【バサースト12h】シュナイダー、メルセデスから出場決定

5度のDTM王者であるベルント・シュナイダーは、メルセデスからバサースト12時間レースに出場することが決まった。

 DTM(ドイツツーリングカー選手権)で5度のタイトル獲得しているベルント・シュナイダーは、ポール・ダラ・ラナ、ペドロ・ラミー、マティアス・ラウダと共にHTPモータースポーツからバサースト12時間レースに参戦する。

 HTPモータースポーツはこのレースでメルセデスAMG GT3を走らせるが、シェイン・バン・ジスバーゲン、クレイグ・ベアード、マーロ・エンゲルの所属するTeam STMも、同じくAMG GT3を採用する。

 メルセデスAMG・カスタマー・スポーツの代表を務めるヨッヘン・ビッツァーは、以下のように話した。

「今年のバサースト12時間レースは、レースファンにとって、最もエキサイティングなレースのひとつになるだろう」

「両方のチーム(HTPモータースポーツとTeam STM)と、AMG GT3をドライブするドライバーに関しては自信がある。(会場となる)マウントパノラマ・モーターレーシング・サーキットでAMG GT3マシンを走らせるのはこれが初めてなので、我々のブランドにとっても非常に重要なレースとなる」

「メルセデスは、このAMG GT Rをオーストラリアで初めて公開する。我々の新しいマシンは世界で最も素晴らしいトラックのひとつである、このマウントパノラマを走ることになる。大勢のメルセデスAMGのファンが、このマシンを見るのにふさわしい機会だ」

 またシュナイダーが、マウントパノラマ・サーキットでAMG GT Rのデモンストレーションラップを担当する。

【関連ニュース】

【耐久】千代勝正、2月バサースト12HにGT-R GT3で参戦予定

【耐久】バサースト12h:日産GT-R GT3、1台にトタルがオイル提供

【耐久】日産GT-R GT3、バサースト12hに向けてシェイクダウン

ニッサン、豪州スーパーカーへの参戦継続。GT選手権、バサースト12時間へも挑戦

 【デイトナ24h】アルバカーキ、接触に怒り「フェアじゃなかった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Endurance
ドライバー Bernd Schneider , Mathias Lauda , Paul Dalla Lana , Pedro Lamy
チーム Team HTP
記事タイプ 速報ニュース