ロッシ、来年1月のガルフ12時間出場決定。チームメイトは弟マリーニ

MotoGPライダーのバレンティーノ・ロッシは、来年の1月にバーレーンで行われるガルフ12時間レースに、異母兄弟のルカ・マリーニと共に出走することになった。走らせるマシンはフェラーリ488 GT3である。

ロッシ、来年1月のガルフ12時間出場決定。チームメイトは弟マリーニ

 今季ヤマハ・ファクトリーチームのライダーとしてMotoGPを戦い、来季はペトロナス・ヤマハSRTに移籍することになっているバレンティーノ・ロッシが、来年1月にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されるガルフ12時間レースに出走することがわかった。

【ランキング】2020年MotoGPライダーズランキング

 ロッシがこのレースで走らせるのは、フェラーリ488 GT3。チームメイトは異母兄弟であり、来季MotoGP最高峰クラス昇格が決まっているルカ・マリーニと、ロッシの長年の友人でありビジネスパートナーでもあるアレッシオ・サルッチだ。

 このトリオは、昨年12月にアブダビで開催されたガルフ12時間にも参戦。プロ-アマクラスで優勝し、総合でも3位になった。

 レースの主催者は、ロッシのエントリーについて次のように声明を発表している。

「MotoGPの伝説的ライダーであるバレンティーノ・ロッシは、2021年1月9日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されるガルフ12時間レースで、四輪レースに戻ってくることになる」

「ロッシは、2019年にアブダビのヤス・マリーナ・サーキットでモンスターVR46・ケッセル・レーシングチームと共にガルフ12時間レースデビューを果たし、GT3のプロ-アマクラスで優勝。総合でも3位になった」

「彼はチームメイトのルカ・マリーニとアレッシオ・サルッチと共に、フェラーリ488 GT3で戻ってくる」

 なお今回のガルフ12時間レースは、新型コロナウイルスの影響により、開催地がアブダビからバーレーンに変更。さらに開催時期も12月から1月に移された。

Read Also:

シェア
コメント
バサースト12時間レース、2021年の開催を断念。新型コロナの渡航制限が影響

前の記事

バサースト12時間レース、2021年の開催を断念。新型コロナの渡航制限が影響

次の記事

KONDO RACING、2021年のニュルブルクリンク24時間レース参戦を断念。2019年に9位を獲得

KONDO RACING、2021年のニュルブルクリンク24時間レース参戦を断念。2019年に9位を獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Endurance
ドライバー バレンティーノ ロッシ
執筆者 Lewis Duncan