MotoGPバーチャルレース第2弾の参戦ライダーが公表。ロッシも名を連ねる

新型コロナウイルスの影響で中断の続くMotoGPだが、4月12日に行なわれるMotoGPライダーによるバーチャルレース第2戦の参戦ライダー10名が公表された。

MotoGPバーチャルレース第2弾の参戦ライダーが公表。ロッシも名を連ねる

 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、2020年のMotoGPは延期が続いている。

 MotoGPはその他のモータースポーツ同様に、レースのない空白期間に公式ゲームを使用したバーチャルレースを開催することを決め、3月末にはムジェロ・サーキットを舞台に初戦が行なわれた。

 そして4月12日には、バーチャルレースの第2戦が開催される。

 第2戦には10名のMotoGPライダーが参加する予定だ。ヤマハからはマーベリック・ビニャーレス、そして前回は最終的に参加を取りやめていたバレンティーノ・ロッシも参加する。

 レプソル・ホンダからはマルク・マルケス、そしてアレックス・マルケスが1戦目に続いて参加。ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロ、プラマックのフランチェスコ・バニャイヤも前回に引き続き参戦する。

 また前回は参加していなかったチームからは、ドゥカティのダニーロ・ペトルッチと、テストライダーのミケーレ・ピッロ、LCRホンダの中上貴晶、アビンティアのティト・ラバトが参加する。

 第2戦の舞台となるのはオーストリアGPの行なわれるレッドブル・リンク。フォーマットは予選が5分間、決勝レースが10周となっている。

 配信予定時間は、日本時間で22時からを予定している。

 

Read Also:

シェア
コメント
企画『eスポーツを知る』第1回:今さら聞けない“eレーシング”の世界

前の記事

企画『eスポーツを知る』第1回:今さら聞けない“eレーシング”の世界

次の記事

F1ドライバーらによるeスポーツシリーズが発足。新型コロナウイルス対応の寄付金募る

F1ドライバーらによるeスポーツシリーズが発足。新型コロナウイルス対応の寄付金募る
コメントを読み込む