5月2日のインディiRacingチャレンジ第6戦、舞台は聖地インディアナポリスに決定

インディカーシリーズとiRacingがタッグを組んで開催中のバーチャルレース。今週末に行なわれる第6戦の舞台は聖地インディアナポリス・モータースピードウェイになることが決まった。

5月2日のインディiRacingチャレンジ第6戦、舞台は聖地インディアナポリスに決定

 現役のインディカードライバーが参戦しアメリカではテレビ中継も行なわれている本格バーチャルレース「INDY CAR iRacing Challenge」。5月2日に開催される第6戦のは伝統のインディ500が開催されるインディアナポリス・モータースピードウェイが舞台になることが明らかとなった。

 新型コロナウイルスの感染拡大によりレースシーズンの開幕が遅れる中、レース開催を待ちわびるファンに少しでもレースでの興奮を届けようと、インディカーシリーズとiRacingがタッグを組みバーチャルレースをスタート。レースを重ねるごとに現役のインディドライバーの参戦者数も増え、佐藤琢磨も第4戦ツインリンクもてぎ(オーバル)からエントリーしている。

 先週末に行なわれた第5戦サーキット・オブ・ジ・アメリカではF1ドライバーのランド・ノリスが緊急参戦。並み居るインディドライバーを退け見事優勝を飾った。

 さらにアメリカでは第3戦からテレビ中継もスタートし、バーチャルレースとは言えど、その開催規模は本物のレースと変わりないほどになっている。

 そんな中、日本時間の5月2日(土)27時30分から行なわれる第6戦は100年以上の歴史を誇るインディ500の舞台「インディアナポリス・モータースピードウェイ」になることが、インディカーの公式Twitterで正式にアナウンスされた。

 なお決勝周回数や参加ドライバーのエントリーリストなど、詳細については後日明らかにされる模様だ。

 

Read Also:

 

シェア
コメント
TGRドライバーによるeモータースポーツが開幕、宮田莉朋が2連勝を飾る

前の記事

TGRドライバーによるeモータースポーツが開幕、宮田莉朋が2連勝を飾る

次の記事

F1公式ゲーム最新作『F1 2020』のプレイ動画が公開。ザントフールトをRB16が走行

F1公式ゲーム最新作『F1 2020』のプレイ動画が公開。ザントフールトをRB16が走行
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar , eSports
執筆者 吉田知弘