笹原右京、F3ヨーロッパ選手権への参戦が決定。スパ&イモラの2戦

フォーミュラ・ルノー2.0などで活躍した笹原右京が、F3ヨーロッパの2ラウンドに挑戦することがわかった。

  笹原右京は今季、SRS(鈴鹿サーキット・レーシングスクール)-Formulaで腕を磨いており、つい先日その全行程を修了。スカラシップ候補生として、9月から始まる選考会へと駒を進めた。

 また、その合間に行われるF3ヨーロッパ選手権の2レースに、ThreeBond with T-Sportから出走することが決まり、FIA-F3のホームページ等で発表された。

 笹原が出走するのは、7月28〜30日に行われるスパ・フランコルシャン(ベルギー)戦と、9月30日〜10月2日に行われるイモラ(イタリア)戦の2イベントである。

 今回の決定について笹原は、次のようなコメントを発表している。

「9カ月ぶりのフォーミュラカーレースがF3マシン、そして大好きなスパフランコルシャンサーキットということで、今はレースウィークが待ち遠しい気持ちでいっぱいです」

「レースで使用するパワートレインは東名エンジンビルドのスリーボンドエンジンということで、是非日本の皆様には僕個人以上にチーム全体への応援でも盛り上がっていただければと思います」

 また、ThreeBond with T-Sportのチーム代表であるラッセル・エアコットは「右京は、2014年の11月に彼が我々のチームでテストした後、常に我々は気にしていた存在だ。彼は、ドライバーとして理想的な候補だ。我々は今回の出走が、2017年のレギュラードライブに繋がることを願っている」と語っている。

 笹原は2013〜2015年にフォーミュラ・ルノー2.0に参戦。NECシリーズで2勝を挙げると共に、ユーロカップ唯一の勝利をスパ・フランコルシャンで果たしている。

 T-スポーツは、レギュラードライバーのアルジュン・マイニが離脱したため、直近のノリスリンク戦を欠場。また、笹原のコメントにもある通り、開幕戦で使用した後搭載されていなかったThreeBondエンジンを、スパから再び使用することになるという。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F3 Europe
イベント名 スパ
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Ukyo Sasahara
チーム T-Sport
記事タイプ 速報ニュース