F1 ライブテキスト

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 予選ライブテキスト

2021年シーズンのF1第5戦モナコGP予選の模様をライブテキストでお届け。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 予選ライブテキスト

ライブ担当: 松本和己 松本和己

概要

役職: 中止
最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました
それまでは、motorsport.comのニュースでお楽しみください
それでは、明日の決勝ライブテキストでまたお会いしましょう
レッドブル、メルセデス勢はロングランペースは良かったため、決勝はトップ3が激しい争いを展開しそうです
決勝が楽しみになる予選結果になったと言えるのではないでしょうか
4度の赤旗が出る波乱の展開。最後は悔しいクラッシュでしたが、角田は自己ベストの8番グリッドを獲得しました
順位 # ドライバー シャシー エンジン 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 16 Monaco シャルル ルクレール Ferrari Ferrari 5 1'41.218     213.507
2 44 United Kingdom ルイス ハミルトン Mercedes Mercedes 6 1'41.450 0.232 0.232 213.019
3 33 Netherlands マックス フェルスタッペン Red Bull Honda 5 1'41.563 0.345 0.113 212.782
4 10 France ピエール ガスリー AlphaTauri Honda 4 1'41.565 0.347 0.002 212.778
5 55 Spain カルロス サインツ Jr. Ferrari Ferrari 5 1'41.576 0.358 0.011 212.754
6 4 United Kingdom ランド ノリス McLaren Mercedes 5 1'41.747 0.529 0.171 212.397
7 11 Mexico セルジオ ペレス Red Bull Honda 5 1'41.917 0.699 0.170 212.043
8 22 Japan 角田 裕毅 AlphaTauri Honda 4 1'42.211 0.993 0.294 211.433
9 14 Spain フェルナンド アロンソ Alpine Renault 5 1'42.327 1.109 0.116 211.193
10 77 Finland バルテリ ボッタス Mercedes Mercedes 6 1'42.659 1.441 0.332 210.510
4番手ガスリーも立派な結果だと言えるでしょう
フェルスタッペンは消化不良の予選。4度の赤旗で真のポテンシャルを発揮できなかった印象だ
ハミルトン、結果的には2番手。なんとか苦しい予選をくぐりぬけ、フロントロウを獲得しました
ポールポジションはルクレール。前戦モナコGPでは悔しい結果に終わりましたが、2戦連続のポールポジションとなります
角田が先にクラッシュ、それを見たサインツはブレーキングで挙動を乱してしまったようだ
サインツのマシンもダメージを抱えているが……
角田がバリアに突き刺さっている
これで予選は終了、レッドブルのクルーは頭を抱えます
赤旗だ!
各車が最後のアタックに向かうが!
ターン15出口は大渋滞だ
トウが欲しいボッタス。他のクルマが追い抜いてくれるのを待ちます