2018年ヨーロッパF3選手権カレンダーが発表。WECの影響で5月開幕

シェア
コメント
2018年ヨーロッパF3選手権カレンダーが発表。WECの影響で5月開幕
執筆: Marcus Simmons
2017/12/08 8:51

ヨーロッパF3選手権の2018年シリーズカレンダーが発表され、今年よりも遅い5月中旬のポーで開幕することが明らかになった。

 ヨーロッパF3選手権の2018年シリーズカレンダーが発表され、今年よりも遅い5月中旬のポー・グランプリで開幕することが明らかになった。

 ヨーロッパF3は4月中旬にシルバーストンで行われるWECのサポートレースで開幕ラウンドを迎えるのが伝統だったが、このWECシルバーストンラウンドが8月に移動することになった。さらに今年には第2戦として開催されたイタリア・モンツァのラウンドも、WTCC(2018年よりTCRと統合し、新しいシリーズ” WTCR”として開催)日程に合わせることになった。これによりヨーロッパF3は4月にレースを開催しないことになった。

 またヨーロッパF3は、2017年シーズンのように、ホッケンハイムでのDTM開幕戦との併催は行わないため、ホッケンハイムラウンドは10月の最終戦のみとなる。

 これにより、2018年シーズンはポーでの開幕戦を皮切りにわずか5ヵ月で全10イベントをこなす過密スケジュールとなる。このうち、DTMのサポートイベントとしての開催は6〜7ラウンドの予定だ。

 このような過密スケジュールになったのは、DTMが新たにイタリア・ミサノでのレース開催を8月下旬に予定しており、このサポートレースとして組み込まれる他、WECのシルバーストン6時間レースが8月中旬(ミサのラウンドの前週)に移動してきたことが影響している。

 7月下旬に予定されているスパ24時間レースのサポートレースとして開催され、ポーとシルバーストンと合わせて、DTMと別開催になるラウンドとなる。

 日程の詳細は以下の通りだ。

2018年 ヨーロッパF3選手権日程:

次の F3 Europe ニュース
牧野任祐、復帰に向けカウントダウン「再来週のレースには出ると思う」

前の記事

牧野任祐、復帰に向けカウントダウン「再来週のレースには出ると思う」

次の記事

佐藤万璃音、モトパークに残留決定。F3欧州2年目のシーズンへ

佐藤万璃音、モトパークに残留決定。F3欧州2年目のシーズンへ
Load comments

この記事について

シリーズ F3 Europe
執筆者 Marcus Simmons
記事タイプ 速報ニュース