Turkey
イベント

トルコGP (2021)

08 10月 - 10 10月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
86 articles
フィルターをクリアにする
トルコGP
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

トルコGPの最新ニュース

グリッド
リスト

ハースF1小松礼雄エンジニア、新人シューマッハーを語る「彼は常に成長しようとしている」

F1トルコGPで予選Q2に進出するなど、厳しい状況にも関わらず輝きを見せるミック・シューマッハー。そんなシューマッハーについて、同チームのレースエンジニアである小松礼雄は「常に前進している」と語った。

ハースF1、トルコGPでのQ2進出に満足「良いマシンがあれば、我々は入賞に届く」

ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、F1トルコGPでの自身のチームのパフォーマンスは、競争力のあるマシンを開発することさえできれば、定期的にポイントを争うことができるという信念を与えられることになったと語る。

リカルド感激、優勝のご褒美が実現。憧れていたレジェンドのNASCARマシンをドライブへ

マクラーレンのダニエル・リカルドは、優勝を果たしたご褒美として、ザク・ブラウンCEOが所有するデイル・アーンハートSr.のNASCARマシンを、F1アメリカGPが開催されるオースティンで走らせるようだ。

ペナルティ”一貫性”へのアロンソの皮肉、スチュワードにはノーダメージ? 「ルールは全員に平等」

F1レースディレクターのマイケル・マシは、フェルナンド・アロンソが展開するスチュワードの公平性に関する批判について反論。ルールは誰にとっても同様に適用されると主張した。

危険と紙一重だったオコンの”ノンストップ戦略”。フィニッシュできたのは奇跡だった?

アルピーヌのエステバン・オコンは、F1トルコGPで一度もピットストップせずにフィニッシュするという離れ業で、10位を獲得した。彼とチームがどのように危険な戦略を成功させたのだろうか。

アストンマーチン、ベッテルの”タイヤギャンブル”を全面支持「リスクを負わなければ、何も得られない」

アストンマーチンのチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、F1第16戦トルコGP決勝で唯一スリックタイヤを選択したセバスチャン・ベッテルの判断を信じる他なかったと振り返った。

メルセデス、“タイヤ無交換作戦”ではハミルトンは「ポイント獲得ギリギリまで」順位を下げていた可能性大

メルセデスは、F1トルコGP後にレース分析したところ、仮にルイス・ハミルトンが“タイヤ無交換作戦”を採っていたならば、ポイント圏内ギリギリの順位にまで下がっていたと結論を出した。

ラッセル、トルコの”曖昧な”路面コンディションに苦しむ「インターミディエイトの使い方を考えなければ……」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、苦戦したF1トルコGPを経て、インターミディエイトタイヤを活用する方法について、今後検討して行く必要があると考えている。

メルセデス代表、ボッタスの”貢献”を称賛「これがメルセデスでの最後の勝利にはならないだろう」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、トルコGPで勝利したバルテリ・ボッタスが両チャンピオンシップにおいて重要な役割を果たしていると語った。

F1メカ解説|メルセデス、新仕様ウイングをフリー走行でテスト。低ダウンフォースのレースで実戦投入?

今季のタイトルを争うメルセデスとレッドブルは、コース上でのホイール・トゥ・ホイールの戦いと同様に、マシン開発の面でも激しい切磋琢磨を続けている。

トルコGPは“恐ろしい”水しぶきで大変だった……ノリス「あまりの酷さに、恐怖を感じた」

マクラーレンのランド・ノリスは、ウエットコンディションで行なわれたF1トルコGPが、他のマシンから巻き上げられる“恐ろしい”水しぶきによって、非常に難しい物となっていたと語っている。

アロンソ、トルコGP序盤で接触したミック・シューマッハーへ謝罪「本来14番手にいるべきではなかった」

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は、後に5秒のタイム加算ペナルティとなったミック・シューマッハー(ハース)との接触に関し、「申し訳ない」と語った。

ペレスのコースオフ、審議なしの理由をレースディレクターが説明。メルセデスからも抗議は無し

F1レースディレクターのマイケル・マシは、トルコGP決勝でルイス・ハミルトンとセルジオ・ペレスがバトルしていた際、ペレスがピットレーン入り口のボラードを越えて走行したことで調査が行なわれなかった理由を説明した。

ドライバーに厳しいのは当然! レッドブル、悪役扱いは不当……アルボン「結果を求めるのはトップチームの文化」

アレクサンダー・アルボンは、レッドブルの“結果”を求める姿勢は誤解されており、F1における悪役のように捉えられてしまっているのは不当な評価だと語った。

レッドブル代表「メルセデスのPUパワーアップには驚かされた」低ダウンフォース仕様で対抗も限界か?

