F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
18 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
11 days

今年はアウディが“真夏の鈴鹿”を席巻、Team WRTがRSモデル25周年を優勝で飾る

シェア
コメント
今年はアウディが“真夏の鈴鹿”を席巻、Team WRTがRSモデル25周年を優勝で飾る
執筆:
2019/08/27 10:15

2019鈴鹿10時間耐久レース。初の総合優勝を果たした#25 Audi Sport Team WRTの3人のドライバーがレースを振り返った。

 鈴鹿サーキットで行われたBHオークション鈴鹿10時間耐久レース2019でライバルを圧倒する速さで総合優勝を飾った#25 Audi Sport Team WRT。第1ドライバーを務めたドリス・バンスールは全員がミスなくスムーズに走れたことが勝利につながったと語った。

 予選から常に上位に食い込む速さを見せたアウディ勢。その中でもエースチームである25号車は、レース開始2時間のところでトップに立つと、それ以降はライバルを近づけさせない安定した走りを披露した。

 開始から6時間を迎えるところで#27 HubAuto Corsaがクラッシュし、セーフティカーが導入されたが、ここでも25号車に運が傾いた。この時点でトップを走っていた25号車と2番手集団の間に周回遅れのマシンが数台入ったことでアドバンテージがある状態で再スタートを切ることに成功。そこから後続とのギャップを徐々に広げていき、最終的には2位に入った昨年覇者の#999 Mercedes-AMG Team GruppeM Racingに対し40秒もの差をつけ、アウディ勢として初めて鈴鹿10Hを制した。

 優勝を果たした25号車の第1ドライバーを務めたバンスールは、アウディ勢の鈴鹿10H初制覇に携わることができ、感慨深い表情を見せた。

「優勝できて本当に嬉しい。僕たちにとっては特別な1勝となった。チームとしてもアウディとしても、この鈴鹿10Hという舞台で初めて勝つことができた。レース内容も非常に良かった。タフな戦いではあったけど、ミスなくスムーズに走ることができた」

 一方、第2ドライバーを務め、土曜日の公式予選では最速タイムをマークしたケルビン・ファン・デル・リンデは、3人のドライバーの平均ペースが良かったことが、勝利につながったと語った。

「こうして鈴鹿10Hという最高の舞台で優勝することができ本当に嬉しい。予選ではポールポジションを逃してしまったけど、決勝では何としても逆転するためにプッシュした」

「今回はふたりのチームメイトを含め、全員が良い仕事をした。特に3人のドライバーの誰が乗っていても、ずっと良いペースで走ることができた。これが勝因だったと思う」

 そして第3ドライバーのフレデリック・バービッシュは、マシンとチームが完璧な仕事をしていた分、ドライバーたちがベストを尽くして勝たなければいけないと、プレッシャーと戦いながらのレースしていたことを明かした。

「嬉しいという気持ちでいっぱいだ。今回はクルマも、チームもみんな完璧という状態のなかで、そこで僕たちがベストを尽くさなければ優勝できないというプレッシャーがあって、とてもチャレンジングなレースだった」

「それをしっかり乗り越えて表彰台の一番高いところに登ることができて、非常に嬉しく思っているし、チームやアウディをはじめ、みんなに感謝している」

 今年はアウディRSモデルが誕生して25周年を迎え、それを記念してTeam WRTのマシンはカーナンバー25を選択。アニバーサリー仕様のデザインが採用された。

 その中で、レース後半には#125 Audi Sport Team Absolute Racingとワンツー体制を形成。125号車は最後のピットストップで給油トラブルが発生し、7位でのフィニッシュとなったが、最終ラップまでアグレッシブな走りをみせた。

 またスーパーGTに参戦している#21 Audi Team Hitotsuyamaも、普段履き慣れていないピレリタイヤに苦戦しつつも、最後までミスなく走りきり17位。今回出走したアウディR8 LMSは3台全てがチェッカーを受け、アニバーサリーイヤーにふさわしいレースを披露した。

次の記事
ミカ・ハッキネン、初の鈴鹿10Hは22位完走「素晴らしい経験になった」

前の記事

ミカ・ハッキネン、初の鈴鹿10Hは22位完走「素晴らしい経験になった」

次の記事

決勝でペース上げられず……10位に終わった00号車グッドスマイルの片岡「これが僕たちの今のポジション」

決勝でペース上げられず……10位に終わった00号車グッドスマイルの片岡「これが僕たちの今のポジション」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Endurance
イベント Suzuka 10H
サブイベント 決勝
執筆者 吉田知弘