United States
イベント

第19戦アメリカGP (2019)

01 11月 - 03 11月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
16 articles
フィルターをクリアにする
第19戦アメリカGP
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

第19戦アメリカGPの最新ニュース

グリッド
リスト

ヘルメットデザインの変更は”自由”にすべき? ベッテル「だってこれは僕のだよ」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ドライバーがヘルメットのデザインを自由に変更できない今のF1レギュレーションは、愚かなモノだと一蹴する。

ハミルトンはシューマッハーに並べる? メルセデス代表「不可能な理由は無い」

F1アメリカGPで、ルイス・ハミルトンは6度目のドライバーズタイトルを獲得した。メルセデスのチーム代表トト・ウルフは、ミハエル・シューマッハーの「7回」のタイトル獲得記録に挑戦できない理由はないと話した。

「不正をやめたからだ」フェルスタッペン、フェラーリ勢の失速にチクり口撃

マックス・フェルスタッペンのフェラーリの失速について不正をやめたからだと話したが、シャルル・ルクレールはそれを“冗談”だと一笑に付した。

F1アメリカGP決勝:ハミルトン、ファンジオ超え6度目の戴冠。ボッタスが今季4勝目

F1アメリカGPの決勝が行われ、バルテリ・ボッタスが優勝。2位に入ったルイス・ハミルトンが2019年のドライバーズチャンピオンに輝いた。

F1アメリカ決勝速報:ボッタス優勝。ハミルトン、自身6度目の王座獲得

F1アメリカGPの決勝レースが行われ、バルテリ・ボッタスが優勝。2位に入ったルイス・ハミルトンが、自身6度目のワールドチャンピオン獲得を決めた。

2019年F1世界選手権第19戦アメリカGP決勝ライブテキスト

サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われるF1アメリカGP決勝レース。その模様をライブテキストでお届け。

F1アメリカGP予選:ボッタス意地のPP獲得。上位4台が0.1秒差の大接戦

F1アメリカGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。ルイス・ハミルトンのチャンピオン決定阻止のため、意地を見せる形となった。

新タイヤにドライバーら”がっかり”。しかしピレリ「違いを感じられたのは良いこと」

F1アメリカGPの初日に各ドライバーに2セットずつ供給された、2020年仕様テストタイヤ。ドライバーたちはこのパフォーマンスに疑問を呈したが、そういう評価になった理由をピレリのマリオ・イゾラが説明した。

F1アメリカGP予選速報:ボッタスPP。フェルスタッペンは3番手

F1アメリカGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。

F1アメリカFP3:フェルスタッペンがトップタイム。マクラーレンのノリス驚きの3番手

F1アメリカGPのフリー走行3回目では、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

F1アメリカFP3速報:フェルスタッペン最速で予選へ。ノリス躍進の3番手

F1アメリカGP予選前最後の走行となるフリー走行3回目が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。

アメリカGPの”激しいバンプ”に苦しむハミルトン「頭痛がしたし、恐ろしかった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPの舞台であるサーキット・オブ・ジ・アメリカズのバンプに悩まされ、ひどい頭痛に苦しめられたという。そしてそれは”非常に恐ろしい気分”だったと語った。

F1アメリカFP2:ハミルトン首位。レッドブルのフェルスタッペン肉薄の3番手

サーキット・オブ・ジ・アメリカズを舞台に行われている、F1アメリカGPのフリー走行2回目で、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマーク。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが3番手タイムをマークした。

F1アメリカFP2速報:COTA得意のハミルトンが首位。上位3チーム三つ巴

F1第19戦アメリカGPのフリー走行2回目が行われ、アメリカGPを得意とするルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

F1アメリカFP1:レッドブル・ホンダ1-3と快調な滑り出し。ガスリーも4番手

F1アメリカGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。

F1アメリカFP1速報:フェルスタッペンがトップタイム。アルボンも3番手に続く

F1第19戦アメリカGPの金曜フリー走行1回目では、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。