鈴鹿10H参戦のTeam Honda MOTULがドライバーを発表

シェア
コメント
鈴鹿10H参戦のTeam Honda MOTULがドライバーを発表
執筆: 吉田知弘
2018/06/22 9:13

8月下旬に開催される鈴鹿10時間耐久レースにエントリーしている「Team Honda MOTUL」がドライバー体制を発表。山本尚貴、武藤英紀、中嶋大祐と全員GT500ドライバーという豪華ラインアップで臨む。

 8月24~26日に鈴鹿サーキットで開催される。第47回サマーエンデュランス「鈴鹿10時間耐久レース」に参戦を表明していたTeam Honda MOTULが、6月21日に参戦体制を発表。チーム監督には中野信治氏が就任し、ドライバーは山本尚貴、武藤英紀、中嶋大祐が3人となることが明らかとなった。

 HondaTeamMOTULは3月10日に公開されたSUZUKA 10Hの暫定エントリーリストに記載があったチームで、同日に行われた鈴鹿モータースポーツファン感謝デーにもカーボン地のボディにMOTULのロゴが貼られたマシンが登場。大きな注目を集めた。

 この時点ではチームとしてエントリー表明があっただけで、参戦ドライバーやチーム監督等は未定の状態だったが、6月22日に明らかとなり、チーム監督には元F1ドライバーでアメリカのCARTシリーズ、ル・マン24時間レースにも参戦経験のある中野信治氏が就任。ドライバーは今季スーパーGT500クラスで#100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴、さらに#16 MOTUL MUGEN NSX-GTの武藤英紀、中嶋大祐というメンバーが明らかにされた。

 すでにスーパーGTに参戦するチームやドライバーなどが明らかになっている中で、3人全員がGT500ドライバーというのは初のケース。鈴鹿サーキットをよく知るドライバーが揃っているだけに、ライバルからすると手強いチームになりそうだ。

次の記事
鈴鹿10H参戦のモデューロドラゴNSX、小暮卓史を第3ドライバーに起用

前の記事

鈴鹿10H参戦のモデューロドラゴNSX、小暮卓史を第3ドライバーに起用

次の記事

ARN RACINGが鈴鹿10Hの体制を発表、平手晃平が加入

ARN RACINGが鈴鹿10Hの体制を発表、平手晃平が加入
Load comments

この記事について

シリーズ Endurance
イベント 鈴鹿10時間耐久レース
ドライバー 中嶋 大祐 , 武藤 英紀 , 山本 尚貴
執筆者 吉田知弘