F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

アストンマーチンのDTMプロジェクト、当初はホンダエンジン搭載計画だった?

シェア
コメント
アストンマーチンのDTMプロジェクト、当初はホンダエンジン搭載計画だった?
執筆:
2019/04/05 3:20

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコによれば、アストンマーチンのDTMプロジェクトは、当初はレッドブルとホンダが加わる計画だったという。

 昨シーズン限りで撤退したメルセデスの後を受け継ぐ形で、今季からDTMに参戦するアストンマーチン。このプロジェクトは当初、メルセデスのパートナーを長年にわたって務めてきたHWAとレッドブルがサポートし、ホンダエンジンを搭載する形で、2020年シーズンから開始される計画だったという。

 レッドブルは、F1チームのタイトルスポンサーを務めるアストンマーチンと密接な関係を築いており、2社が協力することで、エイドリアン・ニューウェイのデザインによるハイパーカー”ヴァルキリー”を開発した。

 このレッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、DTMを運営するITR会長のゲルハルト・ベルガーと、アストンマーチンのDTMチームを運営するRモータースポーツのフロリアン・カーメルガーを、2018年始めにひき会わせたという。この結果、2018年限りで撤退したメルセデスの後を引き継ぐ形で、Rモータースポーツとアストンマーチンが、2019年からDTMに参戦することになった。

 しかしこのアストンマーチンのDTMプロジェクトは、2020年からスタートする予定だったという。そして、その時に搭載されるエンジンは、ホンダの計画だった。

 ホンダは、DTMで使われている2リッター4気筒エンジンを既に持っている。DTMはスーパーGTとレギュレーションを統一(クラス1)しており、エンジンは既に同規格。つまりスーパーGT用エンジンをDTMマシンに流用することができるのだ。

「Rモータースポーツが、ホンダエンジンを搭載したマシンを使い、そしてレッドブル・テクノロジーから一定のサポートを受けて参戦するというプロジェクトだった」

 マルコはmotorsport.comにそう語った。

「しかしホンダは、この計画を受け入れなかった。彼らはエンジンを持っている。しかし、DTMには興味がなかったんだ」

 ホンダがエンジン供給を断ったことで、レッドブルもRモータースポーツのプロジェクトに参加することについて、興味を失ったようだ。それはRモータースポーツが、メルセデスの傘下とも言えるHWAのサポートも受けることになっていたことが大きい。

「我々はメルセデスと関係の強いチームと仕事をすることについては、興味を持っていなかった」

 そうマルコは付け加えた。

「我々とメルセデスとの関係は、まだそれほど良くはないからね」

 レッドブルは、アウディからDTMに参戦したマティアス・エクストロームのスポンサーを、2001年から2017年までの長きにわたって務めた。また2014年から2017年には、BMWのドライバーであるアントニオ・フェリックス・ダ・コスタとマルコ・ウィットマンについてもサポートしていた。

次の記事
DTM最終戦にスーパーGTマシンが参戦か? 見えてきた交流戦計画

前の記事

DTM最終戦にスーパーGTマシンが参戦か? 見えてきた交流戦計画

次の記事

ニコ・ロズベルグ、DTMワイルドカード参戦の打診を断る

ニコ・ロズベルグ、DTMワイルドカード参戦の打診を断る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ DTM
チーム R-Motorsport
執筆者 Christian Nimmervoll