F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
16 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
23 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
30 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
44 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
51 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
72 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
100 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
107 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
135 days
Azerbaijan
イベント

第4戦アゼルバイジャンGP (2019)

アゼルバイジャン バクー・シティ・サーキット
25 4月 - 28 4月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
86 articles
フィルターをクリアにする
第4戦アゼルバイジャンGP
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

第4戦アゼルバイジャンGPの最新ニュース

グリッド
リスト

ガスリー、RB15のフィーリング問題に改善の兆し。中国GPのファステスト獲得も後押しか

レッドブルのピエール・ガスリーは、アゼルバイジャンGPでRB15のフィーリングが改善したにも関わらず、報われなかったと語った。

レーシングポイントオーナーのストロール父、チームに大満足「これ以上の幸せはない」

レーシングポイントのチームオーナーであるローレンス・ストロールは、アゼルバイジャンGPのパフォーマンスに大満足だったようだ。

下位に沈んだヒュルケンベルグ、アゼルバイジャンGPでは“武器が無かった”

ニコ・ヒュルケンベルグは苦戦したアゼルバイジャンGPでの戦いでは、何も武器を持っていなかったと語っている。

FPから予選は強かったのに……クビアト、レースペースの”消失理由”を探す

ダニール・クビアトは、フリー走行から予選を通じて強さを見せた後、レースではそうしたペースが消失したことの原因を調べる必要があると語った。

次こそ逆襲を! バクーで“完敗”のフェラーリ、原因はアップデートとは無関係と強調

フェラーリ代表マッティア・ビノット曰く、チームがアゼルバイジャンGPでピレリタイヤの扱いに苦しんだことは、同GPで投入したアップデートとは関係がないようだ。

ハミルトン、バクーでは“全く”うまくいかず。次戦でランク首位奪還なるか?

ルイス・ハミルトンは、アゼルバイジャンGPで「全くうまくいかなかった」と語り、バルテリ・ボッタスを簡単に打ち負かすことはできないだろうと語った。

ロス・ブラウン、フェラーリの戦略を擁護「予選Q2でミディアムを使ったのは間違いじゃない」

F1のスポーティング・ディレクターを務めるロス・ブラウンは、アゼルバイジャンGPの予選Q2でミディアムタイヤを使うというフェラーリの決断を支持している。

無事に終えられて“ホッとした”……ラッセル、苦しいアゼルバイジャンGPを乗り越え安堵

ジョージ・ラッセルは、マンホール問題などで困難な物となったアゼルバイジャンGPを終えられてホッとしていると語った。

リカルド、ルノーの”リカバリー”に明るい兆しを感じた?「ミスが無ければ……」

ダニエル・リカルドは、アゼルバイジャンGPは苦しい週末だったが、決勝では調子が上向いていたと考えている。

グロージャン、ハース苦戦の連続は“イライラする”。でも、“驚くことじゃない”

ロマン・グロージャンは、チームがタイヤの苦戦を繰り返していることについて、“驚くようなことではない”が、“イライラする”と語っている。

「中国GPで既に分かっていた」アルファロメオ、“フロントウイング違反の修正”が間に合わず

アゼルバイジャンGPでピットレーンスタートのペナルティを受けたキミ・ライコネンによると、アルファロメオは中国GPでフロントウイングに抱える問題に気がついていたという。

スペック2エンジンに問題なし。ホンダ田辺TD「今後もチームと共に前進していく」

アゼルバイジャンGPにスペック2のエンジンを投入したホンダ。入賞はフェルスタッペンの1台のみとなったが、新スペックは問題なく機能したという。

ノリス、ウォールに何度かヒットするも8位入賞「本当に神経質になった」

ランド・ノリスはアゼルバイジャンGPの終盤で壁にヒットしたことで、トップ10フィニッシュを逃すかもしれないと神経質になっていたようだ。

ハミルトン、VSCのタイムロスはもう勘弁! ステアリングの表示を変更へ

ルイス・ハミルトンは、バーチャルセーフティカーでタイムロスをしないよう、ステアリングホイール表示の変更を求めている。

フィーリングは良かったのに……ハース、タイヤ加熱に苦戦しまたも入賞逃す

ハースのケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは、バクーではマシンのフィーリングこそ良かったものの、グリップ不足に苦しんだようだ。

フェラーリ、タイヤに苦しみまたしても完敗。ベッテル「序盤でチャンスを失った」

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリがタイヤをうまく機能させるのに苦しんでいたことが、マシンのパフォーマンスを後退させる支配的な要因だったと考えている。

ちょっとしたパニック状態だった……クビアトに後進で激突のリカルド「格好悪いよ」

ダニール・クビアトのマシンに後進して激突してしまったダニエル・リカルドが、当時の状況を振り返った。

ルクレール、ファステスト狙い”ソフトタイヤ温存”「苦労していたわけじゃない」

シャルル・ルクレールは、アゼルバイジャンGP終盤にペースが奮わなかったのは、ソフトタイヤに苦労したからではないと語った。

ガスリーのトラブルはドライブシャフト。フェルスタッペン、3位とFLを諦める

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、チームメイトのピエール・ガスリーのマシンに発生したドライブシャフトのトラブルへの予防措置として、3位入賞を諦めなければならなかった。

必ず我々の”時”がやってくる! 選手権16位に沈むクビアト、チームの今後にポジティブ

ダニール・クビアトは、トロロッソがパフォーマンスを結果として発揮できる時が来ると感じている。

VSCの導入でフェルスタッペン表彰台のチャンスが消失? レッドブルのマシンはタイヤの熱に過敏か

マックス・フェルスタッペンはアゼルバイジャンGPでは、マシンがタイヤ温度に過敏なため、VSC後は表彰台に登るチャンスを失ったと考えているようだ。

スタートでの僕は“フレンドリー”すぎた……ハミルトン、ボッタスに敗れ3連勝逃す

ルイス・ハミルトンはアゼルバイジャンGPの決勝の1コーナーでバルテリ・ボッタスと対峙した際、フレンドリーすぎたと語った。