バレンティーノ・ロッシ、”近い将来”DTMに参戦することを約束?

シェア
コメント
バレンティーノ・ロッシ、”近い将来”DTMに参戦することを約束?
執筆:
2019/06/11 6:32

ヤマハのMotoGPライダーであるバレンティーノ・ロッシは、近い将来DTMにゲスト参戦することを、同シリーズを運営するITRのゲルハルト・ベルガー代表に”約束”したという。

 先日行われたDTMのミサノ戦、アウディのマシンにはドゥカティからMotoGP参戦中のアンドレア・ドヴィツィオーゾが、代役としてレースに挑んでいた。

 なおこのレースには、BMWのドライバーとして同じくMotoGP参戦中のバレンティーノ・ロッシを招へいする計画もあったことを、DTMを運営するITRのゲルハルト・ベルガー代表が認めている。今回はこれは実現しなかったものの、DTM側は依然としてロッシの参戦を期待しており、ロッシも近い将来の挑戦を検討するという。

 ロッシは日曜日、イタリアのランチからドイツのテレビ番組に出演。ミサノでのDTMのレースを見ていたかと尋ねられた際、次のように語った、

「僕はレースは見なかったけど、結果は知っているよ、ドヴィの動向を追っていた」

「ゲルハルトがミサノに招待してくれたのは、とても光栄だ。残念ながら、今回は行けなかった。でも、僕は一度約束したんだ。それほど遠くない将来に、僕は行くだろう」

 ロッシは最近、例年参戦してきたモンツァ・ラリーショーへの出走を取りやめ、ガルフ12時間に参戦することを明らかにしている。

 なおドヴィツィオーゾは、DTMのミサノ戦でアウディRS5 DTMをドライブし、12位と15位でフィニッシュ。セッションが進むに連れ、徐々にペースを改善していった。

 ロッシと戦うために、再びDTMに参戦する可能性があるかと尋ねられると、ドヴィツィオーゾは次のように語った。

「もちろんだ。そうなればとても良いだろう。より現実的になるなら、すでにDTMにいるドライバーたちと戦いたい」

 ロッシがミサノでのドヴィツィオーゾの進歩を追っていたことを知っていたかと尋ねると、彼は次のように語った。

「特に驚かないね。だって、彼は僕と同じように、このスポーツに対して大きな情熱を抱いているからね」

「彼はライダーがそのチャンピオンシップでできることを理解し、分析したかったのだろう。それはとても良いことだ」

 なおDTMのミサノ戦とブランズハッチ戦は、観客を集めるのに苦しんでいたサーキットだ。ドヴィツィオーゾの参戦がこれに好影響を与えることになったのか、それについて尋ねられたベルガー代表は、motorsport.comに対して次のように語った。

「それを言うのは、まだ時期尚早だ」

「誰かがプロとしてここにやってくるなら、それを示すことが重要だ。我々は彼らに、最高の可能性、道具やテストの機会を与える」

「競争力を手にするのは、常に難しいことだ。後方から追い上げるのはさらに難しいが、彼は素晴らしい仕事をした」

 なお今シーズンから、各メーカーは2回にわたってゲストドライバーを参戦させることができるようになっている。ただ今回のドヴィツィオーゾは、ゲストドライバーではなくピエトロ・フィッティパルディの代役としての参戦だった。

 BMWはまだこのゲストドライバーの計画を決定しておらず、アストンマーティンも同様だ。一方でアウディのモータースポーツ部門のトップであるディーター・ガスは、今シーズン中にさらに別のスターを登場させる可能性があることを示唆している。

【ギャラリー】DTMに参戦した、アンドレア・ドヴィツィオーゾ

次の記事
DTMが生き残るために電動化が必須? F1王者ロズベルグの提言

前の記事

DTMが生き残るために電動化が必須? F1王者ロズベルグの提言

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ DTM , MotoGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ 発売中
執筆者 Tom Errington
まずは最新ニュースを読む