F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
28 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
42 days
United Kingdom
イベント

第10戦イギリスGP (2019)

イギリス シルバーストン
11 7月 - 14 7月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
74 articles
フィルターをクリアにする
第10戦イギリスGP
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

F1イタリア決勝速報:“エース”ルクレール、モンツァでハミルトンを抑え連勝

F1第14戦イタリアGPが行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがポール・トゥ・ウィンを果たした。

驚異の新人ルクレールにも“跳ね馬の重圧”があった? 「最初は気後れしていた」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、マシンをドライビングスタイルに合わせるというアプローチに変更したことで、結果が出るようになったと語った。

怒りが収まらない……シュタイナー代表、”同士討ち”問題はまだ終わらず

ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、イギリスGPで起きたチームメイト”同士討ち”について大いに失望し、その気持ちは今も癒えていないと語った。

言うことを聞け! ハース代表、“同士討ち”の解決策を考案中

ハースF1チームの代表、ギュンター・シュタイナーは2台がリタイア終わったイギリスGPでは、両ドライバーが指示に従わなかったと不満を漏らした。

ヒュルケンベルグ、イギリスGPは不運続き「ポイントを“置き忘れた”」

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、チームがイギリスGPで“ポイントをテーブルに置き忘れた”と表現し、代表のシリル・アビテブールも戦略が助けにならなかったことを認めた。

レッドブル・ホンダのターボラグ問題、原因はフェルスタッペンの”脚さばき”?

レッドブルは、イギリスGPで発生したターボラグの問題はマックス・フェルスタッペンのスロットルペダルの踏み方に起因していると考えている。

困惑、激怒……そして熱唱? イギリスGP、注目のチームラジオ集

イギリスGPでの無線交信。その中で特筆すべきものをピックアップ。

ハミルトンに“データ”は関係なし……32周目のハードタイヤで最速ラップの離れ業

トト・ウルフ代表は、ルイス・ハミルトンがイギリスGPのファイナルラップでファステストを更新した時、“全てのデータがばかげて見えた”と語った。

フェルスタッペンと激戦。ルクレール「これまでで最も楽しいレースだった」

シャルル・ルクレールは、イギリスGPではマックス・フェルスタッペンに対してこれまでよりも攻撃的になっていたことを認めた。

「フラストレーションが溜まる」ストロール、“捨てバイザー”詰まり入賞逃す

ランス・ストロールはイギリスGPで13位フィニッシュ。彼は2度目のピットインについて疑問を抱いていており、フラストレーションが溜まると語った。

「あと5周あれば……」マクラーレン、ノリスの2ストップ戦略は“誤り”と認める

マクラーレンはイギリスGPでランド・ノリスに採った2ストップ戦略が機能するには“もう5周”が必要だったと考えているようだ。

まるで別人のようだった! レッドブル代表、イギリスGP4位のガスリーを賞賛

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、イギリスGPのピエール・ガスリーはこれまでとは別人のようだったと話した。

激しいバトルを大歓迎するメルセデス代表「でもチームメイト同士では見たくない」

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、”少しばかりフェアではない”戦いがF1には求められていると考えているが、それがチームメイト同士で行われることは望んでいないと語った。

セーフティカーは結果に影響していない? ハミルトン、戦略の優位を主張

ルイス・ハミルトンはレース序盤のボッタスとのバトルで、チームメイトをブロックすることは“正しい行いではない”と考え、それをやめたと語っている。

「ペナルティより行動が重要」ベッテル、“判断ミス”を認めフェルスタッペンに謝罪 第10戦イギリスGP
ビデオ・インサイド

「ペナルティより行動が重要」ベッテル、“判断ミス”を認めフェルスタッペンに謝罪

セバスチャン・ベッテルはマックス・フェルスタッペンに追突しクラッシュを喫したが、抜き返せると下した判断が”誤り”だったと認めている。

ハース代表、イギリスGPの1周目”同士討ち”は「受け入れられるモノではない」

ケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは、イギリスGPのスタート直後に同士討ち。チーム代表のギュンター・シュタイナーは、「受け入れられないこと」だと語った。

極上のバトル再び……フェルスタッペン、ルクレールの激しい守りは「問題なし」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、イギリスGPでのフェラーリのシャルル・ルクレールについて、2週間前のオーストリアGP以上に”堅牢”なディフェンスだったと語った。

どちらかを優遇したくない……戦略をドライバーに選ばせたメルセデス

メルセデスは、イギリスGPのように様々な戦略を採れるようにすることで、ドライバーふたりを無意識にひいきしないようにしているという。

レッドブル、スタート直前に”リヤウイングのひび割れ”を発見。原因は調査中

レッドブルはレース開始前に、マシン2台ともリヤウイングのエンドプレートにひびが発見されていたと、慌ただしいレース前の出来事を明らかにした。

レッドブル代表、傷つきながらも5位のフェルスタッペンは”信じられない!”

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、激しいクラッシュに見舞われながらも5位を持ち帰ったマックス・フェルスタッペンを賞賛した。

ガスリー、“今年一番のレース”で4位「表彰台もそう遠くない」

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、イギリスGPで今季最高のレースができたと感じている。

ホンダ田辺TD「残念な部分もあったが、前戦に続き見応えのあるレースに」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、イギリスGPの決勝レースを受け、プレスリリースにコメントを寄せた。

クビアト、予選17番手から好機活かして3戦ぶり入賞「正直期待していなかった」

予選17番手から9位入賞を果たしたトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、期待以上の結果に満足していると語った。

F1イギリスGP”動く”ラップチャート

2019年のF1第10戦イギリスGP決勝を、”動く”ラップチャートでプレイバック。