F1
05 9月
-
08 9月
イベント 進行中 . . .
19 9月
-
22 9月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
21 時間
:
31
:
36
スーパーGT
07 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
21 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
1 days
スーパーフォーミュラ
17 8月
-
18 8月
イベントは終了しました
28 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
8 days

鈴鹿10H 予選|トップ通過は25号車アウディWRT、ハッキネン擁する11号車は脱落

シェア
コメント
鈴鹿10H 予選|トップ通過は25号車アウディWRT、ハッキネン擁する11号車は脱落
執筆:
2019/08/24 7:30

2019鈴鹿10時間耐久レースの予選1回目が行われ、ポールシュートアウトに進出する20台のマシンが選ばれた。

 鈴鹿サーキットで開催されているBHオークションSMBC鈴鹿10時間耐久レースの公式予選が行われ、#25 Audi Sport Team WRTがトップ通過を果たした。

 鈴鹿10Hの公式予選では、第1、第2、第3ドライバーが15分ずつのセッションを走り、その中でそれぞれが記録したベストタイムの合計で順位が決められる。そのうちトップ20台が夕方に行われる「ポールシュートアウト」に進出できる。

 まず第1ドライバーが参加するQ1には元F1王者のミカ・ハッキネン(#11 Planex SmaCam Racing)が登場し注目を集めた。開始5分という段階でコースインしたハッキネンはしっかりタイヤを温め、セッションを折り返しを迎えるところでタイムアタックに入った。

 途中、トラフィックの影響が出そうなシーンもあったが、ハッキネンは冷静に対処し2分03秒340をマーク。13番手に食い込んだ。

 その直後、#2 CarsTokaiDream28の高橋一穂がデグナーでスピンしコースオフ。これにより赤旗が出されてセッション中断となった。すぐにコースクリアとなり約5分程度でセッションが再開された。

 ちょうど赤旗になるタイミングでタイムアタックを行なっていたマシンも多く、残り時間で再度タイムアタックをやり直すマシンでコース上が混雑したこともあり、有力チームもなかなか好タイムを出せないままセッション終了となった。結局トップは#75 SunEnergy1 Racingがトップタイムを記録した。

 続く第2ドライバー予選(Q2)では#27 HubAuto Corsaのニック・フォスターが2分01秒926を叩き出しまずトップに浮上したが、#25 Audi Sport Team WRTのケルビン・ファン・デル・リンデが2分01秒494を叩き出し逆転。合計タイムでの順位でもトップに躍り出た。

 一方、日本勢では#35 KCMG、#21 Audi Team Hitotsuyama、#87 JLOC、#00 Mercedes-AMG Team GOODSMILEらが20番手以内につけて第2ドライバー予選を終えた。

 最後の第3ドライバー予選(Q3)では、#88 JLOCのデニス・リンドがトップタイムをマークしたが、総合順位では25号車がトップを堅持し、ポールシュートアウトに向けてトップ通過を果たした。

 総合2番手には現在スーパーGTで活躍中のニック・キャシディ、ヘイキ・コバライネンらが乗り込む27号車が入り、総合3番手は#77 Mercedes-AMG Team CraftBamboo Racingがつけた。

 日本のチームやドライバーたちも躍進し、今回ル・マンのクラスウイナーらを起用している#777 CARGUY Racingが総合4番手、松田次生、千代勝正が乗る#35 KCMGが5番手につけた。

 また#30 Honda Team Motul、#87 JLOC、#00 Mercedes-AMG Team GOODSMILEも20番手以内に入りポールシュートアウトへ駒を進めた。

 一方、日本勢の中には脱落を余儀なくされたチームも多かった。特に第3ドライバー予選の終了直前まで20番手に留まっていた#18 TEAM UPGARAGEだが、最後の最後でポジションをひとつ落とし、21番手で敗退。昨年に続きエントリーしている#034 Modulo Drago CORSEは23番手となった。

 またミカ・ハッキネンが乗り込む11号車も第3ドライバーの石浦宏明が懸命にアタックしたものの、合計タイムで25番手となりポールシュートアウトは進出ならず。脇阪寿一・薫一兄弟が乗る#60 LM corsaは総合27番手となった。

 この後、17時35分からポールシュートアウトが行われ、上位20台のグリッドが決定する。

■鈴鹿10時間耐久レース予選結果(暫定)  
1 #25 Audi Sport Team WRT 6'06''522
2 #27 HubAuto Corsa 6'07''333
3 #77 Mercedes-AMG Team CraftBamboo Racing 6'07''338
4 #777 CAR GUY Racing 6'07''502
5 #35 KCMG 6'07''524
6 #88 JLOC 6'07''548
7 #107 Bentley Team M-Sport 6'07''597
8 #125 Audi Sport Team Absolute Racing 6'07''666
9 #018 KCMG 6'07''819
10 #34 Walkenhorst Motorsport 6'07''846
11 #999 Mercedes-AMG Team GruppeM Racing 6'07''925
12 #42 BMW Team Schnitzer 6'08''056
13 #912 Absolute Racing 6'08''123
14 #30 Honda Team Motul 6'08''303
15 #108 Bentley Team M-Sport 6'08''313
16 #21 Audi Team Hitotsuyama 6'08''697
17 #87 JLOC 6'08''937
18 #00 Mercedes-AMG Team Goodsmile 6'09''017
19 #44 Mercedes-AMG Team Strakka Racing 6'09''391
20 #75 SunEnergy1 Racing 6'09''580

<以上、ポールシュートアウト進出>
21 #18 TEAM UPGARAGE 6'09''935
22 #8 apr with ARN racing 6'09''978
23 #034 Modulo Drago CORSE 6'10''413
24 #911 EBM 6'10''860
25 #11 PLANEX SMACAM RACING 6'11''256
26 #37 Callaway Competition with BINGORACING 6'12''194
27 #60 LM corsa 6'15''003
28 #5 GTNET MOTORSPORTS 6'16''560
29 #43 Team Strakka Racing 6'16''838
30 #2 CarsTokaiDream28 6'17''575
31 #112 SATO-SS SPORTS 6'18''428
32 #188 Garage59 6'20''390
33 #9 MP Racing 6'21''821
34 #51 AMAC Motorsport 6'22'553
35 #98 ARROWS RACING 6'29''908
36 #6 WALL RACING / ADRIAN DEITZ 6'30''915

次の記事
鈴鹿10時間耐久レース フォトギャラリー(1)

前の記事

鈴鹿10時間耐久レース フォトギャラリー(1)

次の記事

鈴鹿10H ポールシュートアウト|BMWチームシュニッツァーがPP奪取!

鈴鹿10H ポールシュートアウト|BMWチームシュニッツァーがPP奪取!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Endurance
イベント Suzuka 10H
執筆者 吉田知弘