F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
46 days

バーチャル・ル・マン24時間を、レベリオンの1号車が制す。トヨタ8号車が11位

シェア
コメント
バーチャル・ル・マン24時間を、レベリオンの1号車が制す。トヨタ8号車が11位
執筆:
2020/06/14 13:21

バーチャル・ル・マン24時間レースは、いくつかのトラブルがあったものの無事に終了。レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツ1号車が総合優勝を飾った。

 世界中から超豪華ドライバー・シムレーサーがバーチャルで一堂に会し、開催された史上初の試みである『バーチャル・ル・マン24時間レース』。24時間のレースが無事に終了し、レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツの1号車が総合優勝を果たした。

Read Also:

 サーバートラブルが原因でレース残り4時間30分の時点で赤旗が出され、残り3時間30分を前に再開となった終盤戦。LMP2クラスは同一周回の1号車、レベリオン13号車、バイコレス4号車が総合優勝を巡って激しいバトルを繰り広げた。

 そんな中でも、赤旗中断前から大きなリードを築いていたレベリオン1号車はふたたび差を広げていき、首位の座を盤石なものにしていった。バイコレス4号車は、一度はレベリオン13号車を交わし2番手に上がったものの、残り2時間30分の段階で抜き返され3番手へと下がった。

 残り時間が1時間を切ると、多くのチームが”エース”のシムレーサーにマシンを託し、トップ争いはさらに激化。レベリオンの2台は最後まで走り切れるかどうかギリギリだと思われる残り時間38分ごろにピットインした一方、バイコレス4号車はそれよりも1周遅くピット作業を済ませた。

 バイコレス4号車がコースに復帰した時点で、トップのレベリオン1号車との差は約20秒。2番手のレベリオン13号車とは1秒というギャップだった。

 4号車は13号車のテールに張り付き、熾烈なバトルを展開。残り20分というところで、13号車がダンロップカーブで膨らんだスキを見逃さず、4号車がオーバーテイクするも、13号車も追いすがりインディアナポリス・コーナーで抜き返した。しかし4号車はポルシェ・カーブでサイドバイサイドのバトルを仕掛け、見事にオーバーテイクを完遂。1周に3度のオーバーテイクが行なわれたバトルを制した。

 だが、4号車は20秒ほどあった1号車との差を削り切るには至らず。結局レベリオン1号車はガス欠を起こすことなくチェッカーを受け、総合優勝を飾った。

 トヨタ勢は、レース序盤にクラッシュを喫した8号車が11位まで挽回。一時はトップ争いも演じたトヨタ7号車は、14位でのフィニッシュとなった。

 GTEクラスは、ポルシェ・Eスポーツ・チーム93号車がクラス優勝。終始安定した走りを見せ、2位のアストンマーチン・レーシング95号車に1周差をつけた。

Read Also:

次の記事
バーチャルならでは? 仮想ル・マン24時間、サーバートラブルで2度目の赤旗中断

前の記事

バーチャルならでは? 仮想ル・マン24時間、サーバートラブルで2度目の赤旗中断

次の記事

F1バーチャル最終戦|ラッセルが隙のない走りで4連勝、“バーチャル”王者に輝く

F1バーチャル最終戦|ラッセルが隙のない走りで4連勝、“バーチャル”王者に輝く
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ eSports
イベント Le Mans 24 Virtual
サブイベント Race
執筆者 松本 和己