F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days

昨年のリベンジなるか? 武藤英紀「決勝で安定して速く走れるようにしたい」

シェア
コメント
昨年のリベンジなるか? 武藤英紀「決勝で安定して速く走れるようにしたい」
執筆:
2019/08/23 5:16

鈴鹿10時間耐久レースに#10 Honda Team Motulから参戦する武藤英紀が今週末に向けて意気込みを語った。

 鈴鹿サーキットで開催中のBHオークションSMBC鈴鹿10時間耐久レース。昨年に引き続き#10 Honda Team Motulから参戦する武藤英紀は、リベンジを果たすためにも、決勝でしっかりと速く走れるマシン作りを心がけていきたいと語った。

 今シーズン、Honda Team MotulはイタリアのJAS Motorsportが主導となり、インターコンチネンタルGTチャレンジにフル参戦している。その第4戦にも位置付けられている鈴鹿10Hには、現在スーパーGTで活躍中の武藤が一員として加わることとなった。

 同じHonda Team Motulとはいえ、昨年とは大きく体制が異なっているが、武藤は早くもチームに溶け込んでいる様子だった。

「鈴鹿に来てチームと合流して、雰囲気もいいですし、改めてピット内の様子を見ていると(チームの)クオリティが高いというか品位があるチームなので、やりがいを感じています。昨年とは違うチーム体制で、日本人は僕ひとりしかいない状況です。コミュニケーションもずっと英語でとっている状況ですが、それが自分の気質にも合っているのかなと思います」

 今年はイタリアに渡ってのテストも行なっている武藤。その時は今後の開発を見据えたテストがメインだったとのことで、直接鈴鹿10Hに向けたテスト等は行わなかったという。ただ、チームとコミュニケーションをとる良い機会になったのは間違いようで、すっかりチームの一員として定着している。

 また、彼と同じくスーパーGTに参戦するベルトラン・バケットがこのチームにいるのも、良い方向に働いていると語った。

「僕も普通に溶け込めている感じはありますし、雰囲気もいいです。バケット選手もこのチームにいるので、心強いです。ドライバー交代の仕方からタイヤの使い方もそうですし、ルールが(スーパーGTなどとは)けっこう違うので、その辺も詳しく教えてもらいながらやっています」

 昨年は総合18位で完走は果たしたものの、全体的に苦しい内容で終わった武藤。そのリベンジを果たしたいという想いは強いという。そのためにも、決勝で安定して走れるマシンのセッティングやタイヤの使い方を見極めていきたいと語った。

「リベンジしたいという気持ちで来ていますが、タイヤへの入力が大きいサーキットなのに加えて暑いので、NSX GT3にとってはあまり嬉しくない状況です。特にリヤタイヤが厳しいとチームも言っているので、そこをどう攻略していくかがポイントになります」

「金曜日の走り出しから鈴鹿に合ったタイヤの使い方とセッティングを見つけて、予選一発というよりも決勝でどれだけ安定して速く走れるかという部分に集中してやっていきたいです」

Read Also:

次の記事
鈴鹿10H|大雨のペイド プラクティス、999号車GruppeMがトップ

前の記事

鈴鹿10H|大雨のペイド プラクティス、999号車GruppeMがトップ

次の記事

鈴鹿10H フリー走行1回目|ウエット路面で脇阪兄弟が乗る60号車LM corsaが5番手

鈴鹿10H フリー走行1回目|ウエット路面で脇阪兄弟が乗る60号車LM corsaが5番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Endurance
イベント Suzuka 10H
ドライバー 武藤 英紀
執筆者 吉田知弘