F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
33 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
20 days

F1ドライバーらによるeスポーツシリーズが発足。新型コロナウイルス対応の寄付金募る

シェア
コメント
F1ドライバーらによるeスポーツシリーズが発足。新型コロナウイルス対応の寄付金募る
執筆:
, Grand prix editor
2020/04/11 2:36

シャルル・ルクレールら6人のF1ドライバーは、新型コロナウイルス対応への支援金を集めるため、新たなeスポーツの選手権を立ち上げることを発表した。

 シャルル・ルクレール(フェラーリ)、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)の6名は、『Race for the World』という新たなeスポーツシリーズをスタートさせることを発表した。

 新型コロナウイルスの流行によりF1をはじめとするモータースポーツの開幕が遅れている中、F1は公式バーチャルレースを開催するなど、eスポーツを通してファンを楽しませてきた。そして今回はドライバー主導によるチャリティーイベントが発足した形だ。

 F1公式バーチャルGPで優勝したことも記憶に新しいルクレールは、自身のTwitterで次のようにコメントした。

「これを実現できてとても嬉しい」

「僕たちは団結しなければいけないと思うし、全てのグループがひとつになるのを見るのは素晴らしいことだと感じている」

 『Race for the World』は4月11日(土)、14日(火)、17日(金)の3夜にわたって開催され、いずれも日本時間の深夜に行なわれる。またこのイベントで集まった寄付金は、世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス対応基金に寄付される予定だ。ドライバーたちは10万ドル(約1084万円)を目標額としている。

 

 参戦ドライバーは、上記6人のF1ドライバー以外にも非常に豪華な顔ぶれが揃っている。フォーミュラEからはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ、FIA F2からはジュリアーノ・アレジ、カラム・アイロットら6名、そしてスーパーフォーミュラからはニック・キャシディが参加する。さらにレアル・マドリード所属でベルギー代表のゴールキーパーを務めるサッカー選手、ティボー・クルトワも名を連ねた。

 

Read Also:

次の記事
MotoGPバーチャルレース第2弾の参戦ライダーが公表。ロッシも名を連ねる

前の記事

MotoGPバーチャルレース第2弾の参戦ライダーが公表。ロッシも名を連ねる

次の記事

F1ドライバーら参加の新eレース開幕。新型コロナ対策に予想以上の寄付金集まる

F1ドライバーら参加の新eレース開幕。新型コロナ対策に予想以上の寄付金集まる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ eSports
執筆者 Luke Smith