F1

2020年 FIA F1世界選手権第10戦ロシアGP 決勝ライブテキスト

シェア
コメント

ライブ担当: Kenichiro Ebii

概要

役職: 中止
09:07 それでは、この辺りでF1ロシアGPのライブテキストを終了と致します。皆さまお付き合いいただきありがとうございました。
09:06 次戦はまた1週間のインターバルを挟んでの、第11戦アイフェルGPとなります。舞台は久々の開催となるニュルブルクリンクです。
09:00 白熱しているのはランキング4番手争いです。現在ノリス、アルボン、リカルド、ルクレール、ストロール、ペレスの6人が10点差以内にいます。
08:59 これでボッタスはハミルトンとの点差を44点に縮めました。
08:58
順位 ドライバー ポイント Austria Austria Hungary United Kingdom United Kingdom Spain Belgium Italy Italy Russian Federation Germany Portugal Italy United Arab Emirates
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 205 12/4 25/1 26/1 25/1 19/2 25/1 25/1 7/7 26/1 15/3 - - - -
2 Finland バルテリ ボッタス 161 25/1 18/2 15/3 - 15/3 16/3 18/2 10/5 18/2 26/1 - - - -
3 Netherlands マックス フェルスタッペン 128 - 15/3 18/2 19/2 25/1 18/2 15/3 - - 18/2 - - - -
4 United Kingdom ランド ノリス 65 16/3 10/5 - 10/5 2/9 1/10 6/7 12/4 8/6 - - - - -
5 Thailand アレクサンダー アルボン 64 - 12/4 10/5 4/8 10/5 4/8 8/6 - 15/3 1/10 - - - -
6 Australia ダニエル リカルド 63 - 4/8 4/8 12/4 - - 13/4 8/6 12/4 10/5 - - - -
7 Monaco シャルル ルクレール 57 18/2 - - 15/3 12/4 - - - 4/8 8/6 - - - -
8 Canada ランス ストロール 57 - 6/7 12/4 2/9 8/6 12/4 2/9 15/3 - - - - - -
9 Mexico セルジオ ペレス 56 8/6 8/6 6/7 - - 10/5 1/10 1/10 10/5 12/4 - - - -
10 France ピエール ガスリー 45 6/7 - - 6/7 - 2/9 4/8 25/1 - 2/9 - - - -
11 Spain カルロス サインツ Jr. 41 10/5 3/9 2/9 - - 8/6 - 18/2 - - - - - -
12 France エステバン オコン 36 4/8 - - 8/6 4/8 - 10/5 4/8 - 6/7 - - - -
13 Germany セバスチャン ベッテル 17 1/10 - 8/6 1/10 - 6/7 - - 1/10 - - - - -
14 Russian Federation ダニール クビアト 14 - 1/10 - - 1/10 - - 2/9 6/7 4/8 - - - -
15 Germany ニコ ヒュルケンベルグ 6 - - - - 6/7 - - - - - - - - -
16 Finland キミ ライコネン 2 - - - - - - - - 2/9 - - - - -
17 Italy アントニオ ジョビナッツィ 2 2/9 - - - - - - - - - - - - -
18 Denmark ケビン マグヌッセン 1 - - 1/10 - - - - - - - - - - -
19 Canada ニコラス ラティフィ   - - - - - - - - - - - - - -
20 United Kingdom ジョージ ラッセル   - - - - - - - - - - - - - -
21 France ロマン グロージャン   - - - - - - - - - - - - - -
08:52 なお、ホンダPU勢は4台入賞。これは今季初、昨年のモナコGP以来となりました。
08:51 11位ジョビナッツィ、12位マグヌッセン、13位ベッテル、14位ライコネン、15位ノリス、16位ラティフィ、17位グロージャン、18位ラッセルまでが完走。ストロールとサインツJr.はリタイアでした。
08:50 4位ペレス、5位リカルド、6位ルクレール。7位争いは最後まで白熱しましたが、オコンに軍配。8位クビアト、9位ガスリー、10位アルボンまでが入賞となりました。アルボンは5秒ペナルティを受けましたが、順位に変動はありません。
08:48 2位はフェルスタッペン、3位ハミルトンはファステストラップ更新ならずです。
08:48 ボッタスがトップチェッカー! 開幕戦以来今季2勝目
08:47 ハミルトンがセクター1意地の全体ベストだ!
08:46 ボッタスがファイナルラップに入りました。
08:44 ボッタス、1分37秒030でファステストラップ更新!
08:44 ボッタス、セクター1、2と全体ベスト!
08:44 残りは3周です。ボッタスはかなりの台数の周回遅れを相手にしたため、フェルスタッペンとの差が5秒となっています。しかし、前が開けたためファステストラップを狙ってプッシュをするでしょう。
08:41 残り5周でのオーダーは、ボッタス、フェルスタッペン、ハミルトン、ペレス、リカルド、ルクレール、オコン、クビアト、ガスリー、アルボン。ホンダPU勢は4台がポイント圏内に入りました。
08:40 フェルスタッペンが1分37秒715をマーク! ファステストラップを更新しました。
08:40 ノリスはアルボンにも交わされピットインです。これで入賞の望みは絶たれたと言ってもいいでしょう。
08:38 一方のクビアトはまだオコンとやりあっています。
08:38 レースは残り6周になりました。ガスリーはついにノリスを攻略し、9番手浮上です。
コメントを読み込む