F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
13 days
F1ブラジルGPの見どころと配信スケジュール
チームオーダー問題についてベッテル「自分のために戦うべき時もある」
ハミルトン「まだ改善できる」と高み目指す
セナと勝った思い出の地……ホンダ「良い歴史の続きを紡ぎたい」
ホンダF1、フェアでクリーンなPU開発競争望む

2019年のF1第20戦ブラジルGPが、今週末に開催される。今季は残り2レース。各陣営、様々な思惑が渦巻く。そして大混戦で結末が予想できない中団争いにも注目。

セバスチャン・ベッテルはこれまでのF1キャリアでチームオーダーを巡る問題に度々直面しているが、状況次第では自分のために戦う必要があると語った。

ルイス・ハミルトンは、6度もF1チャンピオンに輝いているにもかかわらず、自身が更に改善できる余地があると語り、“最高傑作”となるべく取り組んでいくと話した。

F1ブラジルGPの開催を前に、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターがコメントを発表。アイルトン・セナと共に勝利を収めた経験があるこの地で、ホンダの「歴史の続きを紡ぎたい」と意気込みを語った。

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、ライバルメーカーとのフェアな開発競争を望んでいると語った。

今季残り2戦。大接戦を制するのは誰? ブラジルGPの見どころと配信スケジュール

2019年のF1第20戦ブラジルGPが、今週末に開催される。今季は残り2レース。各陣営、様々な思惑が渦巻く。そして大混戦で結末が予想できない中団争いにも注目。

チームオーダー無視は正義か悪か……ベッテル「自分のために戦うべき時もある」

セバスチャン・ベッテルはこれまでのF1キャリアでチームオーダーを巡る問題に度々直面しているが、状況次第では自分のために戦う必要があると語った。

「まだ改善できる」“高み”を目指すハミルトン、タイトル6回でも慢心無し

ルイス・ハミルトンは、6度もF1チャンピオンに輝いているにもかかわらず、自身が更に改善できる余地があると語り、“最高傑作”となるべく取り組んでいくと話した。

セナと勝った思い出の地……ホンダ田辺TD「良い歴史の続きを紡ぎたい」

F1ブラジルGPの開催を前に、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターがコメントを発表。アイルトン・セナと共に勝利を収めた経験があるこの地で、ホンダの「歴史の続きを紡ぎたい」と意気込みを語った。

ホンダF1の田辺TD、PUの合法性巡る議論に「フェアでクリーンな戦いを望む」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、ライバルメーカーとのフェアな開発競争を望んでいると語った。

メルセデス、2021年以降もF1参戦濃厚。“長期的な”参加を目指す?

メルセデスF1チームの代表であるトト・ウルフは、2021年以降のF1に参加する確約は無いが、様々な兆候が参戦継続を示していると話した。

マッサ&フィッティパルディ、アイルトン・セナの愛機を駆る

F1王者のエマーソン・フィッティパルディと彼の孫であるピエトロ・フィッティパルディ、フェリペ・マッサらが、サンパウロで行われたF1ファンイベントに登場。アイルトン・セナ没後25周年として行われたこのイベントで、様々なマシンのデモ走行を行なった。

3強のF1“支配”はまだ続く? フェラーリ、予算制限後も“序列は変わらない”と確信

2021年から大幅なルール改定が予定されているF1だが、トップチームは今と変わらず上位を占めるだろうと、フェラーリは予測している。

ハミルトンはF1引退後に何をする?「メルセデスと関わり続けるのは魅力的」

ルイス・ハミルトンは、引退後もメルセデス、そしてダイムラーと深く関わり続けることは「魅力的だ」と語った。

ルクレール、F1ブラジルGPでパワーユニット交換。10グリッド以上の降格へ

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1ブラジルGPで4基目のエンジンを搭載するため、グリッドペナルティを受けることになる。

ハース、シーズン終了を待ち望む「今は”守備11人”でサッカーしているような状況」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、今季は”レームダック”状態となっているため、シーズン終了が待ちきれないと語った。

レッドブル・ホンダ、2020年もアルボンとフェルスタッペンのコンビ継続

レッドブル・ホンダは、2020年のドライバーとしてアレクサンダー・アルボンを起用することを発表。マックス・フェルスタッペンとのコンビを継続させることを明らかにした。

トロロッソ・ホンダも2020年ドライバー発表。ガスリーとクビアトを継続起用

トロロッソ・ホンダは2020年も引き続き、ピエール・ガスリーとダニール・クビアトのラインアップでF1を戦うことを明らかにした。

F1、CO2排出削減に本腰。2030年までに”カーボンニュートラル”化を目指す

F1は二酸化炭素の排出削減を進め、2030年までに”カーボンニュートラル”化することを目指すという方針を発表した。

ベッテル、失意のシーズン序盤に”現実逃避”?「現実を見ないようにしていた」

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリがメルセデスに遅れをとった2019年シーズン序盤は、現実を見ないようにしていたという。

メルセデスのウルフ代表、ブラジルGPを“欠席”へ。2013年の就任以来初

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、F1ブラジルGPで2013年以来初めてレースを欠席することになる。

ロマンがあったあの時代をもう一度……2021年F1マシンは画一化を食い止める?

FIAのシングルシーター部門責任者のニコラス・トンバジスは、2021年の車両規則が“ロマンティックな”F1マシンをデザインするきっかけとなることを期待している。

後半戦好調のフェラーリ、シーズン中の空力開発が”予想以上”に成功?

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、シーズン中の空力開発が期待以上にうまくいったと語った。

ルノーはまだ、安定した状況にはない……しかしプロスト、ランキング5位確保に自信

ルノーF1チームのノン・エクゼクティブ・ディレクターであるアラン・プロストは、厳しいシーズンを過ごしているにも関わらず、コンストラクターズランキング5位を確保できると信じている。

マイアミGP開催は首の皮一枚で繋がった? 郡長が反対決議に拒否権を行使

地域住民からの反対が根強いF1マイアミGPの開催計画だが、マイアミ・デイド郡の郡長が反対決議に拒否権を行使したことで、長期戦の様相を呈している。

空気が薄い! 冷却と空力にどう対処する?|メキシコGPピットレーン直送便

25日から走行が始まる2019年F1第18戦メキシコGP。日本GPから2週間、標高が高く気圧の低いメキシコ・シティで、各車どんなパフォーマンスを見せるのか? アップデートを中心に、パーツのクローズアップをピットレーンがらお届け。

F1メカ解説:メルセデスが鈴鹿で見せた”反撃”

今シーズン夏休み明け、フェラーリに差をつけられることになったメルセデス。しかし日本GPでアップデートを投入。予選では差をつけられたものの、決勝ではタイヤマネジメントも活かし、勝利を手にした。彼らはどんな改良を施してきたのか?

終盤戦でも、F1の開発は止まらず。各チームが鈴鹿に持ち込んだ空力アップデート

2019年の日本GPを制したのは、メルセデスだった。メルセデスはそれまで、進歩を遂げたフェラーリの前に苦戦続き。しかし鈴鹿に持ち込んだ空力のアップデートが功を奏したか、戦闘力を向上させ、フェラーリを撃破した。ただ今回アップデートを行ったのは、メルセデスだけではなかった……。

F1メカ解説|日本GPピットレーン直送便|各チームが持ち込む”細やかな”改良

日曜日に予選と決勝レースが行われることになった219年のF1日本GP。各チームが持ち込んだアップデートパーツを、ピットレーンから直送!

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。