レッドブルはタイトル争いのライバルであるメルセデスが、エンジン出力の面で“驚くべき”前進を果たしていることに悩まされていると語った。

メルセデス、ピット戦略に対するハミルトンの不満に理解「我々には”耐性”がある」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1トルコGPの戦略についてルイス・ハミルトンが不満をもらしたことに理解を示し、チームにはそれを受け入れられるほどの耐性があると語った。

サインツJr.、最後尾から追い上げ8位入賞「PU交換のダメージ最小限! 良い1日だった」

F1トルコGPを8位でフィニッシュしたフェラーリのカルロス・サインツJr.は、パワーユニット交換により最後尾グリッドからのスタートだったものの、入賞まで挽回できたことに大満足している。

タイトル狙う僚友を援護した仕事人ペレス、ハミルトンとのバトルは「最悪のタイミングだった」と振り返る

F1トルコGPで3位表彰台を獲得したセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)は、レース中盤でのルイス・ハミルトン(メルセデス)とのバトルを振り返り、「最悪のタイミングだった」と語った。

F1分析|ハミルトン&ルクレール、トルコGP決勝でタイヤ無交換をするべきだったのか?

F1トルコGPの決勝レースで、タイヤ無交換作戦を狙ったルイス・ハミルトンとシャルル・ルクレール。ふたりは結局、レース終盤にタイヤを換えることを選択したが、この判断は正しかったのか?

”タイヤ無交換”オコンのペース下落は、ハミルトンのピットストップは正しかったという証明に?

メルセデスは、タイヤ無交換で走り切ったアルピーヌのエステバン・オコンがレース後にタイヤが完全摩耗していたと語っていることは、ルイス・ハミルトンをピットストップさせたことが正しかったと証明していると考えている。

ピレリ、F1トルコGPでルイス・ハミルトンの”タイヤ無交換作戦”は成功しなかったはず……と主張

F1のタイヤサプライヤーであるピレリは、メルセデスのルイス・ハミルトンが、F1トルコGP決勝をインターミディエイトタイヤ無交換で走り切るのは難しかっただろうと考えている。

年間23戦が多いと思うなら、F1から出ていくべき? アルファタウリ代表、負担増大への”危惧”に真っ向反論

アルファタウリのフランツ・トスト代表は2022年のF1が全23戦を予定している件に関して、不満があるスタッフは“出ていく”べきだと持論を述べている。

ドライタイヤでいけると思ったんだけど……ギャンブル大失敗のベッテル、奇妙な路面コンディションに困惑

セバスチャン・ベッテルは、F1トルコGP決勝でドライタイヤに交換するギャンブルを最終判断したのは自分だったと明かした。

驚異の”タイヤ無交換”作戦で10位入賞。オコン「もう1周あったら、パンクしていただろうね」

アルピーヌのエステバン・オコンは、F1トルコGP決勝で10位入賞を果たした。しかも彼は、タイヤ無交換でレースを走り切るという、近年ではまずありえない戦略を成功させたのだった。

フェルスタッペン、ランク首位返り咲きも「タイトル争いは簡単じゃない」と兜の緒を締める

レッドブルのマックス・フェルスタッペンはF1トルコGPでランキング首位を奪還し、ルイス・ハミルトンとのタイトル争いでリードを広げたものの、今後の争いは簡単ではないだろうと気を引き締めている。

マゼピン、ハミルトンの追い抜き“妨害”を謝罪……路面の汚れと水しぶきで“目隠しドライブ状態”と釈明

ハースのニキータ・マゼピンは、F1トルコGPでルイス・ハミルトンと衝突しかけた件について、当時は汚れた路面の水しぶきによって周囲の把握が難しい状況だったと釈明し、ハミルトンに謝罪した。

