F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
2 days
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
24 days

MotoGP初のバーチャルレースイベント、勝者は“ルーキー”アレックス・マルケス

シェア
コメント
MotoGP初のバーチャルレースイベント、勝者は“ルーキー”アレックス・マルケス
執筆:
, Journalist
2020/03/30 6:27

新型コロナウイルスのパンデミックによりMotoGPの2020年シーズンは中断が続いているが、公式ゲームを使用したバーチャルレースが29日に実施された。優勝したのは今季デビューを果たすアレックス・マルケスだった。

 MotoGPの2020年シーズンは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け中断中。少なくとも5月中盤まではレースが行われない予定となっている。

 そうした状況の中、MotoGPは公式ゲームを使用したバーチャルレースイベントを立ち上げ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)をはじめとした実際のMotoGPライダーを参加させたレースを3月29日(日)に開催した。

 レースはムジェロ・サーキットを舞台に争われ、フォーマットは予選が5分、レースは6周で争われた。

 参加ライダーはマルク・マルケス、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、スズキのアレックス・リンスとジョアン・ミル、フランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)、ミゲル・オリベイラ(KTM)、イケル・レクオナ(テック3・KTM)、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)の計10名。

 予選ではクアルタラロがポールポジションを獲得し、バニャイヤ、ビニャーレスが続いた。

 レースはオープニングラップから4番手スタートのアレックス・マルケスが、バニャイヤとトップ争いを展開。一方ポールスタートだったクアルタラロは、オープニングラップでビニャーレスともども転倒。順位を下げてしまった。

 2周目にも転倒が続出。エスパルガロやミルがグラベルへと消えていった。

 バニャイヤが2周目に大きくコースオフを喫したことで、アレックス・マルケスがレースをリードする展開となった。バニャイヤはアレックス・マルケスに追いつこうとプッシュするが、最終ラップで転倒し、マルケスに追いつくことはできなかった。

 結局、アレックス・マルケスが後続に7秒差をつけて優勝する結果となった。2位はバニャイヤ、3位は序盤の転倒から挽回したビニャーレスが入った。

 MotoGPチャンピオンであるマルク・マルケスはレース途中までは表彰台圏内を走行していたが、中盤に転倒したことで5位で終えることになった。

 スズキ勢が6位にリンス、7位にミルと並び、8位にはオリベイラが入った。レクオナとエスパルガロはゲームの時間制限によりNCとなっている。

 当初このイベントはシリーズ化されるか不明だったが、MotoGPは近い将来更に多くのバーチャルレースイベントを開催する予定だと明らかにした。

 

Read Also:

Alex Marquez, Repsol Honda Team

Alex Marquez, Repsol Honda Team

Photo by: Honda Racing

次の記事
コロナ対策周知もMotoGPライダーの責任! マルケス兄弟、eスポイベントに気合十分

前の記事

コロナ対策周知もMotoGPライダーの責任! マルケス兄弟、eスポイベントに気合十分

次の記事

F1開幕延期の間、大活躍のノリス「eスポーツはF1に乗るより緊張する!」

F1開幕延期の間、大活躍のノリス「eスポーツはF1に乗るより緊張する!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , eSports
ドライバー アレックス マルケス
チーム Team HRC
執筆者 Josh Suttill