F1

2021年 FIA F1世界選手権第22戦アブダビGP 決勝ライブテキスト

シェア
コメント

ライブ担当: 松本和己 松本和己

概要

役職: ライブ
17:01
順位   # ドライバー シャシー エンジン 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ピット リタイア原因 ポイント
1   33 Netherlands マックス フェルスタッペン Red Bull Honda 58 1:30'17.345           26
2   44 United Kingdom ルイス ハミルトン Mercedes Mercedes 58 1:30'19.601 2.256 2.256       18
3   55 Spain カルロス サインツ Jr. Ferrari Ferrari 58 1:30'22.518 5.173 2.917       15
4   22 Japan 角田 裕毅 AlphaTauri Honda 58 1:30'23.037 5.692 0.519       12
5   10 France ピエール ガスリー AlphaTauri Honda 58 1:30'23.876 6.531 0.839       10
6   77 Finland バルテリ ボッタス Mercedes Mercedes 58 1:30'24.808 7.463 0.932       8
7   4 United Kingdom ランド ノリス McLaren Mercedes 58 1:31'16.545 59.200 51.737       6
8   14 Spain フェルナンド アロンソ Alpine Renault 58 1:31'19.053 1'01.708 2.508       4
9   31 France エステバン オコン Alpine Renault 58 1:31'21.371 1'04.026 2.318       2
10   16 Monaco シャルル ルクレール Ferrari Ferrari 58 1:31'23.402 1'06.057 2.031       1
11   5 Germany セバスチャン ベッテル Aston Martin Mercedes 58 1:31'24.872 1'07.527 1.470        
12   3 Australia ダニエル リカルド McLaren Mercedes 57              
13   18 Canada ランス ストロール Aston Martin Mercedes 57              
14   47 Germany ミック シューマッハー Haas Ferrari 57              
15   11 Mexico セルジオ ペレス Red Bull Honda 55              
    6 Canada ニコラス ラティフィ Williams Mercedes 50              
    99 Italy アントニオ ジョビナッツィ Alfa Romeo Ferrari 33              
    63 United Kingdom ジョージ ラッセル Williams Mercedes 26              
    7 Finland キミ ライコネン Alfa Romeo Ferrari 25              
  dnf 9 Russian Federation ニキータ マゼピン Haas Ferrari 0        
17:00 ホンダF1、ありがとう。お疲れさまでした
16:59 マックス・フェルスタッペン選手、ドライバーズチャンピオンおめでとう!
メルセデスF1チーム、コンストラクターズチャンピオンおめでとう!
16:59 皆様、長いシーズンでしたが、ありがとうございました。2022年のF1が楽しみです
16:58 書きたいことは尽きませんが、ここでライブテキストを終了とさせていただきます。レッドブル・ホンダ陣営の喜びの声、FIAの判断など、motorsport.comのニュースでお楽しみいただければ幸いです
16:56 レースコントロールの判断には疑問が残りますが、それでもフェルスタッペンとハミルトンは素晴らしいレースを見せてくれました
16:54 ホンダの山本MDの目も潤んでいます
16:53
 
16:53 間違いなく、F1の歴史に残るレースになったと言えます。こんな劇的な結末、フィクションでも書けないでしょう
16:46 レースは最後まで何が起こるか分からない。この言葉の意味が改めて実感できた……そんな気がします
16:45 さて、あまりの展開に触れられていませんでしたが、角田の4位は立派! ルーキーイヤー最終戦で見事な結果を残しました
16:43 フェルスタッペンとハミルトン、互いに称え合います
16:42 フェルスタッペン、解放されたような笑顔を見せます
16:40 ホーナー代表と握手をしました、ハミルトン
16:40 こんな結末になるなんて、誰が想像できたでしょうか
16:39 ハミルトンはマシンから降りれません。悔しいでしょう、想像もできないほど……
16:38 ハミルトンは完璧なレースを進めていただけに……間違いなくチャンピオンにふさわしい走りを見せていました
16:37 それでも、フェルスタッペンが諦めずにハミルトンを追っていたのは事実
16:37 しかし、レースコントロールが少しレースを操作してしまったようにも見えます
コメントを読み込む