トルコで今季初優勝バルテリ・ボッタス「これまででもベストレースのひとつだ」

バルテリ・ボッタスは圧倒的な強さを見せて優勝したF1トルコGPについて、これまででもベストと言えるレースのひとつだと、非常に満足している様子を見せた。

ステイアウトで一時首位走行も作戦失敗……しかしルクレールに後悔なし「あれはギャンブルではなかった」

F1トルコGPで一時リードラップを築いたシャルル・ルクレールとフェラーリは、使い古したタイヤでステイアウトするという戦略を後悔していない。

FIA、F1トルコGPでガスリーにペナルティを科した理由を説明「彼には“全面的な”非があった」

FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシは、F1トルコGPでフェルナンド・アロンソと接触したピエール・ガスリーがペナルティを科されたのは、彼に“全面的な非”があると判断されたからだと語った。

F1トルコ決勝:ボッタス今季初優勝で美酒に酔う。”ホンダカラー”のレッドブルは2-3位。角田は14位

F1第16戦トルコGPが行なわれ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がレースを支配し勝利を手にした。

ハミルトン、チームの”戦略ミス”に憤慨「もっと早くタイヤを変えるか、無交換で走り切るべきだった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1トルコGPの決勝レースで最高の戦略を立てることができたとは考えておらず、もっと早くピットインするか、あるいはタイヤ無交換で走り切るべきだったと主張する。

レッドブル、特別カラーで2台表彰台! ホンダ田辺テクニカルディレクター「今の力の中で最高のパフォーマンスを発揮できた」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、F1トルコGPの決勝レース後に会見に応じ、今の実力の中では最大限のパフォーマンスを発揮できたレースだったと振り返った。

角田裕毅、”最速”ハミルトンを抑え込む健闘見せるも痛恨のスピン「早い段階でタイヤを使いすぎた」

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、F1トルコGP決勝でルイス・ハミルトンを8周にわたって抑え込む戦いを披露したが、その後痛恨のスピン。無得点14位でレースを終えた。

ハミルトン、タイヤ無交換を目指したのには価値があった? メルセデス代表「3位を目指した”賭け”だった」

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、ルイス・ハミルトンに1セットのインターミディエイトタイヤのみで走り切らせようとしたのは、正しい賭けだったと考えている。

【F1動画】2021年F1第16戦トルコGP決勝ハイライト

完璧なレースを見せたボッタス、ダブル表彰台獲得のレッドブル。2021年のF1世界選手権第16戦トルコGP決勝レースの模様を、DAZNのハイライト動画で振り返る。

2021年 FIA F1世界選手権第16戦トルコGP 決勝ライブテキスト

2021年のF1第16戦トルコGP決勝の模様を、ライブテキストでお届け。

ホンダF1の躍進が悩みのタネに……PUを限界まで追い込むメルセデスが抱えたトラブルは未解決

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、F1第16戦トルコGPでパワーユニット(PU)交換により10グリッド降格ペナルティを受けることになった。ただ、メルセデス製PUの信頼性の問題が解消されたワケではないという。

チームメイトのサポートにライバルの邪魔……予選で“暗躍”したサインツJr.「妙なプランだったけど上手くいった」

カルロス・サインツJr.はトルコGP予選を振り返り、フェラーリの戦略が「Q2へ進むライバル達を少なくすること」という奇妙なものだったと語った。

マクラーレン、リカルド車のPU交換を決断。リカルドは最後尾グリッドに降格

マクラーレンは、F1トルコGPでダニエル・リカルドのマシンに新しいパワーユニットを導入することを決定。リカルドは最後尾グリッドからスタートすることになる。

F1トルコGPは”簡単ではない”レースに? ウイリアムズ「戦略を選ぶのは、大変な仕事になると思う」

ウイリアムズのビークル・パフォーマンス責任者であるデイブ・ロブソンは、F1トルコGPで成功するためには、トリッキーな戦略の攻防を戦い抜く必要があると語る。

角田裕毅、トルコGP決勝は上位陣唯一のソフトスタート。アルファタウリ代表がQ2でのタイヤ戦略を説明「彼をQ3に行かせたかった」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、F1トルコGPの予選Q2で角田裕毅にソフトタイヤを履かせた理由について「彼をQ3に行かせたかったから」だと説明した。

アロンソ、今季ベストの5番グリッド獲得「バランスにも、タイヤ選択の判断にも満足」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1トルコGPの予選で黄旗無視の疑いがあったものの、お咎めなしの裁定が下り、今季ベストとなる5番手から決勝をスタートすることが決まった。

