F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
Japan
イベント

日本GP (2018)

04 10月 - 07 10月
イベントは終了しました

日本人F1ドライバーを待望する鈴鹿&ホンダ「近い将来……」

日本GP開催契約の延長が発表された記者会見で、モビリティランドの山下社長とホンダの山本モータースポーツ部長が、日本人ドライバーの誕生を待望していると語った。

鈴鹿での日本GP開催契約3年延長。ホンダがタイトルスポンサーに決定

鈴鹿サーキットでのF1日本GPの開催契約が3年間延長されたこと、そしてホンダが今年の日本GPのタイトルスポンサーに決まったことが、併せて発表された。

過去の反省を活かした、新生F1日本GPへ:鈴鹿サーキット社長に訊く

2019年以降のF1日本GP開催契約について、FOMと議論を進めている鈴鹿サーキット。観客数減が叫ばれてきたこれまでのF1日本GPへの反省と、今後の方針を、モビリティランドの山下社長に訊いた。

鈴鹿F1日本GP開催継続へ一歩前進も「まだクリアできていない要素がある」

今年、開催30回目の記念大会を迎える鈴鹿サーキットでのF1日本GP。今年限りで開催契約が切れるが、契約延長に向けFOMとの交渉が続けられている。シルバーストンでのミーティングを終え帰国したモビリティランドの山下晋社長に、現在の状況を聞いた。

鈴鹿F1”30回記念”特製チケット選択期限は7月末。人気はフェラーリ

今年で開催30回目を迎える鈴鹿サーキットでのF1日本GP。記念として特製のアニバーサリーチケットが用意されるが、そのデザイン選択期限が7月末購入分までと差し迫っている。

F1日本GPのグリッドキッズ募集開始。10名を抽選で選出

F1日本GPのグリッドキッズのうち、半数を公募決定することが決定され、その募集受付が始まったことが、鈴鹿サーキットから発表された。

FOMの意識改革が日本GP開催延長に導く?:モビリティランド社長インタビュー

今年の3月、インタビューに応じたモビリティランドの山下晋社長は、F1開催契約延長について”非常に厳しい”と語っていた。あれから3カ月。状況はどう進展しているのだろうか?

98年F1王者マシンMP4-13が鈴鹿に登場。ハッキネンのドライブが決定

今年の10月に鈴鹿サーキットで行われるF1日本GPに、1998年のF1チャンピオンマシン”マクラーレンMP4-13”が登場、ハッキネンはドライブすることが決まった。

F1日本GP、西エリアチケット・金曜日券が7月8日に発売開始

鈴鹿開催30回を迎えるF1日本GPの、西エリアチケット・金曜日券の発売が7月8日に迫っている。

日本GPでのデモランマシン&ゲスト追加発表。鈴鹿開催30回記念

鈴鹿サーキットでの30回開催記念『Legend F1 30th Anniversary Lap』にベネトンやローラなどの登場マシンが追加で発表

鈴鹿開催30回目となる今年の日本GP。ホンダ応援席の販売が決定

今年の10月に鈴鹿サーキットで行われるF1日本GPで、今季からトロロッソと共に戦うホンダの応援席が設定されることになった。

F1日本GPパドッククラブ、5月27日発売開始。3日間でお値段66万円!

F1日本GPをプレミアムに楽しめる、パドッククラブやVIPスイート・プレミアムが、5月27日(日)13時から発売される。

日本GP鈴鹿開催30回記念、アニバーサリーチケットの詳細発表

鈴鹿サーキットは、F1日本GP開催30回を記念して用意されたアニバーサリーチケットの詳細を発表した。

”新生”F1にとって、鈴鹿での日本グランプリ開催の重要性とは!?

開催契約延長交渉が難航しているという鈴鹿サーキットでのF1日本GP。しかし”新生”FOMは、鈴鹿を非常に重要視しているという。

F1日本GPの将来は? モビリティランド社長「非常に厳しい」と語る

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下社長に、F1日本GPの開催契約延長についての交渉進捗状況について訊いた。

F1日本GPの将来は? モビリティランド社長「非常に厳しい」と語る

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下社長に、F1日本GPの開催契約延長についての交渉進捗状況について訊いた。