F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
28 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
42 days
United Kingdom
イベント

イギリスGP (2016)

イギリス シルバーストン
07 7月 - 10 7月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
40 articles
フィルターをクリアにする
イギリスGP
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ガズリー、”ハロ”の視認性に「驚いた」

ピエール・ガズリーは、シルバーストンテストでコクピット保護システム”ハロ”をテストし、その視認性に驚いたと語っている。

エリクソン、”無傷”の大クラッシュに驚くも「自分のミス」と認める

ザウバーのマーカス・エリクソンは、イギリスGPのフリー走行3回目でのクラッシュは、自分のミスだったと改めて認めた。

メルセデス、ロズベルグへのペナルティについての控訴中止を決断

メルセデスは、イギリスGP決勝でニコ・ロズベルグに課せられた10秒タイムペナルティに対する控訴を取り下げることを決めた。

ロズベルグに10秒加算ペナルティ。2位から3位に最終順位が変更

ニコ・ロズベルグはイギリスGP決勝で無線規則に違反したとして、10秒のタイムペナルティを受け、3位に落ちることになった。

ハミルトン、ブレーキ温まらず「セーフティカーに追突しそうになった」

イギリスGPを優勝したルイス・ハミルトンは、セーフティカーラン中にブレーキ温度を上げることができず、苦しんでいたという。

メルセデス、ロズベルグへのペナルティに控訴

メルセデスは、ニコ・ロズベルグのレースタイムに10秒加算するペナルティが課されたことについて、FIAに控訴した。

マクラーレン、喫緊の課題は”最高速”の改善

ポイント獲得が期待されたマクラーレンだが、結局は2台揃ってポイント圏外でのフィニッシュとなった。

ライコネンは、フェラーリの不調が今回限りだと考えている

キミ・ライコネンは、イギリスGPでの低迷は今回限りのことだったとし、今後のレースで再び競争力を身につけることを期待している。

ベッテル「フェラーリはただ十分に速くなかっただけ」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、イギリスGPでのペース不足とポジションを大きく失うことになったスピンを嘆いた。

F1イギリスGP決勝:ハミルトンが連勝。完璧なレースで大観衆に応える

F1イギリスGPの決勝レースが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝。オーストリアに続き連勝を果たした。

エリクソン、イギリスGP決勝出走にゴーサイン

マーカス・エリクソンは、日曜日の朝にFIAのメディカルチェックを受け、イギリスGP決勝出走の許可が下りた。

ピレリ、各コンパウンドの最大走行周回の推奨値を発表

ピレリはオーストリアGPでのセバスチャン・ベッテルのタイヤバーストを受け、各タイヤの推奨最大ラップを発表した。

今季予選でチームメイトに初敗北。リカルド「あちこちでミスをした」

レッドブルのダニエル・リカルドは、予選でチームメイトのマックス・フェルスタッペンの成績を下回った。これは彼にとって、今季初めての予選での敗北を意味する。

2戦連続グリッド降格のベッテル「ギヤボックスの問題解決が最優先」

ベッテルはオーストリアGPに続きイギリスGPでもギヤボックス交換で5グリッド降格。このトラブルはフェラーリ最大の弱点になりつつある。

マクラーレン「バトンのウイングトラブルは決勝では問題ない」

イギリスGPの予選Q1で発生したジェンソン・バトンのリヤウイングトラブルは、決勝レースに影響を及ぼさないとマクラーレンは説明する。

エリクソン、痛みを訴える。日曜朝に再検査の予定

マーカス・エリクソンは、イギリスGPのフリー走行3回目でクラッシュした後、痛みを訴えている。

ハミルトン「ラップタイム抹消というプレッシャーが、僕に力を与えた」

ルイス・ハミルトンは予選最終ラップというプレッシャーが、ポールポジション獲得の大きな後押しになったと言う。

ロズベルグ罰則を受けず。2番グリッドスタートが確定

ニコ・ロズベルグは、セーフティカーライン間の通過制限時間違反で審議対象となっていたが、制裁を免れた。

バトン「マグヌッセンのタイムが抹消されると思った」

ジェンソン・バトンは、ケビン・マグヌッセンのタイムが抹消されると予想したため、予選Q1終了後に再びコクピットに戻ったという。

ロズベルグ、SCライン通過時間違反で調査中

ニコ・ロズベルグは、イギリスGPの予選でレギュレーション違反を犯した可能性があるとして、スチュワードに召喚されている。

F1イギリスGP予選:タイム抹消を乗り越えハミルトンがPP。アロンソ10位

F1イギリスGPの予選が行われ、母国GPに臨むメルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。

ベッテルとエリクソンはギヤボックス交換。ベッテルは2戦連続の5グリッド降格ペナルティ

ベッテルとエリクソンは予選前にギヤボックスを交換。それぞれ5グリッド降格ペナルティが確定した

エリクソン、FP3のクラッシュにより病院に搬送

イギリスGPのFP3でクラッシュしたエリクソンは、メディカルチェックのため病院に搬送された。

F1イギリスGP FP3:ハミルトンがまた最速。チームメイト同士が大接戦

F1イギリスGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのハミルトンが首位。チームメイトのロズベルグが0.063秒差という僅差で続いた。