プレビュー

バーチャル・ル・マン24時間、エントリーリストが確定。F1、WEC、FEから超豪華メンバー揃う

6月13〜14日に開催されるバーチャル・ル・マン24時間レースのエントリーリストが発表。リアルの世界からも、多くのトップドライバーが参戦することが確定した。

 6月13日〜14日にかけて開催されるバーチャル・ル・マン24時間レースに、世界中のトップドライバーが参戦することが決まった。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、9月19〜20日に開催が延期されることになった今年のル・マン24時間レース。しかし、本来レースが開催される予定だった6月13〜14日にかけて、バーチャルの世界で24時間レースが行なわれることになった。

 シミュレータソフト”rFoctor2”を使って争われるこのレースには、LMP2とLM-GTEの2クラス合計で50台がエントリー。それに乗るドライバーラインアップも、実に豪勢なモノとなった。世界中でレースの開催がストップしている今、カテゴリーを問わず、様々なトップドライバーが集まったのだ。

 まず現役F1ドライバーからは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がエントリー。さらにF1王者経験者のフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン、インディ500勝者のファン-パブロ・モントーヤとシモン・パジェノーもこれに加わっている。この他、WECレギュラー参戦組のセバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、小林可夢偉らも、LMP2クラスながらTOYOTA GAZOO Racingから参戦。同チームには山下健太も加わっている。

 彼らを含め、F1、WEC、フォーミュラE、インディカー、FIA F2などから、多数のドライバーが参戦。さらにここにeスポーツのトップレーサーが加わり、オンライン上の激戦に彩りを与える。

 バーチャル・ル・マン24時間レースのエントリーリストには、下記リンクからアクセスすることができる。

バーチャル・ル・マン24時間レース:エントリーリスト

 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ”替え玉不正”でアウディ更迭のアプト、事件を説明「ただ面白いことをしたかった」
次の記事 カルデロンの代打でSFバーチャル戦に参加した道上監督「難しくもあり面白かった」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本