アンドレ・ロッテラーはDTMではレースをしていないが、彼はアウディが2016年限りでWEC(世界耐久選手権)から撤退した際にアウディの一員であり、その後DTMに参戦するオファーをアウディから受けたという。しかし彼は、最終的に姉妹ブランドのポルシェへ移籍し、WECへの参戦を継続させている。

「当時僕はアウディのドライバーだった。そして彼らがWECから撤退した際、僕はまだ契約下にあった」

 ロッテラーはmotorsport.comに当時を振り返って語った。

「彼らは僕にアウディのドライバーとして留まるために、DTMのシートのオファーしてくれた。だけど僕はスポーツカーレースを続けたかったから、ポルシェに行ったんだ。レネ・ラストがそのシートを手にして、彼は見事にやりきった(2017年と2019年にタイトル獲得)。でも今となっては、彼が問題を抱えてしまっているようだ」

「たしかに、彼ら(アウディ)が撤退するのはDTMにとってもドライバーにとっても、非常に残念なことだ。歴史的に成功を収めてきたチャンピオンシップだし、常に強かった。でも時代が少しずつ変わっているのを実感させられる。モータースポーツはかなり速く変化していて、いくつかのチャンピオンシップにとって、それに素早く適応するのは難しいことだ」

 そう語るロッテラー。彼も2017年にポルシェがLMP1参戦を終了させたことで、再び放り出されてしまったが、レベリオン・レーシングのシートを得てWEC参戦を継続させ、さらにフォーミュラEでのレースシート確保にも繋げた。

 ポルシェがフォーミュラE参戦を目指す2019-2020シーズンより前の2017-2018シーズンにテチータと契約し、フォーミュラEへの参戦を開始したロッテラー。そして今季は晴れて、参戦をスタートさせたポルシェへと移籍している。

「アウディがLMP1を辞めた時から、悪い予感があった」と、ロッテラーは言う。

「そこでの成功にすごく満足していたんだけど、(撤退によって)僕の世界は180度変わってしまった」

「幸運なことに、僕はポルシェからWECを走るチャンスを得られた。特別で、光栄なものだった。だけど彼らも参戦を辞めてしまった」

「耐久レースは僕の人生そのものだ。だから僕は適応しなくちゃならない。ただチャンピオンシップでレースをしているとき、外の世界で何が進行しているかはよくわかっていないものだ」

「このことが僕に物事が急速に変わっていること、そしてフォーミュラEが未来であることを気が付かせてくれた。だから僕は自分自身を再定義し、ポルシェへと戻ったんだ」

 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 DTM存続の危機……スーパーGTには”対岸の火事”? キャシディ「あまり影響ないはず」
次の記事 今季のDTMでは”チームオーダー”が禁止に……アウディ代表が明かす

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」

新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」

スーパーGT

新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」 新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」

日本と世界を繋ぐ、トヨタの“ドライバーズファースト”な取り組み。その輪が広がってほしい!:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

日本と世界を繋ぐ、トヨタの“ドライバーズファースト”な取り組み。その輪が広がってほしい!:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

WEC

日本と世界を繋ぐ、トヨタの“ドライバーズファースト”な取り組み。その輪が広がってほしい!:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記 日本と世界を繋ぐ、トヨタの“ドライバーズファースト”な取り組み。その輪が広がってほしい!:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

ラウル・ハイマン、TGMからSFテスト参加が決定もレースシートは保証なし……「今はこの2日間だけ。後は天が決める」

ラウル・ハイマン、TGMからSFテスト参加が決定もレースシートは保証なし……「今はこの2日間だけ。後は天が決める」

スーパーフォーミュラ

ラウル・ハイマン、TGMからSFテスト参加が決定もレースシートは保証なし……「今はこの2日間だけ。後は天が決める」 ラウル・ハイマン、TGMからSFテスト参加が決定もレースシートは保証なし……「今はこの2日間だけ。後は天が決める」

アンドレ・ロッテラー、26年の“フォーミュラ”キャリアに終止符。フォーミュラEを離れWEC専念を発表

アンドレ・ロッテラー、26年の“フォーミュラ”キャリアに終止符。フォーミュラEを離れWEC専念を発表

フォーミュラE

アンドレ・ロッテラー、26年の“フォーミュラ”キャリアに終止符。フォーミュラEを離れWEC専念を発表 アンドレ・ロッテラー、26年の“フォーミュラ”キャリアに終止符。フォーミュラEを離れWEC専念を発表

フォーミュラE東京開催は間違いなく成功する! 日本にゆかりの深い”FEドライバー”4人がコメント。ロッテラー「日本のファンはこの日を待っていた」

フォーミュラE東京開催は間違いなく成功する! 日本にゆかりの深い”FEドライバー”4人がコメント。ロッテラー「日本のファンはこの日を待っていた」

フォーミュラE

フォーミュラE東京開催は間違いなく成功する! 日本にゆかりの深い”FEドライバー”4人がコメント。ロッテラー「日本のファンはこの日を待っていた」 フォーミュラE東京開催は間違いなく成功する! 日本にゆかりの深い”FEドライバー”4人がコメント。ロッテラー「日本のファンはこの日を待っていた」

ロッテラー、新時代迎えるフォーミュラEは「全く別物」になると予想。狙うは待望の初優勝

ロッテラー、新時代迎えるフォーミュラEは「全く別物」になると予想。狙うは待望の初優勝

フォーミュラE

ロッテラー、新時代迎えるフォーミュラEは「全く別物」になると予想。狙うは待望の初優勝 ロッテラー、新時代迎えるフォーミュラEは「全く別物」になると予想。狙うは待望の初優勝

最新ニュース

角田裕毅と意見が分かれたリカルド。終盤のチームオーダーに理解「指示されればユウキにポジション戻した。ポイント圏外は僕にとって何の意味も持たない」

角田裕毅と意見が分かれたリカルド。終盤のチームオーダーに理解「指示されればユウキにポジション戻した。ポイント圏外は僕にとって何の意味も持たない」

F1 F1
バーレーンGP

角田裕毅と意見が分かれたリカルド。終盤のチームオーダーに理解「指示されればユウキにポジション戻した。ポイント圏外は僕にとって何の意味も持たない」 角田裕毅と意見が分かれたリカルド。終盤のチームオーダーに理解「指示されればユウキにポジション戻した。ポイント圏外は僕にとって何の意味も持たない」

完勝フェルスタッペン、手応えバッチリ「クルマに一体感を感じた。こんなことはなかなかない」

完勝フェルスタッペン、手応えバッチリ「クルマに一体感を感じた。こんなことはなかなかない」

F1 F1
バーレーンGP

完勝フェルスタッペン、手応えバッチリ「クルマに一体感を感じた。こんなことはなかなかない」 完勝フェルスタッペン、手応えバッチリ「クルマに一体感を感じた。こんなことはなかなかない」

「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題

「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題

F1 F1
バーレーンGP

「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題 「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題

今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝

今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝

F1 F1
バーレーンGP

今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝 今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本