平川所属のGドライブ、2017年のダブルタイトル獲得を達成

シェア
コメント
平川所属のGドライブ、2017年のダブルタイトル獲得を達成
2017/10/23 1:23

平川亮が所属するGドライブ・レーシングが、今年のELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)でチームタイトルを獲得した。

 ELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)の最終戦がポルティマオ(ポルトガル)で行われ、4位に入った22号車Gドライブ・レーシングが2017年のチームタイトルを獲得した。

 同チームには平川亮が在籍しているが、スーパーGTとの日程衝突により第3戦レッドブルリンクと第4戦ポールリカールを欠場。そのためチームメイトのレオ・ルーセルとメモ・ロハスはドライバーズタイトルとチームタイトルの両方を獲得したが、平川はチームタイトルのみの獲得となっている。

 この最終戦ポルティマオは、予選9番手からスタートした40号車のグラフが優勝を飾った。

 32号車のユナイテッド・オートスポーツにプレッシャーをかけていた40号車は、レース開始から1時間が経過する頃には首位の座を奪ったが、次のスティントでは再び32号車がトップに浮上した。

 しかし32号車がLMP3マシンの処理に手間取っていた隙に、40号車が首位を奪い返した。この2台は最後まで接戦を繰り広げたが、32号車がペナルティを科されてしまい、最終的には40号車が38秒の差をつけて優勝を果たした。

 32号車は終盤に27号車のSMPレーシングをパスし、2位でフィニッシュ。その27号車が3位で、これに続いて平川のドライブする22号車が4位でレースを終えた。

 LMP3クラスの優勝は11号車のユナイテッド・オートスポーツ、LMGTEクラスの優勝は77号車のプロトン・コンペティションだった。

Daniel Lloyd

 →【ランキング】LMP2クラス:チームランキング

【関連ニュース】

次の記事
【ELMS】第2戦モンツァ:平川、ペナルティ受けるも今シーズン初優勝

前の記事

【ELMS】第2戦モンツァ:平川、ペナルティ受けるも今シーズン初優勝

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ European Le Mans
イベント Portimao
ロケーション Algarve International Circuit
ドライバー Jody Fannin , John Falb , Leo Roussel , Memo Rojas , Rob Smith , 平川 亮 , Sean Rayhall , Will Stevens
まずは最新ニュースを読む