「欧州勢との違いを感じた」GSR片山右京監督、鈴鹿10耐を振り返る「いつか勝ちたい」

シェア
コメント
「欧州勢との違いを感じた」GSR片山右京監督、鈴鹿10耐を振り返る「いつか勝ちたい」
執筆: 吉田知弘
2018/09/11 23:00

2018鈴鹿10H。日本のチームとしては最上位となる5位入賞を飾った#00 Mercedes-AMG Team GOOD SMILEの片山右京監督は、誇らしい結果と言いつつも、スパ24時間のリベンジは“完璧には果たせなかった”と語った。

 監督としてMercedes-AMG Team GOOD SMILEを率い、今年初開催となった鈴鹿10時間耐久レースを戦った片山右京は、総合5位という結果を「誇らしい」としながらも、「まだまだ学ぶことがある」と、今後勝利を目指すことを誓った。

 8月に鈴鹿サーキットで初開催された「鈴鹿10時間耐久レース」。日本チーム最上位となる5位を獲得したのは、#00 Mercedes-AMG Team GOOD SMILEだった。

 昨年のスーパーGT、GT300クラスのチャンピオンであるグッドスマイルレーシング&TeamUKYOは、いち早く今回の鈴鹿10Hにエントリー。昨年のスパ24時間を戦った谷口信輝、片岡龍也、小林可夢偉の3人体制で臨んだ。また鈴鹿10H限定でメルセデスパフォーマンスチームの一員となったため、チーム名も「Mercedes-AMG Team GOOD SMILE」となった。

 予選では不運もあり21番手からのスタートとなったが、決勝では3人のドライバーがミスなくバトンを繋ぎ、日本チームとしては最上位となる5位でフィニッシュ。またアジア圏のドライバーが2名以上在籍しているチームを対象にした「アジア賞」でもトップを飾った。

「ノーミス、ノートラブル……でもなくて、決勝日の朝から少しドタバタしたところがありました。(レースを通して)良いこともあり、悪いこともあったりしましたけど、結果的には普段スーパーGTで戦っているチームの中でダントツでしたし、ヨーロッパのチームと戦えたことはすごく誇らしいことだなと思います」

 片山監督はそう鈴鹿10耐のレースを振り返る。

 日本勢にトラブルやアクシデントが多発する中、着々と順位を上げていった00号車。片岡が担当した夜間走行の最終スティントでは#08 Bentley Team M-Sportに抜かれそうになるシーンもあったが、なんとか堪えて5位を死守した。こういった片岡の踏ん張りや、中盤スティントでの谷口の走りを見て、片山監督は改めて感心したという。

「谷口も片岡もすごいなと思いました。ずっと安定していたし、夜の最終スティントは、逆に僕の方が心配になって『大丈夫か? ちゃんと見えるか?』という感じになっていて……、『最初に(ル・マンで夜間走行を経験している)可夢偉に最終スティントを行かせた方が、目が慣れているからいいんじゃないか?』と言ったら、怒られてしまいました。もっと片岡を信用してあげればよかったですね。とにかく、本当に良かったです」

 チームは昨年惨敗を喫したスパ24時間のリベンジをテーマに掲げていた。今回の5位入賞により、スパ24時間のリベンジは果たせたのか……それを尋ねると、片山監督はこのように回答した。

「ちょっと……ですね。ドライバーもそうだし、安藝(貴範/エントラント代表)さんに聞いても、同じ答えだと思います。当然ですが、1番を獲らないと(リベンジできたと)納得はできません。もちろん、今回の結果は素直に誇らしいと思います。アジアのトップになれたわけですからね」

「でも、まだ勉強しなきゃいけない部分もあるし、どこか(ヨーロッパのトップチームと比べると)色々違うなと感じるところがありました。そういうものを習得して、いつか勝てればいいなと思います」

次の Endurance ニュース
鈴鹿10H|ホンダ勢は惨敗、山本尚貴「純粋に海外勢と勝負できなかった」

前の記事

鈴鹿10H|ホンダ勢は惨敗、山本尚貴「純粋に海外勢と勝負できなかった」

Load comments

この記事について

シリーズ Endurance
イベント 鈴鹿10時間耐久レース
ドライバー 谷口 信輝 , 片岡 龍也 , 小林 可夢偉
チーム GoodSmile Racing & Team Ukyo
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース