F1
25 9月
Race まで
06 時間
:
36
:
54
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
5 days
スーパーフォーミュラ

FEバーチャル第2戦もギュンターが強さ発揮、独走で2連勝飾る

シェア
コメント
FEバーチャル第2戦もギュンターが強さ発揮、独走で2連勝飾る
執筆:

フォーミュラE公式のバーチャルレース「レース・アット・ホーム・チャレンジ」の第2戦が行なわれ、前回に続きマキシミリアン・ギュンターが優勝を飾った。

 新型コロナウイルス感染拡大による影響でレース開催が困難になっている状況の中、フォーミュラEがオンラインでのバーチャルレース「フォーミュラE“レース・アット・ホーム・チャレンジ”」を開始。その第2戦が日本時間の5月2日夜に行なわられ、開幕戦に続いてマキシミリアン・ギュンターが堅実な走りを見せて優勝した。

 今回の舞台はオリジナルコースである「ジャージー・シティ」となった。前回の第1戦ではレギュラー参戦をしていないドライバーも参加したが、今回は2019-2020シーズンに参戦する現役ドライバー24人全員が集結。予選からハイレベルな戦いが繰り広げられた。

 そんな中、ポールポジションを奪ったのは前回に続きストフェル・バンドーン。第1戦の覇者であるギュンターを0.087秒上回る1分22秒503を記録した。ギュンターがフロントロウに、並び3番手にアンドレ・ロッテラー、4番手にパスカル・ウェーレインが続いた。

 15周で争われた決勝レース。バンドーンはスタートダッシュこそ鈍ったが先頭を守った。しかし、シケイン状でタイトになっているターン1で挙動を乱しウォールに激しくヒット。これで失速してしまい順位を落とした。

 代わってギュンターがトップに浮上し2番手にロッテラー、3番手にオリバー・ローランドが続きオープニングラップが終了した。一団は2周目に突入したが、そのターン1でロッテラーがクラッシュを喫してしまいリタイヤ。真後ろを走っていたローランドも巻き添えを食らい14番手まで後退してしまった。

 その後もターン1でクラッシュ喫するマシンが後を絶たなかった。3周目にフェリペ・マッサ、6周目にはミッチ・エバンスが相次いでマシンをウォールにぶつけてしまいリタイヤ。8周目にはセバスチャン・ブエミもターン1の餌食となりマシンが一瞬宙を舞うようなクラッシュを喫し、周辺を走っていたマシンも大混乱となった。

 次々と後続が脱落していったことによりトップのギュンターは3秒以上のリードを築いたのだが、2番手に浮上したウェーレインが徐々に差を縮めていった。

 レースの折り返しを過ぎた9周目にギュンターとの差を0.3秒にしたウェーレイン。トップ攻略かと思われたが、10周目のターン1でウォールに接触しスピンしてしまった。すぐに走行を再開したものの、ギュンターとの差は10秒に広がってしまった。さらにウェーレインは接触の際、マシンにダメージを負ったのかペースが上がらず、後続に次々と抜かれ最終的に7番手まで順位を落とした。

 結局、全く危なげない走りでトップを守り続けたギュンターが最終的に後続に対して10秒以上の大差をつけて2連勝を飾った。2位にはロビン・フラインス、3位にはニコ・ミューラーが続いた。スタート直後のアクシデントで順位を落としたバンドーンは5位で第2戦を終えた。

 ターン1でのクラッシュが相次いだこともあり、全24台のうち半分の12台がリタイヤするという波乱のレースとなった。

Read Also:

ついに現役ドライバー24名が全員集結!:FEバーチャル選手権第2戦プレビュー

前の記事

ついに現役ドライバー24名が全員集結!:FEバーチャル選手権第2戦プレビュー

次の記事

インディiRacingチャレンジ“衝撃の最終戦”をマクログリンが制す

インディiRacingチャレンジ“衝撃の最終戦”をマクログリンが制す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE , eSports
執筆者 吉田知弘