F1

2020年 FIA F1世界選手権第13戦エミリア・ロマーニャGP 決勝ライブテキスト

シェア
コメント

ライブ担当: Kenichiro Ebii

概要

役職: 中止
10:08 それでは、このあたりでF1エミリア・ロマーニャGPの決勝ライブテキストを終了といたします。皆様お付き合いくださりありがとうございました。
10:08

こちらがボッタスがレース中に拾ってしまっていたというデブリです。かなりの大きさであることが分かります。色でどのチームのものかは容易に推測できます。

Debris of the car of Valtteri Bottas, Mercedes F1 W11

Debris of the car of Valtteri Bottas, Mercedes F1 W11

Photo by: Mercedes AMG

10:06 今回も盤石の走りを見せたハミルトン。表彰式でリカルドのシューイを承諾するのも、王者の余裕といったところでしょうか…
09:58 つまり、仮にボッタスがトルコで優勝した場合でも、ハミルトンが2位に入ればハミルトンのタイトルが確定します(ボッタスがファステストラップポイントを手にした場合は例外)
09:56 現在のハミルトンとボッタスのポイント差は85となっていますが、トルコGP終了時点でボッタスとの差が78点以上あった場合、ハミルトンのチャンピオンが確定します。
09:55 なお、今回の結果を受けて、次戦トルコGPでハミルトンのドライバーズチャンピオンが決まる可能性が高まってきました。
09:52 なお、元F1ドライバーのギド・ヴァン・デル・ガルデはTwitterでこんなジョーク画像を投稿しています。
 
09:50 3位リカルドはこれで今季2度目の表彰台。前回の表彰台を受けて、アビテブール代表とタトゥーを入れることになりましたが、どうやら2個目を入れることはないようです。
09:48 そしてこのレースの結果を受けて、メルセデスのコンストラクターズタイトルが確定。2014年からの7年連続となり、フェラーリ(1999年〜2004年)の記録を塗り替えました。
09:46 ハミルトンはこれで今季13戦中9勝。バーチャルセーフティカーを味方につけた部分もありましたが、トップに立って以降はさすがの走りでした。
09:43 5位ルクレール、6位ペレス、7位サインツ、8位ノリス、9位ライコネン、10位ジョビナッツィまでが入賞です。11位ラティフィ、12位ベッテル、13位ストロール、14位グロージャン、15位アルボンまでが完走です。
09:42 2位にはボッタス。3位はリカルド。クビアトは惜しくも表彰台に届かず4位です。
09:42 ハミルトンがトップチェッカー!しかもファステスト更新!
09:41 ファイナルラップに突入です。
09:40 ハミルトンは1分15秒914をマーク。まさに横綱相撲です。
09:40 ハミルトンは1分16秒305でファステストラップ更新です。隙がありません。
09:39 レースは残り2周になりました。
09:39 クビアトはリカルドの1秒差以内に迫っています!
09:38 ペレスは5番手ルクレールに蓋をされている状況です。
09:37 ハミルトン、ボッタス、リカルド、クビアト、ルクレール、ペレス、サインツ、ノリス、ライコネン、ジョビナッツィというトップ10で残り4周です。
コメントを読み込む