トルコで予選2番手タイムのボッタス、ハミルトンのトップタイム“援護”はしていない?「僕は全力だった」

バルテリ・ボッタスは、F1トルコGPの予選で全力を尽くしたとして、ルイス・ハミルトンを優位な状況とするために力を抜くようなことはなかったと語った。

ミスでQ3進出逃したジョージ・ラッセル「最高の一日が消えた」と意気消沈

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1トルコGP予選Q2でアタック中にミスを犯し、Q3進出のチャンスを失ったことで「自分にがっかりした」と語った。

殊勲のQ2進出果たしたシューマッハー「自分の能力を疑ったことはない」と自信のぞかせる

F1トルコGPの予選で際立ったパフォーマンスを見せたミック・シューマッハーは、自分がF1で活躍できることを疑ったことはないと語った。

メルセデス、トルコGP予選で”進歩”を確信「マシンの理解が深まり、”より良いポジション”にいる」

F1トルコGPの予選で速さを見せたメルセデス。トト・ウルフ代表は、レッドブルと戦う上で夏休み前よりも”間違いなく良いポジション”にいると考えている。

予選3番手ルクレール、低ダウンフォースの”ギャンブル”が好調の要因?

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1トルコGP予選で4番手タイムを記録する速さを見せたが、彼曰くこの結果は低ダウンフォースのセッティングにする“ギャンブル”が成功したものだという。

トルコGP予選でメルセデス勢に敗れたフェルスタッペン、決勝でもレッドブル・ホンダの劣勢を予想

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、レッドブルがF1トルコGP決勝でメルセデスを倒せるだけの速さがないと感じている。

角田裕毅、F1トルコGPで久々の予選Q3進出も満足せず「もっと良い結果を期待していた」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1トルコGPの予選で久々のQ3進出を果たした。しかし本人は、フリー走行の感触ではもっと良い結果を期待していたため、満足できる結果ではなかったと語る。

F1トルコ予選:ペナルティ抱えるハミルトンが”最善”グリッド確保。フェルスタッペン3番手、角田裕毅10番手

F1第16戦トルコGPの予選が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが最速タイムをマーク。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、Q3に進出し10番手となった。

【F1動画】2021年第16戦トルコGP予選ハイライト

F1第16戦トルコGPの予選ハイライト動画(DAZN提供)

F1トルコ予選速報:ハミルトンが最速もペナルティで決勝は11番手から。角田はQ3進出し10番手

F1第16戦トルコGPの予選が行なわれ、最速タイムを記録したのはルイス・ハミルトンだった。しかしそのハミルトンには、10グリッドの降格ペナルティが科されているため、バルテリ・ボッタスが決勝レースをポールポジションからスタートすることになる。

F1トルコFP3:ホンダPU勢がトップ3独占! レッドブル2台を抑えガスリーがトップ、僚友角田も8番手と好調さ見せる

F1第16戦トルコGPのフリー走行3回目が行なわれ、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がトップタイムを記録した。チームメイトの角田裕毅は8番手だった。

メルセデス「トルコでのオーバーテイクは予想よりも難しい」グリッド降格のハミルトン、レースに不安要素

メルセデスはF1トルコGPでルイス・ハミルトンにPU交換を施し、グリッド降格が決定しているが、舞台となるイスタンブール・パークでのオーバーテイクは想定よりも難しいと考えているようだ。

【F1動画】2021年第16戦トルコGPフリー走行3回目ハイライト

F1第16戦トルコGPフリー走行3回目のハイライト動画(DAZN提供)

F1トルコFP3速報:ホンダPU勢がトップ3独占、ガスリー首位。角田裕毅は8番手

F1第16戦トルコGPのフリー走行3回目が行なわれ、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーがセッショントップタイムを記録。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は8番手だった。

サインツJr.、トルコGP後方スタート確定もルクレールの速さ見て「ちょっとガッカリ……」

フェラーリのカルロス・サインツJr.はF1トルコGPでPU交換によるグリッド降格が決まっているが、チームメイトのシャルル・ルクレールのペースが良いことから「少し落ち込んだ」と認めた。

ピレリ、F1トルコGPのタイヤ選択は”アグレッシブすぎた”?「タイヤライフの把握が、非常に重要」

ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラは、F1トルコGPに持ち込んだタイヤのコンパウンド選択が、結果的に「アグレッシブ過ぎた」と認めた。

イスタンブール・パーク、“ぬるぬる”路面とは決別。ノリス「去年とは別物サーキット」

F1トルコGPの舞台であるイスタンブール・パークについて、マクラーレンのランド・ノリスはグリップが大幅に改善したことで2020年とは”別物”のサーキットに変貌しているように感じられると語った。